やる気も気持ちもアップする☆デスク周りの整理整頓術

やる気も気持ちもアップする☆デスク周りの整理整頓術

勉強やパソコン、日ごろのちょっとした作業をするデスク。物の一時置きなどにも利用して、ごちゃっとしやすいのが悩みだったりしませんか。デスクをすっきりさせることは、集中力アップや時短にもつながるかもしれませんよ。今回は、そんなデスク周りに注目して整理収納の実例をご紹介していきます。

デスク周りの壁を活用

まずはじめに、デスクの前面や側面の壁を利用して収納するアイデアをご紹介します。机の上がすっきりしていると、やっぱり作業がしやすく気分もいいもの。壁を活用して机周りのものを収納すると、使いたいものをさっと使えて便利ですし、デッドスペースの活用にもつながります。

新聞ラック

IKEAのウォール新聞ラックは、壁につけて書類を分類しながら収納できる優れもの!机の上にポンポンと置いてしまうことの多いプリント類や郵便物。壁掛けのラックに入れるようにして、机の上をきれいに保ちましょう。デザイン性も高く、取り入れやすそうですよね。

IKEAのニュースペーパーボックスも、 家族の書類を分類するのに役立ち、机の上がプリントや郵便物で散らかることが無くなりました(๑˃̵ᴗ˂̵)
myma

ワイヤーネット

ワイヤーネットと結束バンドで、壁面ワイヤーラックを手作りされたユーザーさん。机の上がすっきり広々使えて、お絵描きや勉強がしやすくなりますよね。取りやすくて目につきやすくするすてきなアイデアです◎ラックの大きさを変えて、文房具や書類の整理整頓にも活用できそうですよ。

ペグボード

机の前面の壁にペグボードを取り付けて、筆記用具や時計などの雑貨を置くという方法も、机の上をすっきり保てるアイデアです。ペグボードなら、あとから付け加えたり、取り外したりすることも可能なので、その時々に合わせた使い方で、机の周りを上手に整理できそうですね。

マグネットラック

全体がマグネットになっているナイフラックをはさみやカッター、ボールペンの収納に活用できます。マグネットにくっつくものなら、時計やクリップもつけられるので、さまざまな使い方ができそうですよね。なによりスタイリッシュでおしゃれに収納できるのが魅力です!

デスク脇の壁に IKEAのナイフラックを取り付けて、 よく使う文房具(定規、ハサミ、カッター、ボールペン、メジャー、クリップ)をくっつけています。 取るのも戻すのも楽なので デスクが散らかりにくくなりました(^o^)
tuuli

引き出しの整理

デスクの引き出しは見せない部分ですが、きれいに整理整頓しておきたい!と思いますよね。ただしまうのではなく、使いやすさや見栄えの良さも意識しながら収納できれば、気持ちまですがすがしくなりそう。ユーザーさんの実例から整理・収納のヒントを見つけてみましょう。

1仕切り1アイテム

デスクの引き出しの中を、無印良品の整理トレーを使って整理整頓しています。「1仕切り1アイテム」のルールにすることで、見た目も使い心地も気持ちよくなります。ユーザーさんは、モノトーンカラーでそろえるという工夫もプラスして、さらに洗練された収納を実現しています。

ラベルに一工夫

文房具を収納している引き出しは、ラベルに工夫を加えてみましょう。ユーザーさんは、テプラで物の定位置を明確にして、さらにはさみやカッターには元の位置に戻すメッセージをつけて、片付けを促す工夫をされています。一手間が、整理収納の役に立つすばらしいアイデアではないでしょうか◎

引き出しの中も、物の定位置を決めてテプラで表示をしています。 よく使うものは、引き出しの手前に。 クリップなど細々したものは、小分け袋にいれて。 あまり使わない物は、引き出しの奥の方にざっくり収納にしています。 ハサミやカッターなどは離れた場所で使うと、ここに戻らない事もあるので、『つかったあとは引き出しに』の表示をしてみました。
minn

パズルのようなぴったりの収納

よく使う文房具の形をくりぬいて、そこにはめて片付けるというアイデアを取り入れているユーザーさんです。一つ一つがパズルのピースのように片付けられるので、引き出しの中で迷子にならず、持ち出していたらすぐにわかる仕組みです。お片付けもなんだか楽しくなりそうなユニークな収納アイデアがすばらしいですね!

机の上収納の工夫

いつの間にか散らかってしまう机の上ですが、ごちゃごちゃはやっぱり解消したいもの。使い勝手を考えると、なんでもかんでも隠してしまいこむのは困るし、上手に整理するのが大事です。最後は、そんなときの整理収納アイデアをピックアップしました。

パソコンを立ててすっきり

ノートパソコンを立てて収納しているユーザーさん。パソコンは出しっぱなしにしておくことが多いですが、意外と机の上で場所を取ります。こんな風に立てておけば、机の上のスペースは確保されるし、使いたいときにすぐ広げられます。まな板スタンドなら手に入りやすいので、気になったら試してみるのもアリですよ。

ファイルのように収納

ファイル型の収納ボックスに、筆記用具やクリップなどの細かいものを収納。閉じて立てると、普通のファイルのようになるので、ごちゃごちゃを一気に隠せるんです。使うときもファイルボックスごと持ち運べば、片付けもらくちんになりそうですよね!

ファイル型の収納ボックス✧ 一見するとノーマルファイルに見えるから、文具もスッキリしまえて便利です•ᴗ•
maseogyu

ひとまとめにして◎

大きめのケースに普段よく使うものをひとまとめにしておくだけでも、すっきりしますね。そこでポイントになるのは、ユーザーさんのように飾りのないシンプルなケースをチョイスして、デスク回りの雰囲気に馴染ませることのようです◎


デスク周りの整理収納の実例をご覧いただきました。ためになるアイデアや、真似してみたい収納術がたくさんありましたね!気になる収納方法を、心に余裕が生まれるようなスッキリとした空間づくりにお役立てください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「デスク 整理収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ