「家も暮らしもカッコよく。汚れても様になる家づくり」 by zombieさん

「家も暮らしもカッコよく。汚れても様になる家づくり」 by zombieさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、ヴィンテージやインダストリアル、そんな無骨で男前なテイストをバランスよくミックスさせたインテリアづくりをされているzombieさんと、そのお宅をご紹介します。

今回ご紹介するのはこの方です!

子供が生まれたことを機に、築15年ほどのマンション1室をリノベーションしました。 気に入ったインテリアを少しずつ集めて、楽しんでいます。 もれなく子供たちが汚すので、『汚れても雰囲気がある』そんな家づくりができればと思っています。

シンプルをラフに楽しむカッコよさ

お気に入りの場所からはじまる我が家

大阪府にて、ご家族6人で暮らすzombieさん宅は、メゾネットタイプの4LDKマンションです。玄関を開けると、アウトドアな雰囲気の男前な空間が迎えてくれます。壁面にも収納ができるなど、機能性が重視された土間空間です。ラフに置かれた道具からは、生活感ではなくカッコよさが漂うのが素敵。ちなみに、2階へ続く階段下のスペースは、落ち着くおこもり感があり、zombieさんお気に入りの場所だと話してくださいました。

玄関からLDKへは、素朴な風合いの無垢フローリングの廊下が導きます。ブラックの扉が、空間をキリリと引き締めているのも印象的。でも、手前にあるドアは、少しタイプが異なります。

開いてみると、トイレでした。このドアは、zombieさんが購入したヴィンテージを取り付けているそうです。ステッカーの跡や汚れが醸し出す、何とも言えない味わいがありますね。zombieさんの家づくりのこだわりである『汚れても雰囲気がある』の意識を、強く感じさせてくれるディティールです。

ヴィンテージ×インダストリアルでシンプルに

廊下の一番奥の扉の先には、男前でシンプルにコーディネートされたLDKが広がります。一脚ずつ、異なる個性を楽しませてくれるダイニングチェアは、すべてヴィンテージアイテム。無駄のない空間だからこそ、zombieさんのインテリアへの思い入れの部分が際立ちます。そのことが、ヴィンテージ×インダストリアルなテイストのつくり出す、『カッコよさ』を研ぎ澄ましているようにも思えます。

モールテックスとステンレス仕上げのオープンなキッチンも、インダストリアルテイストを引き立たせるインテリアのひとつです。ラフに吊り下げ収納されているキッチンツールは、素材が統一されているため、スッキリとしています。自然体で使い勝手のよさそうなキッチンですが、ごちゃついた生活感を覚えることはありません。

ラフに決まる、気取らない生活感

リビングは、ヴィンテージ×インダストリアルのエッセンスはそのまま、ロースタイルでゆったりとシンプルにコーディネートされています。また、全体の家具やファブリックの色味がベーシックにまとめられているため、暮らしていく中で、たとえものが散らかっても、画になりそうな予感がします。

あえてアートやパネルを壁かけにせず、床に置く、『飾っている感のなさ』も魅力的ですね。基本はシンプルに、そのうえで、生活しているからこそのリアルなごちゃつきもインテリアとして楽しめるように、計算されたzombieさんの家づくりは、見た目だけでなく心意気も男前です。そして、リアルなごちゃつきの部分を、生活感とさせず『ラフ』というひとつのスタイルに変えているのが、zombieさん流の素敵なところ。ぜひ、参考にしてみてください。

zombieさん邸の間取り図

zombieさん宅は、築15年ほどのメゾネットマンションをリノベーションした、4LDKの間取りです。飾らず気取らず、暮らしの当たり前や、汚れ・傷も、家の趣として楽しめる、心意気からカッコよいお住まいです。

zombieさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

zombieさん

シンプルもよいですが、ごちゃついた感じも好きです。 本が無造作に積みあがっているけど、スッキリした印象……みたいなのが理想ですね。

こだわりはあまりないですが、差し色には気を付けています。また、汚れても様になるものをなるべく購入しています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

zombieさん

ヴィンテージ家具が好きなので、SHARK ATTACK、WANT ANTIQUE LIFE STORE、70B INC.などに、よく行きます。 ブランドでは、PACIFIC FURNITURE SERVICE、TRUCK、ACME Furnitureが好きです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

zombieさん

IKEAのフロアランプは、コスパ的に満足しているアイテムです。 寝室に置こうと思っていましたが、リビングにマッチしたので、そのまま置いています。企業力を感じました。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

zombieさん

家族全員でよく、肉まんやピザなどを生地からつくることでしょうか。これが美味しくて、つい食べ過ぎてしまいす。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

zombieさん

いつも『いいね』をしてくれるフォロワーさんやユーザー様、ありがとうございます。感謝しっぱなしです。 これからどんどんもので溢れて、そして汚れていきそうですが、そんな経過をRoomClipで残していければと思います。

期待していることは、AIによるインテリア画像マッチングみたいな仕組みができれば面白いかなと感じます。そこから、似たテイストの方同士の交流が、もっと増えたら楽しいなと……。

zombieさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


zombieさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ