「見せる収納×隠す収納!メリハリ収納で負担なく快適な毎日」 by Rumnetさん

「見せる収納×隠す収納!メリハリ収納で負担なく快適な毎日」 by Rumnetさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、雑貨と素朴な家具を取り入れたレトロインテリアにお住いのRumnetさんに収納のコツをお伺いしました。素敵な見せる収納に隠された、明日から真似できる簡単テクニックにも注目です!

今回教えてくれたユーザーさん♪

整理収納アドバイザー1級を持っています。保育士として働く、13歳9歳2歳の3児のママ。文房具大好き。マステ集めが趣味で、ほぼ日手帳を書いて楽しんでいます。ハンドメイドも好きで、フリマやイベントなどに出店することもしばしばあります。Instagram-rumnet

見せる収納でモチベーションが上がります♪

レトロ家具や雑貨が並び、その味わい深さが魅力のRumnetさんのお宅。棚や壁には、可愛らしい雑貨がディスプレイされ賑やかでなんだか楽し気。一方で、ソファやテーブルが置かれている生活エリアはモノが少なく、すっきり&広々と保たれています。そんなメリハリが感じられるお部屋、Rumnetさんは現在の収納をカタチ作っていくうえで、ある気づきがあったようです。

Rumnetさん

「すっきり片付いた部屋にはとても憧れます。この家を購入した当初、雑貨を飾らず(封印して)必要なものだけをキチンと収納して暮らしていましたが、少しずつ何かが違うと自分らしさを求めるようになりました。私は、雑貨を飾ることが好きで、飾ることメインで見せる収納するとモチベーションがあがるみたいです(笑)」

なるほど、憧れと自分らしさの違いに気づき、モチベーションの上がる収納へとシフトしていったのですね。確かに、収納には様々なスタイルがあります。それが、自分のライフスタイルや自分の”好き”と差があればあるほど、キレイな収納の維持がおっくうになってしまいますよね。見せる収納でレトロな雑貨を楽しみ、生活エリアはすっきりとキープ。これらが、Rumnetさん自身も心地よく、家族も快適に過ごせる空間作りへとつながっているのですね。

さて今回は、日頃から見せる収納を楽しまれているRumnetさんに、「ごちゃっと見えない見せる収納のコツ」をご紹介いただきます。色使いから収納位置、誰でも真似できる簡単テクニックまでそろっています!早速見ていきましょう。

ごちゃっと見えない見せる収納3つのコツ

その1 インテリアで使う色味を抑える(3色まで)+さし色2色まで

Rumnetさん

「この写真の場合、木の茶色、白、黒が3色。 そこに赤とグリーンがところどころに入っている。 あまり取り入れすぎるとごちゃっとするので、気を付けるようにしています。 雑貨で色味を使いたいので収納のグッズなどはあまり色味のないものをセレクトするか、茶色を選ぶよう心がけています。」

その2 つかう人の手のとりやすい場所にしまい、きれいな状態をキープしやすく

Rumnetさん

「うちの子どもたちは、13歳9歳2歳と年齢がバラバラ。もちろん身長も届く位置もバラバラ。 なので、2歳のやんちゃ坊やに触られたくないものは自然と上へ上へ(笑)本棚は特にそう。一番下の段は、ぎっちり入れて逆に大人じゃないと触れないように(笑)アルバムも収納しています。3段ある面の、一番下の段は2歳用。その上は、絵本や上の2人の子達の本も飾りながら収納しています。」

その3 見せたくない場所は布や、ざっと入れられる箱を使う

Rumnetさん

「サニタリースペースや、お風呂グッズなど、毎日物が出入りする場所は、ざっと直してぱっとカーテン(笑) 仕事で忙しい朝も、疲れた夜もとりあえず入れて隠す。 我が家は、IKEAのトロファストを使っています。 上段から、タオル、お風呂マット、バスタオルの順。 カーテンで仕切ってる場所は洗剤や、ポケットティッシュや、マスクやカイロ。 あと、ブラシ類も。ここでみんなバタバタで朝の用意をするので、すべてここで必要なものをそろえています。」

オススメの収納アイテム

ITEMIKEAのトロファスト
PRICE収納BOX 300円~ フレーム 4999円~

元々子どもの部屋で使っていて、そのあとリビング、現在はサニタリーで使っています。とにかくどの場所にも合う。軽くて子どもにも使いやすい。引き出しはそのままつかう場所に移動して使えるなど便利です。バスタオルを使うときは、お風呂の入り口のそばまで引き出しごと持ってきて、そのまま使っています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

Rumnetさん

「収納の前に、まずはたくさんの物とその量に向き合うことが大事だと思います。それには、物を全部出して取捨選択するのが一番いい方法ですが、我が家は小さな子どももいてなかなか一人ではできないので、私がよくやる方法は、『ゴミの日作戦』です。ゴミの日の前日や、当日の朝、ゴミ袋を持って部屋中の要らないものを探して回る。この作戦を2ヶ月続けて我が家はかなりすっきりしました。捨てるのはもったいないとか、無駄だと思われますが、一度捨てることで自分の買いすぎや、無駄買いに気づけ、すっきり暮らしやすく、片付けやすく、結果お金もうまく回るようになった気がします。」

上手に隠すテクニックできれいに見せてもOK◎

雑貨を見せる収納として飾って楽しみ、日々快適な暮らしを実現されていたRumnetさん。ディスプレイの色数を絞ることでごちゃつきをなくし、お気に入りを思う存分暮らしの中に取り入れられているのが印象的でした。

そして、注目したいのはRumnetさんならではの”+ちょっとしたテクニック”。お子さんの年齢ごとに取りやすく物を配置することに加え、「大人にしか取れないようにギュッと収納」したり、忙しいときにも便利な「カーテンで隠す」というワザ。これは、出し入れの多い場所を便利かつ日々の負担なく稼働させるのにとても役立つテクニックだと感じました。共働きのご家庭ならなおさら参考にしたいもの。トロファストなどの移動可能な収納グッズをフル活用していくのもとても便利そうですよね♪

お気に入りを見せてモチベーションをUPしつつ、疲れたり忙しいときは隠してOK!このメリハリ収納術、皆さんもぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


Rumnetさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ