出しっぱなしでも、美しい♡無印良品のキッチンツール

出しっぱなしでも、美しい♡無印良品のキッチンツール

プチプラながらシンプルで上質なアイテムが手に入る、と話題の「無印良品」。そんな無印良品のキッチンツールは、プチプラとは思えない機能性とデザインで、多くの料理好きさん達からラブコールを受けています。今回はそんな料理モチベーションもあがる、「出しっぱなし」OKのキッチンツールをご紹介します。

無印良品のキッチンツールとは?

機能性はもちろん、デザインにも「シンプル」を追及しているブランド「無印良品」。そんな無印良品のキッチンツールも、もちろんミニマルなものが多数販売されています。シンプルというのは、お手入れがらくちんで見た目が美しいということ。食品の色などでごちゃつきやすいキッチンにも、ぴったりですね。

ホワイトカラーが美しい

無印良品で、お弁当箱や冷水筒などを購入したというユーザーさん。ホワイトカラーが清潔感たっぷりで、見ているだけで、すがすがしい気持ちになりますね。お弁当箱は、保存容器としても利用できるそう。一石二鳥のアイテムは、シンプルライフの強い味方です。

その機能性にほれ込む☆調理小物

毎日の調理のときに使うレードル類は、キッチンではもちろん、食卓に出すこともあるアイテム。そのため、他のテーブルウエアやお部屋にあったカラー・デザインが重要です。また、洗い物がしやすいよう継ぎ目がないものを選ぶと、よりストレスフリーな使い心地ですよ。

シリコン素材で、使い勝手抜群

無印良品の「シリコーン調理スプーン」は、税込850円。その使いやすさと美しいシルエットで、人気を集めています。調理にはもちろん、食卓に出してサーブ用としても使えるビジュアルも魅力的です。

継ぎ目がないから、お手入れ楽ちん

無印良品のステンレス製のお玉は、「大」が790円、「小」が690円です。継ぎ目のないお玉は汚れもたまりづらく、お掃除も楽ちんそうですね。こちらのユーザーさんは、なんと10年も使っているのだそう。いいものは長持ちする、という見本のようですね。

長持ちするから、コスパも抜群

こちらのステンレスターナーは、890円。先ほどのステンレスお玉を使っているユーザーさんの、更なる愛用品です。こちらも10年愛用しているのだそう。極シンプルなデザインには、惚れ惚れとします。

保存にも調理にも使える、保存容器

続いてご紹介するのは、保存・調理に便利なアイテムです。作り置きに使うのはもちろん、お弁当箱としてレジャーに携えていくこともできますよ。シンプルなフォルムなので、食品もよく映えます。使いやすいサイズ・スタッキングできるなど、便利なポイントをご紹介します。

スタッキングOK

無印良品の「バルブ付き密閉保存容器」は、フタをしたまま電子レンジで調理・温めができるという便利なアイテム。こちらはさまざまなサイズがあり、お値段は490~1190円です。実例のようにスタッキングもできるので、冷蔵庫の中もすっきりとしそうです。

ホーロー容器もプチプラで

こちらの「バルブ付き密閉ホーロー保存容器」も、サイズがさまざま。990~1890円で販売されています。ユーザーさんは、冷蔵庫の中を保存容器の収納場所として、使っているそう。保存容器の収納場所に困っている、というときにはぜひ参考にしたいですね。

買い物行く前の冷蔵庫。 保存容器の中は空っぽ。保存容器の収納場所も冷蔵庫。だからいつもあるよ★
mimy

保存食づくりにも

おいしそうな自家製サングリアを、作っているユーザーさん。こちらで使っているのが、果実酒用瓶です。3サイズが販売されており、1490~1990円で手に入れることができます。保存食を作ったりするのにも使えそうです。

切るも煮るも、無印良品で

最後にご紹介するのは、切ったり煮たりするときに使う無印良品のキッチンツールです。調理がスムーズになるアイテムは、ぜひこだわって選びたいもの。また、出しっぱなし収納をすることも多いキッチンツールは、無印良品でそろえるとキッチンが美しく整います。

惚れ惚れとしてしまう美しさ

すっとしたフォルムが美しい包丁は、オールステンレス製。三徳包丁・小三徳包丁2サイズがあり、それぞれ、2900円・2000円で販売されています。ツヤツヤの質感には、惚れ惚れとしてしまいますね。継ぎ目がないので、お手入れも楽々です。

まんまるフォルムが、愛らしい♡

無印良品のカッティングボードは、サイズも形も豊富に揃っています。こちらのラウンドフォルムのカッティングボードは、1390円。柔らかなゴムの木素材で、刃あたりも良いのだとか。吊るしておくだけでカフェ風の雰囲気が漂います。

無印にて購入したカッティングボード。丸いので洗ってすぐ吊るして乾かせます(^^)
mi-style

土鍋ごはんを味わう幸せ

絶品のお米が炊ける、と話題の無印良品の土鍋。1.5合炊きと3合炊きがあり、お値段はそれぞれ3900円と4900円です。5つのお鍋で炊飯を試してみた、というユーザーさんも絶賛のお鍋。ぽってりとした形も愛らしいですね。

【硬さ】お米の品質にもよると思いますが、他の鍋で炊く時と比べて結構柔らかめに炊けます。硬めが好きであれば水加減少なめでもいいかも。【粘度】比較的サラッとした炊き具合です。やっぱり、二重蓋のもののほうがもっちり炊ける感じです。これは蓋が一重なので。。【手軽さ】形がシンプルなので洗いやすいです。あと、商品説明によると、火加減はずっと一定で良いらしいのでそれも手軽かも。でも私は好みの炊き方があるので火の大きさを途中何回か変えています。【おこげ】最後蒸らす前4秒くらい強火にして火を止めると、おこげ&カニ穴ができます♪鍋によっては10秒くらいやらないとおこげができないものもあるんですが、この鍋はおこげができやすいみたい。(←ネーミングからして「土釜おこげ」ですもんね〜^^*)【その他】白い炊飯鍋も持ってるんですが、それに比べると黒っぽいぶん、お米の白さが引き立って美味しそうに見えます!でも失敗して焦げ付かせてしまった時は、白っぽいほうが洗うときわかりやすい、という面も。逆に汚れは気にならない色ですね。
aka

毎日の調理を手助けしてくれ、また、モチベーションをあげてくれる「キッチンツール」。今回ご紹介した中で、気になったものはありましたか?ぜひ、お近くの無印良品で、便利でお気に入りなアイテムをチョイスしてみてください♡


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「無印良品 キッチン」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ