暑い季節を快適に過ごす♪お部屋の紫外線カットアイデア

暑い季節を快適に過ごす♪お部屋の紫外線カットアイデア

暑い季節になると、紫外線が気になりますよね。おうちの中も日差しが入りすぎると、温度の調整が難しくなり、家具などの日焼けも心配です。そこで、お部屋を守る紫外線カットの仕方やアイデアをユーザーさんの実例から学んでみたいと思います。便利なアイテムを使えば、プラスアルファの効果も期待できそうです。

窓に一工夫

外からの強い光を抑えるには、窓に紫外線をカットする工夫を取り入れると安心です。窓自体に貼り付けるアイテムなら、スマートに対策することができます。目隠し効果があったり、インテリア的なデザインもあったりと、お部屋をスタイルアップさせることもできそうです。

紫外線防止フィルム付きの透明感ある窓

room55さんのリビングは大きな窓があり、光がたっぷり入る素敵なお部屋ですね。光が強すぎる季節の対策として、窓には業者さんに依頼して紫外線防止フィルムを貼ってもらっているんだそうです。視界が変わらずに紫外線をカットしてくれるので、光はそのまま堪能できるのがいいですね。

目隠しシートで紫外線もカット

日差しと視線が気になって、ブラインドを閉めっぱなしだったという窓。ikubooさんは、目隠しシートを貼って対策していました。中から外は見えるのに、外からは中が見えないという機能的なアイテムです。紫外線カットや遮光などの効果もあるので、日差しの強い日でも気にせず外の光を取り入れることができそうです。

目隠しシートを貼ってみました。 遮光率75% 紫外線カット68% 断熱効果35% 本当かな? 空気入らず 簡単に貼れるし、中からは外が見えるけど、外からは見えません。 これで ブラインドの 機能が使えるかな(๑˃̵ᴗ˂̵)
ikuboo

紫外線をカットするマスキングテープで

nagiさんは、マスキングテープで小窓をレース柄にアレンジしていました。こちらのマスキングテープは、紫外線を99%カットしてくれるというガラス窓専用のアイテムなんです。お部屋を華やかにしてくれるだけでなく、目隠しや紫外線対策にもなるうれしい機能付きです。可愛い柄にお子さんも喜んでくれるそうですよ。

すりガラスになってない小窓をmtCASAのshadeシリーズでリメイク。結構良い感じです(^^)
nagi

カーテンやシェードで対策

暑い季節は、カーテンやシェードを取り入れるというユーザーさんも多いようです。紫外線カットや遮光、遮熱など、機能性に富んだアイテムが多く展開されているようです。紫外線以外のお悩みも同時に解決することができますね。素材を選んでDIYするというアイデアもチェックしてみてください。

何役もこなすカーテンを付けて

機能的なニトリのレースカーテンで、上手に光を取り入れているa..yaさん。紫外線はカットしつつも採光タイプなので、お部屋は明るく保てるんだそうです。さらに、昼も夜も外からは中が見えにくくなるというのもポイントが高いですね。これ1枚で、何役もこなしてくれる優秀アイテムです。

見た目も涼しいすだれをセット

和室の窓には雰囲気のあるすだれを掛けて、見た目も涼しい空間を演出しています。紫外線カットと遮熱効果もあるので、快適なお部屋環境に調整してくれそうです。ポリエチレン素材なので、洋室のお部屋にでも似合いそうとcocomaroさんはおすすめしてくれました。風通しもよく暑い日も涼しく過ごせますね。

程よい遮光のシェードなら暗くなりすぎない

窓の外側に取り付けるサンシェードは、大きな範囲を覆ってくれる優れものです。saku-naraさんは、あえて遮光率が高すぎないメッシュタイプのものを選んで、暗くならず風が通るように工夫していました。窓を開けておいても外からの視線が気にならないので、バルコニーなどで過ごす時間も充実させられそうです。

風と日差しを調整するDIY麻袋カーテン

強めの風が入ってくるという2階の窓。紫外線カットなどのカーテンを付けていても、強風であおられてしまうことがあったそうです。そこで、麻袋を使ったカーテンをDIYして代用。強い風をおさえ、日除けにもなっていいこと尽くしのアレンジですね。

2重3重使いでお悩み解消アイデア

カーテンやシェードを2重3重に使って、快適なお部屋を作っているユーザーさんも多いようです。目隠し効果やインテリア性など、たくさんのメリットがあります。組み合わせ方や効果などもぜひチェックしてみてくださいね。

シェード2枚使いで目隠し効果

日除けシェードを2枚活用して、目隠し効果もアップさせているmachikomamaさん。ほどよい透け感で、風を通しつつ機能性をアップさせることができそうですね。また、ペットの猫が通れるようにサイズも考慮して取り付けていました。

レースカーテンを2枚重ねてふんわりと

レースカーテンの2枚使いで、壁アレンジを引き立たせるふんわりとした窓辺を作っているYYさん。カーテンは機能性抜群で、柔らかな見た目とは裏腹にしっかりとお部屋を守ってくれる心強いアイテムです。追加で付けた方のカーテンにはUVカットや遮熱などの効果があり、触ると温度の低下を感じられるんだそうです。

必要に応じで閉める、3枚使い

季節・時間・天気に応じて3枚のカーテンを使い分けているkeirocoさん。特に窓に一番近いカーテンには機能性ミラーカーテンを取り入れて、しっかり暑さ対策をしています。ちなみに、冬場は結露吸収機能のカーテンに取り換えているんだそうです。カーテンレールを3重にすることで一年中快適なお部屋を保てます。

手前、グリーンのカーテンは 遮光カーテン。 真ん中はレースカーテン。 普段はこのカーテンです。 一番奥は突っ張り式のカーテンレールで、断熱、遮熱、UVカット、夜でも室内が見えない機能性ミラーカーテンをつけています。 日差しがきつい時間帯 はこちらのカーテンを使用します。
keiroco

紫外線だけでなく、目隠しができたり温度を調整できたりするのも魅力的ですね。便利アイテムを使うことで、外からの光や風を楽しめるお部屋が作れます。ぜひ暑い季節を快適にする工夫を試してみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「紫外線」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ