快適な空間に大変身!リビングの見栄えが良くなる10の方法

快適な空間に大変身!リビングの見栄えが良くなる10の方法

家族が集まるリビング。きれいに整えて居心地良くしていたいものです。けれど、人の出入りが多く散らかりやすい場所でもあります。散らかるものを整理して、整ったリビングを雑貨で彩り、ポイントを押さえたアイテム選びでリビングを魅力溢れる空間に変身させましょう!リビングの見栄えが良くなる10の方法をご紹介します。

整理整頓する

リビングの見栄えを良くするには、まずは、リビングの散らかりの原因を見つけて整理整頓してみましょう。とは言っても、その整理整頓がなかなか難しいですよね。どんな工夫をすれば、リビングを整理整頓しやすく、見栄えが良いリビングを作ることができるのでしょうか。ユーザーさんのお部屋を参考にしてみましょう。

リビングにおもちゃを出さない

お子さんがいる家庭では、すぐにリビングがおもちゃでいっぱいになり、散らかりっぱなしになることもあるかと思います。そんな中SUZUさんのお家では、リビングにおもちゃを出さないように気をつけているそうです。おもちゃで遊べる場所を作るなどして工夫すれば、リビングをきれいに、見栄え良く保ちやすくなります。

子供がいてもなるべくリビングにはおもちゃを出さないようにと気をつけています
SUZU

リビングで使うものをまとめて収納する

haruhirisuさんは、リビングで遊ぶおもちゃや絵本などを、こちらのリビング収納にまとめています。あちらこちらから持ち込めば、片付けにも手間がかかり、散らかりっぱなしになりやすいです。けれど、使う場所の近くに片付ける場所があり、まとまっていれば、片付けやすくて見栄えの良い状態が続きます。

扉の裏を活用する

myha1106さんは、リビング収納の扉の内側にクリアファイルを貼り、その中に子どものプリントを入れています。このようにすればチェックしやすいですね。さらに、扉を閉めればリビングからは見えません。プリントがリビングから見える位置にあるとごちゃつき感が出てしまいますが、これなら見た目もすっきりします。

前までは冷蔵庫の横に貼ってましてが、ごちゃごちゃしてしまうので… ここなら扉を閉めれば見えないのでスッキリしますよ(*´艸`)
myha1106

見栄えが良くなる収納アイテムを利用する

リビングでの収納スペースが足りず、ものの定位置が確保できなければ、片付けにくく、散らかりやすいリビングになってしまいます。そうならないよう、リビングに新たな収納スペースを確保しながら、リビングの見栄えを良くしてくれるようなアイテムをご紹介します。

バスケットで置きっぱなし収納をつくる

リビング収納に物が多く入っていて、ティッシュを取り出すのが大変だったというokuriさん。考えた結果、バスケットの中に箱ティッシュを入れてカウンター下に置くことにしたそうです。お部屋の雰囲気に合うバスケットをこのようにおけば、ティッシュも取り出しやすく、リビングの魅力が増すアイテムとしても使えます。

収納としても使えるテーブルを選ぶ

haritakaさんは、収納できるテーブルを購入してリビングに置きました。収納部分から見えるブランケットが可愛いですね。ブランケットを変えれば、お部屋の印象も変わりそうです。他にも本やクッションなど、リビングで使うものを収納すれば、新たな収納スペースとして使いながら、インテリアの変化を楽しめます。

ハンガーラックに収納しながら飾る

こちらはgreeeeenさんのリビングです。味のある家具と木のぬくもり感じるコーディネートが魅力的なお部屋です。アクセントクロスでかっこいい印象も加わって、まるでインテリアショップの一角のようです。そのアクセントクロスの前に置かれたハンガーラック。服を収納しながらお部屋の見栄えを良くしています。

雑貨で彩る

リビングで使うものの整理整頓ができたら、次は、モノでお部屋に彩りを加えることを考えてみましょう。リビングの見栄えを良くするためには、どこにどのようなものを置くと良いのでしょうか。ユーザーさんの実例からご紹介します。

圧迫感のないプラントスタンドを置く

otamaさんはプラントスタンドをリビングの窓際に置きました。それに合わせて、ソファをダイニング側に10センチほど移動。その結果、開放感のあるリビングに変身しました。スッキリとしたデザインのため、プラントスタンドが増えても圧迫感がありません。グリーンのさわやかさがお部屋に加わり魅力が増しています。

昨日久しぶりにIKEAに行きました(o^^o)ずっと気になっていたプラントスタンド、購入しました〜〜(๑˃̵ᴗ˂̵)太陽の光が当たるように右側の窓ぎわに♪
otama

同系色のクッションをアクセントにする

ナチュラル系の色でコーディネートされたmayoさんのリビングです。優しい色味で自然を感じるリビングは、心を休めて過ごすのにはピッタリの空間です。クッションに注目してみると、同系色でデザインの異なるものを選ばれています。お部屋で品よくアクセントを加えたいときには、ぜひ真似してみたい方法です。

絵を飾る

ひとつひとつのアイテム選びにこだわりの詰まったpomqujackさんのリビングです。上品な大人のリビングといった雰囲気で、空間の余白からもセンスの良さがにじみ出ています。壁の余白を魅力的につくりだしているもののひとつが、壁の絵です。絵を飾れば、お部屋の印象に余裕感が生まれ、贅沢な空間に変身します。

タペストリーを飾る

yukikoさんはリビングの壁に、手作りのタペストリーを飾りました。ソファやクッションと色味をそろえた個性的なデザインのタペストリーは、インテリアに馴染みながら、リビングの見栄えを良くしています。グリーンや無垢の床材の魅力を引き出しながら、リビングを魅力的にするのにピッタリのタペストリーです。


今回は、リビングの見栄えが良くなる10の方法をご紹介しました。散らからない工夫や、雑貨・家具などのアイテム選びを参考に、みなさんのリビングも、今以上に魅力溢れる空間に変身させてみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「リビング リビングインテリア」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ