「大家族でもスッキリ◎わかりやすく使いやすい収納術」 by miyako.さん

「大家族でもスッキリ◎わかりやすく使いやすい収納術」 by miyako.さん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、ナチュラル素材を取り入れたシンプルインテリアにお住いのmiyako.さんに収納のコツをお伺いしました。個人にフォーカスした収納、家族のための収納、ザックリゆるい収納をミックスさせた家族のための収納の工夫に注目です!

今回教えてくれたユーザーさん♪

仙台市在住の整理収納アドバイザーです。元はズボラで片づけ下手でしたが、整えることの快感を知り、ほかの方にも伝えたく家族で仕事を始めました。4世代7人家族でも、すっきりシンプルな暮らしを楽しんでいます。

家は、収納によって居心地よい空間が作れます

2世帯という大家族で一つ屋根の下にお住まいのmiyako.さん。7人暮らしということですが、お部屋を拝見すると物は少なく、すっきり開放的な生活空間が広がっています。大容量のパントリーや個人用クローゼットなど各収納スペースも広く用意され、収納グッズもシンプルな物で統一されているのがわかります。清潔感があり、見ていても気持ちいい収納風景です。整理収納アドバイザーでもあるmiyako.さんが、収納環境を整えるにあたり、大切にしていることや心がけていることはあるのでしょうか。

miyako.さん

「家は、生き生きと暮らすための大事なホーム。リラックスしたり、パワーチャージしたりと収納によって居心地のよい空間が作れます。暮らしを楽にストレスを溜めないよう、わかりやすいシンプルな収納を心がけています。」

なるほど、ものを詰め込みすぎず、パッと見てわかりやすく美しいmiyako.さん宅の収納風景は、毎日のパワーチャージの場である家を暮らしの土台と考え、収納を工夫された結果なのですね。確かに、家に帰っても物が多くごちゃついていたり、必要なものがすぐに見つからない環境での暮らしでは、本当の”リラックス”は難しいかもしれません。miyako.さんは、余計なストレスを感じることのない、暮らしを整える収納術を実践されているのですね。

さて今回は、収納によって居心地のよい空間作りを実践されているmiyako.さんに、「家族が多くてもわかりやすい収納作りのコツ」をご紹介いただきます。家族が多い方はもちろん、そうでない方にも参考になる収納術になっています!

4世代大家族でもスッキリ!家族がわかる収納3つのコツ

その1 見せる&隠す収納でモチベーションアップ

miyako.さん

「キッチンでは、モノを収納スペースに収まるくらいの数に絞り、ワークトップをすっきりとすることで調理に取り掛かりやすくしています。よく生活感がないと言われますが、収納スペースには1アクションで取り出しやすく戻しやすいように定位置を決めているので、7人家族でも毎食のご飯の支度が楽になりました。 また、家族の趣味などのグッズは見せる収納にして、進んで楽しく取り組めるようにしています。父のギターや夫のランニンググッズはディスプレイ収納にして趣味を応援しています。」

その2 見た目スッキリのざっくり収納でストレスフリーに

miyako.さん

「家族が多いため、食品や日用品のストックが多いので、買ってきたものをすぐに収められるように大きなバスケットなどを使用してざっくりと収めています。置き場所に悩まずポイポイ入れるだけなので、家事の時短につながります。 また、子どもたちが使用しているクローゼットには、洋服や身だしなみグッズ、おもちゃなどをまとめて収納しています。扉を外してカーテンで隠しているため、部屋を散らかしてもこの中にサッと戻してカーテンを閉じるだけなので片付けも楽です。クローゼット内は多少散らかっていてもOKのゆるい収納で、子どもも大人もストレスを溜めないようにしています。 また、クローゼット内はライフスタイルによって、子どもが使いやすいように見直しています。 子どもが作ったレゴブロックなどはトレーに置いて持ち運びしやすくしています。」

その3 生活の動線上に一極集中収納で取り出しやすく

miyako.さん

「廊下の収納スペースに、家族で共有して使う生活用品など細々したものをラベリングして収めています。 よく使うものを一箇所にまとめて動線上に置くことで、家族もわかりやすくスムーズに取り出せる収納にしています。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印良品の重なるブリ材角型バスケット・大
PRICE1,990円

軽くて扱いやすく、大きめのサイズ感、並べてもうるさくならないナチュラルな雰囲気が気に入っています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

miyako.さん

「まずは、自分が使っているものを把握して、使っている・使いたいものにフォーカスして置き場所を取り出しやすい場所に収めてみる。それ以外のものはボックスなどにまとめて保管。ひとつひとつのモノと向き合うことから始めてみると良いと思います。」

収納を整え、パワーチャージできる家へ

家族の暮らしに密着し、家族それぞれに寄り添い、負担が少ない収納。そんな印象を受けたmiyako.さん宅の収納。また、個人の収納と家族共通の収納を分け、分担とわかりやすさを意識した収納作りも参考になる点だと感じました。

例えば、調理に取り掛かりやすいよう、ワークトップはスッキリと。ギターやランニングなどの趣味は尊重して見せる収納に。子どもたちの収納はまとめてわかりやすくし、サッと隠せる工夫をする。など、個人の暮らし方に合った収納環境を作られていましたね。こうすることで、家族それぞれが収納に意識を持って取り組むことができます。
また、共有する生活用品は、動線上に一括収納する。こうすることで、家族それぞれがその場所を探せば必ず物を見つけることができ、片付けも簡単にできます。わかりやすい収納になりますよね。

なんだか暮らしにくさを感じたり、ものを探すことが多い方は、miyako.さんさんの収納術を参考に、個人収納を作ってみたり、一括収納を取り入れ、わかりやすくしてみるのもいいかもしれません。そして、ザックリと収納できる”余裕”も取り入れながら……。

家族が暮らしやすく、明日へのパワーチャージができる落ち着いた環境作り、皆さんも収納から見直してみませんか?


miyako.さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ