手作りベンチをどこに置く?DIYでお部屋をグレードアップ

手作りベンチをどこに置く?DIYでお部屋をグレードアップ

実用的でインテリアにも映えるベンチは、お部屋の雰囲気をスタイリッシュにしてくれるアイテムです。しかもDIYなら、理想の空間を作るためのプラスアルファを加えることができちゃいます。今回は、ユーザーさんの手作りベンチを参考にしながら、どんな場所にどんな目的で置いているのかも、学んでみたいと思います。

リビング&ダイニングに

家族が集まるリビングやダイニングでは、ベンチが大活躍。大勢が集まっても対応がしやすく、リラックスしたスタイルで座ることもできます。ダイニングテーブルやキッチンカウンターを、もっと集いの場として格上げできそうです。リビングの癒しスペースとしても大活躍しますよ。

ダイニングテーブルの形に合わせて

少し湾曲した変形型のベンチ。こちらは、ダイニングテーブルに対応させて作られたのだそうです。既存のアイテムに合わせることができるのは、DIYのよさですよね。パイン材のナチュラルな座面にアイアンの脚を付けて、クールな印象に仕上げていました。ブラックスターがいいアクセントになっています。

窓際でリラックス

Anjelさんは、DIYした二重扉と同じテイストで、窓際にベンチを設置しました。全体的に統一感があって、初めからあったように溶け込んでいます。窓際のベンチは、外を感じながらくつろぐことができて、リビングの中の特等席に。気分を変えたいときのブレイクタイムにも最適です。

キッチンカウンターを人が集まるスポットに

広々としたキッチンカウンターは、DIYしたベンチを置いてくつろぎのスペースに。ベンチなら、大人数に対応できたり、寝そべることができたりと、和やかに過ごせる空間が作れます。しかもこのベンチの脚は、鋼製束を活用するという、驚きのアイデアが採用されていました。独特の形が活かされています。

yuriyanaさんが鋼製束でベンチをdiyされてて、あまりの格好良さに衝撃を受け、許可をいただいてまねっこさせてもらいました(≧∇≦) ベンチは人数が増えても詰めて座ったり、ゆったり1人で横座りしたり、寝転がったり(笑) キッチンカウンターでくつろぐ機会が増えました☆
JASMINE

寝室&子どもスペースにも

あまりピンとこない方も多いかと思いますが、寝室や子どもスペースでも、ベンチが重宝するんです。寝るだけ遊ぶだけのスペースが、もっと過ごしやすい場所に変化します。広さや用途に合わせた作り方や、素材なども参考にしてみてください。

寝室のリラックスタイム

寝室に手作りのベンチソファを置いて、のんびりくつろげるスペースに。ここに座って本を読んだりお茶を楽しんだりと、寝室にいる時間がさらに充実してきそうです。SEIMI_07さんのように、ブランケットやクッションをそろえて、リラックス効果をアップさせてみてくださいね。

ベッドの足元に置いて海外風に

ベッドの足元にベンチを置いて、アクセントにも実用的にも使えるフットベンチに。ちょっと腰を掛けたり、ディスプレイコーナーにしたりと、大活躍しそうです。しかもこちらのベンチは組み立て式なので、アウトドアなどにも持ち出せるんだとか。オールマイティに使える有能ベンチです。

こちら子供部屋に置いてあるガス管簡易ベンチ❗️ 板とガス管が分離型なのでササッと組み立てられてササッと取り外せるのでアウトドアにもオススメです✨
yupinoko

座って読める読書スペース

リビングの一角にあるキッズスペースに、本棚兼用のベンチシートをDIY。カラーボックスを活用しているので、そのまま棚にしつつ上に座れる仕様に。クッションマットを敷いているので、座りごこちも良さそうですね。子どもが自ら本を読みたくなるような空間作りをされていました。

子ども用の机にもぴったり

SAORIN51さんも、キッズスペースにベンチを設置。下の空間を本置き場にした、子ども用の机としてアレンジしています。小さな椅子を合わせれば、小さめデスクに早変わり。ベンチとして他の用途で再活用できるので、すぐに大きくなる子ども用にぴったりのアイデアですね。

玄関に添えて

玄関では、座るだけでなく、インテリアや収納にベンチを利用できるんです。玄関のお悩みを、DIYベンチなら解決することができますよ。和みの雰囲気とスタイリッシュさの両方を演出することができて、ワンランク上の玄関をコーディネートできそうです。

ディスプレイコーナーに

アジサイが飾られた爽やかな玄関。ディスプレイ棚として使っているのは、手作りのベンチです。アンティーク風の色味の木材を使っていて、ナチュラルさの中に品を感じるコーナーになっています。飾るもので雰囲気が変わり、いつもフレッシュに楽しめる玄関を保つことができますね。

靴を収納して、座りながら履ける

玄関の靴収納の悩みを解消してくれる、ベンチ型のシューズラック。棚は一段にして下に空間をあけているので、すっきりとした見た目になっていますね。ここに座って靴を履いたり、待っている間の休憩スペースとしても活躍してくれるそうです。一石二鳥の実用的なインテリアです。

ベンチ型シューズラック。 ①狭い玄関なので、圧迫感がないように高さの低い収納にしました。 またベンチ型にすることで、見た目も可愛らしく、ブーツを履く時にも便利です。 子供のお友達が迎えに来た時なども、ちょっと座って待っててもらったりしています。 ②全てSPF材で出来ています。 塗料はホームセンターで購入した水性ステインと水性ペンキです。 ③玄関で普段履きの靴を収納しています。 扉がないので、さっと靴を片付けやすいです。
ai-n

玄関の段差をフラットに

IKEAのテレビ台を2台使って、玄関の段差をフラットにしたベンチをDIY。脚の部分を調整することで、長さのあるベンチが設置できます。それぞれが動かないように、上から板材を取り付けているんだそうです。広く設けたスペースなので、色々な用途で活躍してくれそうです。


カラーボックスを活用したり、板と脚になるものを組み合わせたりと、挑戦しやすいアイデアがたくさんありました。ベンチがあることで、お部屋に特別な居場所ができそうです。収納やスペースの悩みを解決してくれるのもうれしいですね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ベンチ DIY」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ