「大好きにこだわった、暮らしの景色になるキッチン」 by mikasakuさん

「大好きにこだわった、暮らしの景色になるキッチン」 by mikasakuさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、さっぱりとしたカラーコーディネートに、質感で雰囲気を魅せるインテリアづくりが魅力的なmikasakuさん宅のキッチンをご紹介します。好きなことやものを楽しむだけでなく、それを活かすための工夫も楽しむ素敵な空間づくりのメソッドをさっそく見ていきましょう。

愛猫とこの家に引っ越して4年が経ちました。私にとって家は、大好きな猫とくつろげる癒しの場所です。だからこそ好きなものにこだわって、自分が暮らしたい空間(家)の理想に近づけるよう工夫しながら、インテリアを日々楽しんでます。もちろん、猫にとっても過ごしやすい家を目指してます。至福のひと時は、キッチンでコーヒーを淹れている時です。

使いやすさくワクワクできる、理想の空間を目指して

mikasakuさん宅は、まるでインテリアショップや雑誌の1ページに迷い込んだかと思うほどに、心地よく完成された雰囲気が漂う空間です。白をベースにしたナチュラルなカラーの中に、ピリッと黒やビビッドなカラーのスパイスが程よく効かせた、あっさりと絶妙なカラーコーディネート。そして、木やアイアン、タイル風の壁紙といった質感による粋な味付けに魅せられます。ツールや生活感が多くなるキッチンも、そんな魅力的なインテリアの一部として自然に在りますが、コーディネートや収納はどのように工夫され、こだわられているのでしょうか?まずは、そこからお伺いしてみたいと思います。

mikasakuさん

「とにかく、好きなものにこだわることにしています!journal standard Furnitureが大好きなので、家具のほとんどはこちらで揃えています。あと、ACME Furnitureのものも多めです。特に、意識したテーマはないのですが、journal standard Furnitureの店舗のような、ワクワクできる空間を自分の家にも再現したいと思いながらコーディネートしています。でも、完全コピーではなく、オリジナルを加えつつ私らしく。キッチンでは、使いやすさや掃除のしやすさにも気を配りながら収納について工夫し、大好きな空間を目指すようにしています。」

LDK一体のI型壁付きキッチン

1LDKの賃貸マンションであるmikasakuさん宅のキッチンは、リビング・ダイニングと仕切りのないI型壁付きスタイルです。LDKが一体となった空間だからこそ、キッチンも他と同様に、好きなことやものにこだわった、インテリアの一部のような存在としてコーディネートされているんですね。そうした中に、作業する場であるキッチンに必要不可欠な「使い勝手」にも配慮しているというmikasakuさん。ここからは、そんな配慮や工夫に詳しく迫りながら、mikasakuさん流の空間づくりのメソッドや秘訣を紐解いていきます。キッチンの生活感のせいでインテリアが上手くまとめられない!キッチンが狭くて収納が間に合わない……こんな風にお悩みの方も必見のアイデアばかりですので、要チェックです。

キーワード1 家具×DIYで、大好きを詰め込んだ空間

mikasakuさん

「好きなショップの家具を中心に、どうしようもできないところはできる範囲でDIYして、理想とする空間に近づけるようにしています!私は、好きなものがハッキリしているので、家具はjournal standard FurnitureやACME Furnitureで統一しています。それに加えて、食器棚やダイニングテーブルに合わせて壁紙を貼り替えたり、システムキッチンの扉を自分でDIYしたりするなど、賃貸でもできる原状回復可能な工夫をしています。ちなみに、システムキッチンの扉は100均の木材をペイントして貼り付けたものです。レンジフードも、もともとは白だったところに、カッティングシートを貼って黒にしました。」

キーワード2 消耗品やツールもインテリアの一部にする

mikasakuさん

「キッチンが狭く、収納スペースにも限りがあるので、よく使うものは見せて収納するようにしました。鍋は壁掛け、細かな調理器具は吊るして、家電類だけは極力目につかないように収納しています。炊飯器もシンク下に収納して、使う時にだけ出す感じです。見せる収納にしたことで、使いやすく、片付けもしやすいです♪また、見せてもキッチン全体の雰囲気に合うように、キッチンツールは考えながら購入してます。空間に合ったデザインや色、素材で統一することで、見た目をすっきりさせるように気を付けているんです。また、私はコーヒーが大好きなので、毎日コーヒーを淹れるのですが、サーバーやミルを使わない時はそのまま棚やダイニングテーブルに置いて、インテリアの1つとしてディスプレイしてます。見せたくないものは収納して、見せても良いものはインテリアとして有効活用したいので、調味料やコーヒー豆なども瓶に入れ替えるようになりました。そのひと手間が、毎日使う消耗品をも、インテリアに変身させてくれると思います。」

キーワード3 LDKを違和感なくトータルコーディネートするメソッド

mikasakuさん

「間取り上、キッチンとダイニング、リビングが1つの空間なので、リビングからキッチンをみても違和感をあまり感じないよう、トータルでコーディネートしています。冷蔵庫の側面にサブウェイタイルの壁紙を貼って存在感を抑えたり、ダイニングとリビングの間に大型の観葉植物を置くいて、ひと続きの空間に圧迫感なくメリハリをつけたりしているんです。また、テレビボードと食器棚を同じシリーズのものにしたことで、全体的な統一感も出せました。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

mikasakuさん

「まずは『好き』についてのイメージを持つことが、大切だと考えています。私は、よくインテリアショップのカタログをみて『こんな家に住みたいな』と思ったものを参考にするんです。そこから、賃貸とか間取りといった制限下で、どうしたらそのイメージを実現できるかを試行錯誤してます。思い通りにならないこともたくさんありますが、やりたいこと、好きなことだからこそ、その過程も楽しめるのではないかな……と思っています。」

まとめ: 惜しまないひと手間が、キッチンを魅力的に変える

賃貸マンション、特に単身者向けともなると、間取りや設備のすべてが「理想通り」という場所に出会うことは少ないのではないでしょうか?でも、妥協した部分をそのままにするか、工夫と手間を惜しまず「自分好み」に変えることを楽しむかで、状況は一変します。mikasakuさんは、後者のお手本のような住まいづくりをされていました。賃貸だからできないではなく、賃貸だからできることを積み重ね、自分の理想とするワクワクする空間づくりを実現されています。

mikasakuさんの素敵なところは、好きなショップのスタイルを完全コピーしないこと。お金を掛ければ、完全コピーはできますが、それではそこに暮らす人の個性という最大の魅力が映りません。好きなものをたっぷりと取り入れながら、それに合わせて壁紙や扉を替え、生活感もデザインするmikasakuさんのスタイルは、キッチンをキッチンにとどめず、LDKという大きな空間の景色のひとつにしています。暮らしに欠かせないキッチンだからこそ、mikasakuさんのように暮らしの景色に欠かせない存在にアレンジしてみるのはいかがでしょうか?ぜひ、参考にしてみてください。


mikasakuさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ