「お気に入りと色のコントロールで魅せるインテリア収納法」 by ku.ochoさん

「お気に入りと色のコントロールで魅せるインテリア収納法」 by ku.ochoさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、シンプルさとカラー&柄で楽しむ北欧スタイルインテリアにお住いのku.ochoさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

小さな建売住宅に住んでいます。 主人、男の子2人、猫1匹と暮らしています。 与えられた空間をスッキリ、かつ居心地の良い空間にしたいと思っています。 http://instagram.com/ku.ocho

収納用品もインテリア性のあるものを選んで

「見ていてワクワクする収納」そんな印象を受けるku.ochoさん宅の収納風景。かごに入れて置いたり、ひっかけてあったり、無造作でありながら魅力的だったり、扉の中はきちんと並べてあったり……こんな方法も素敵だな、と気づかせてくれるところが多く見られます。さまざまな方法と見せ方で収納を楽しんでいるように感じるku.ochoさん。こだわりなどはあるのでしょうか。

ku.ochoさん

「収納のこだわりは敢えて言うならば、見せる収納と見えない収納を使い分けている、と言うことでしょうか。 そして、収納用品も少しこだわっていて、北欧の籠や日本の籠、インテリア性のあるものを使いインテリアの一部として収納を見せることもあります。」

なるほど、インテリアの一部として収納を意識されているのですね。確かに、ku.ochoさんの収納グッズは目を引くデザインの物が多く見受けられます。置いておくだけで魅力的だったり、重ねるだけで絵になるものも。”片付ける”だけにとらわれない収納のあり方、インテリアの延長線上に位置する収納のあり方について考えさせられますね。 さて今回は、そんな収納を楽しまれているku.ochoさんに「見せる収納と見せない収納の使い分け法」を教えていただきます。ku.ochoさん流、インテリアの延長線上に位置する収納のあり方、収納の魅力的な見せ方のコツを紐解いていきましょう!

見せる収納と見せない収納の使い分け3つのコツ

その1 見せる収納はお気に入りの籠やボックスを活用する

ku.ochoさん

「我が家には籠やボックス、バスケットなどの収納用品があります。収納をするときにこれらを活用することで、インテリアの一部のような感じになるようにしています。」

その2 カラフルなものはなるべく見せない収納にする

ku.ochoさん

「例えば、洗面所にあるワゴン。 この中はタオルやバスマット、入浴剤など毎日使うものを収納しています。 入浴剤はカラフルなものが多いので、ダイソーの蓋付きケースに入れています。 一方で、タオルは色を統一して、見せる収納に。 使いやすさとスッキリを目指します。」

その3 色分けをしてスッキリした収納を目指す

ku.ochoさん

「クローゼットの中も色んな色の洋服があふれていますが、ハンガーを同じものでそろえたり、 ハンガーに掛けている洋服を色別に並べたり、収納用品の色を統一したりするだけで、なんとなく片付いた印象になるので実践しています。 衣装ケースも、中身が見えないものを利用することで、スッキリとした収納になると思います。」

オススメの収納アイテム

ITEMJEJ 中が透けない 引き出し 収納ボックス 12個セット siis/シーズ ユニット
PRICE8,990円

12個セットでこのお値段なのでコスパも良いです。連結して使えるので、ズレたり外れたりしないので使いやすく、小さな収納ですが、分けた収納ができるのでとても気に入ってます。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

ku.ochoさん

「正直、収納は得意ではありませんし、まだまだ改善しなきゃと思っています。 RoomClipでさまざまな方々の収納方法を参考にしたりもします。 色んな情報の中で自分に一番合って、頑張りすぎない収納の仕方を実践していくと、きっと暮らしやすいお家になっていくのかなと思います。」

隠す収納の見方を探し、スマートに片づける!

北欧インテリアに馴染む、素敵な収納術を教えてくださったku.ochoさん。ポイントは「インテリアに馴染む収納グッズ」「色分別」です。

隠したいものは、インテリアに馴染むカゴや容器を用意して中にしまうこと。この時にお気に入りの雑貨だとなおいいですね。見るたびに気分も上がります。そして、インテリアに馴染みにくい色合いのものは同様に隠し、色別に並べてみる。こうすることで、インテリアとしても魅力的な、すっきりと統一感のある収納になるというわけです。どうですか?真似しやすい!と感じた方も多いのではないでしょうか。そして、「頑張りすぎない収納の仕方を……」とku.ochoさんからのアドバイスもありました。無理せず見つけていきたい自分流収納スタイル。皆さんもこれを機に、お部屋のインテリアテイストに沿った頑張りすぎない収納法を検討してみてはいかがでしょうか。


ku.ochoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ