存在感にほれぼれ♡カリモク60のKチェアをインテリアに

存在感にほれぼれ♡カリモク60のKチェアをインテリアに

人気の高い、カリモク60(カリモクロクマル)の家具たち。今回はその中から、1962年に発売されて以来50年以上にわたり愛されている、Kチェアをピックアップしました。ユーザーさんたちは、Kチェアをどのようにインテリアに取り入れているのでしょうか。

カリモク60のKチェアとは

最初に、カリモク60のKチェアがどのような椅子なのかをご説明したいと思います。Kチェアと一口で言っても、サイズやカラー、素材によってさまざまな表情を見せてくれるんですよ!

変わらないシンプルさが魅力

Kチェアには、1シーターと2シーター、そして一回り小さいミニサイズがあります。1シーターと2シーターの商品は、それぞれフレームや本体のカラー、素材によって複数パターン存在し、好みに合わせたものが選べるのがうれしいですね。シンプルで味があるKチェアは、レトロ感のあるお部屋によく似合っています♡

買って1年経ちますが丈夫で、置くだけで、オシャレ感がでて良いですよー😊
harumi

自由度の高いKチェア1シーター

今回は、Kチェアの中から、1シーターと2シーターを使ったインテリアをご紹介していきます。まずは、1シーターから。一人掛けのKチェアは、自由度の高い使い方ができるのがいいですね。

自分だけの空間に

Kチェアの置かれたこちらのお部屋は、サンルーム。ユーザーさんのご主人のプライベート空間なのだそうです。本を読んだりパソコンをしたり……そんな一人の時間も、Kチェアのような椅子に座って過ごせば、より満足感が得られること間違いなし!お気に入りの椅子は、きっと心を豊かにしてくれますよ♡

向かい合わせてカフェ風コーナーを

1Kのお部屋でテーブルをはさんで、Kチェアを向かい合わせに置いている実例です。あえて違うカラーのKチェアを置くことでこなれ感が出て、カフェ風のコーナーとなっていますね。Kチェアは細身のシンプルな木製フレームを使用しているので、存在感はありつつも、圧迫感を感じさせないのがGOODです。

お気に入りのkチェア♡
N

並べてホテルライクに

Kチェアはシートもフレームも直線的なので、このように2つを平行に並べると、整然とした印象になりますね。さらに、真ん中にテーブルや観葉植物を置いたことで、2つの椅子がセットのようにまとまって見えます。ホテルのロビーのようにも見えるKチェアの置かれたコーナー、かっこいいです!

適応力バツグンのKチェア2シーター

Kチェアの2シーターは十分な幅も奥行きもあるのに、日本の家にしっくりと収まる絶妙なサイズ感が評判です。また、存在感があるのにどのようなインテリアにも合わせられる、適応力の高さも魅力ですよ♡

部屋のメインにKチェアを

ボヘミアンスタイルと塩系がミックスアップされた、スタイリッシュなお部屋。その中心に置かれているのが、Kチェアの2シーターです。ブラウンのチェアはインテリアになじみつつも、メインとしての存在感を発揮しています。お部屋に対し、斜めになるような設置の仕方もおしゃれですね。

古道具となじむレトロ感

ホワイトがメインのお部屋の中に置かれた木製の家具たちは、どれも味があって素敵!壁ぎわの棚は、着物用の古い桐箪笥だったそうですよ。Kチェアはレトロ感があるため、このような古道具との相性も◎ですね。グリーンカラーがお部屋にやさしさをプラスしてくれているのも、ポイントです。

和室でも使いたい

和室のリビングで、Kチェアの2シーターを使っている実例です。日本生まれのKチェアは、見てのとおり和室にも昭和レトロな棚にもしっくりとなじみますね。Kチェアが販売開始した1960年代には、このように和室で使われることも多かったのかもしれないと思わせる、どこか懐かしいほっとするお部屋です♡

1シーターと2シーターを組み合わせて

最後に、Kチェアの1シーターと2シーターを組み合わせて使っている実例を見ていきましょう。どのように並べるのか、どのカラーを組み合わせるのかなど、参考にしてみてくださいね。

ダイニングチェアとして

こちらのユーザーさんは、Kチェアの1シーターと2シーター、それからロビーチェアの1シーターとオットマンをダイニングチェアとして使っています。ゆったりと座れるカリモク60のチェアを使えば、くつろぎながらディナータイムを過ごすことができますよ。ゲストの方にとても喜ばれそうなセッティング、素敵です♡

お部屋のカラーを取り入れて

リビングで、テーブルを囲むようにKチェアが置かれています。お部屋の中で効果的に使われているグリーンとブラックを、面積の大きいKチェアのカラーでも取り入れているため、お部屋全体にまとまりが出ていますね。いろいろな雑貨をすっきりと見えるようにディスプレイするセンスには、脱帽です!

チェアのカラーやサイズを楽しむ

アンティーク感のあるシャビーシックなお部屋に並べられた、Kチェア。それぞれ色も素材も異なる3つのチェアは、数年ごとに1脚ずつ買い足してこられたとのこと。同じものをずっと作り続けているカリモクだからこそ、このように長い時間をかけて集める楽しさを味わうことができるのですね!

落ち着く素敵な空間だね♡ それぞれ違う違う色のチェアがまたステキ♡ 最近はパーソナルチェアを並べるリビング空間に憧れます (*☻-☻*)
makimomonga

カリモク60のKチェアは、一生ものとして付き合っていくことのできる家具です。もし破損したとしても、パーツごとの販売もおこなっていて修理も可能ですよ。ぜひ、信頼できる日本製のチェアを、ご自宅に取り入れてみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「カリモク60 Kチェア」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ