行楽シーズン到来!部屋の中でも楽しめるアウトドアスタイル

行楽シーズン到来!部屋の中でも楽しめるアウトドアスタイル

暑さもひと段落し、アウトドアで遊ぶのに絶好の季節がやってきました!出かけるのももちろん楽しいけれど、室内でだってアウトドアスタイルを楽しめてしまうんです!アウトドア初心者の方から年中楽しみたい方まで必見☆簡単に取り入れられるアウトドアスタイルから、上級者スタイルまで段階を追ってご紹介します。

まずは小物アイテムを一つ取り入れてみる

アウトドアのアイテムは、外で使うことが前提でつくられていることもあり、丈夫で使いやすく普段使うのにもとても便利です☆アウトドアの雰囲気を楽しむのに、まずは、小物アイテムを取り入れることから始めてみるのはいかがですか。

ランタン

ランタン

電池式アンティークランタンをディスプレイ。ランタンは持ち運び可能。デザインも幅広いため、このようにナチュラルスタイルのお部屋にもピッタリです。

スキレット

スキレット

LODGEのスキレット☆アウトドアでもよく用いられるスキレットは厚い鉄素材でできていて、その特性を生かした調理法は様々。今人気の料理グッズ。おしゃれに普段使いもできて取り入れやすいアウトドアアイテムです。

ハンモック

ハンモック

木に結び付けて使用するイメージが強いハンモックですが、今は自立式などもあり、室内で楽しむインテリアとして人気になっています。部屋を大きく横切るハンモックは存在感抜群!ログハウスのお部屋の雰囲気にもはまってますね。

めちゃくちゃかっこいい素敵ハウス‼️すごい統一感あってツボですー。
AJIKO

チェア

チェア

アウトドアのチェアは折りたためるので、持ち運びに便利。また、座面と背中が体にフィットして座り心地は抜群です。グリーンと光が調和したお部屋にアウトドアのチェアがあれば、まるで森林浴をしている気分になりますね。

大きな植物が新たにワサワサと仲間入りしてアウトドア感がでて森林にソファーを置いて寛いでいるよう。見せ方もほんとうに素敵!!!!!
hana729
アウトドアカフェ。とても素敵です!植物見ながら、美味しくコーヒー飲めますね^ ^ゆっくりとしたお昼が過ごせそうです(๑˃ꇴ˂๑)
mii..

アイテムを増やしコーディネートしていく

今度はアウトドアアイテムを増やし、インテリアをコーディネートしていきましょう。「山ガール」の言葉が出始めた時から、アウトドアスタイルにもおしゃれなデザインがたくさん出始めています。どんどんアウトドアの魅力にハマっていくはず!

ガーランド×チェア×ラグ

ガーランド×チェア×ラグ

色使いも明るくさわやかなアウトドアスタイル。ガーランドはキャンプのテントサイトを盛り上げてくれるアイテムです。布。デニムの切れ端でつくったガーランドがかわいいですね。ラグとクッションカバーの色合いもよくあっています。

ティピー(ティピ)×ハンモック

ティピー(ティピ)×ハンモック

インディアンテントとも呼ばれるティピー(ティピ)テント。今、子ども部屋などでも人気のアイテムになったアウトドアアイテムです。なんとDIY☆ワンちゃんも家キャンプですね♪後ろのハンモックとクッションカバーもあることでアウトドアスタイルが強調されています。

チェア×ランタン×ケトル×グリーン

チェア×ランタン×ケトル×グリーン

「部屋に置いても違和感がない」ことを基準にキャンプ道具選びをしているというneru0414さんのお部屋。そのため、実用的なものが統一感ある色でまとめられていて、部屋に違和感なく馴染んでいますね。“家具をキャンプに持っていく”アウトドア好きにはたまらない発想です♡

室内で本格アウトドアスタイル!!

インテリアとして取り入れるのを飛び越えて、室内でアウトドアを楽しんでいるお部屋をている紹介します。え?外じゃないの!?そんな驚きも楽しんでください。

光の使い方でキャンプ感を出す

光の使い方でキャンプ感を出す

光の使い方がアウトドア感を演出。リビングとのことですが、まるで外でキャンプをしているかのようですね。よく見ると望遠鏡もディスプレイされていて、雰囲気作りにも役立っていますね。

細かいところまで気を抜かないアウトドアスタイル

細かいところまで気を抜かないアウトドアスタイル

アウトドア風に朝食をセッティングして、ご夫婦でスローライフを楽しんだそう。ランタンやダッチオーブンもあり、本格アウトドアも楽しめそうな雰囲気ですね。薪がまた、アウトドアのいい味出してます☆

アウトドアを楽しむ男前スタイル

アウトドアを楽しむ男前スタイル

普段本格アウトドアを楽しんでいるのがグッズからよくわかるスタイル。LOGOSのグリルをテーブルに、クーラーボックスを物置にするなんて!なんてワイルドなんでしょう!愛着のある道具と一緒に過ごす時間も格別ですね。


アウトドアとインテリアは離れて存在するような気もしますが、こんなにもうまく普段の暮らしに取り入れることができるんです。普段インドア派の方も、行楽シーズンならではのアウトドアスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

RoomClipの関連タグ