「スッキリ気楽に使える、細か過ぎない美収納のつくり方」 by y.mさん

「スッキリ気楽に使える、細か過ぎない美収納のつくり方」 by y.mさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、ナチュラルでモダンに洗練されたインテリアを楽しまれているy.mさんに、キッチンにフォーカスした収納のコツをお伺いしました。どうしても生活感と切り離せないキッチンを、使いやすくスッキリ整える秘訣をチェックしていきましょう。

今回教えてくれたユーザーさん♪

中学生の女の子がいる、3人家族です。住まいは、一戸建ての3LDK。大ざっぱな性格です。最近はガーデニングに興味が出てきました。

使いやすく、生活感をオフしたい

y.mさん宅は、ゆったりとした開放感のある、北欧モダンな雰囲気の空間が広がっています。センスよく取り入れられたアクセントが、シンプルさに小気味よく個性を添えているのが素敵です。LDKに、四角く大きく開けた窓から覗くキッチンも、スッキリとしていてインテリアに馴染んでいるのが印象的ですね。開けたキッチンだからこその収納へのこだわりや、生活感をオフする工夫がきっとあるはず!まずは、その辺りからお伺いしてみたいと思います。

y.mさん

「細かく収納しすぎると、使い勝手が悪くなりストレスにつながってしまう気がします。そのため、ものを細かく収納し過ぎず、でも目に見えるところに置いて生活感を出さないようにしながら、リビングからもすっきり見えることにこだわりました。また、家電やキッチン用品などは、気に入ったものを買うようにしているんです。基本は白で統一し、ポイントで色を使うことで、シンプルにまとめています。」

徹底的にしまってしまうと、毎日使うキッチンでは不便が生じてしまうこともありそうです。では、y.mさんはどのようにしてキッチンの生活感をスッキリとオフされているのでしょうか?気になりますね。ここからは、y.mさん流の『ストレスなく生活感をオフする』快適収納のメソッドを詳しくみていきます。使いやすいシンプル収納のコツが知りたいという方はもちろん、収納場所が少なくものの量を減らしていきたいという方にもヒントとなるお話がたくさん伺えました。

ストレスなく、スッキリ収納のキッチンをつくるコツ3つ

その1 食器は気に入っても、買う前に厳選

y.mさん

「たとえ気に入ったものでも、すぐに買わず、よく考えることを心掛けています。暮らしに本当に必要なものだけ、家族人数分だけ、と厳選することで愛着をもって使える、飽きのこないものを手に入れることができているように思います。」

その2 ボックス分類で、しまうも使うもスッキリ楽々

y.mさん

「乾物や粉物は詰め替えはせず、種類ごとにボックスにまとめています。詰め替えるときの、こぼれたり、汚れたりが苦手なんです。ボックスごと出し入れでき、使い勝手も抜群。タッパーやお弁当箱なども、手軽にポイポイ収納です。また、同じボックスを使って分類しているので、統一感があり、見た目にスッキリします。」

その3 必要最低限を意識して、出しっぱなしを予防

y.mさん

「食器棚の上は特に、ものを出しっぱなしにしないようにしています。そのためにも、ストックは必要最低限です。ストックするとしてもひとつと決めて、極力ものを増やさない意識を持つようにしています。」

オススメの収納アイテム

ITEMニトリのA4ファイルケース オールホワイト
PRICE370円(税込)

安く、数を揃えられるのがよいです。数えたら、我が家にはワイドが17個ありました(笑)。適度な高さがあるので、ペットボトルやシャンプー、ティッシュの箱も立てて入れることができます。キッチンだけでなく、玄関、洗面所、こども部屋、クローゼットなど、どこでも使えて便利だし、なにより収納に統一感を持たせてくれます。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

y.mさん

「いらないものを捨てることから、はじめてみるのがおススメです。とりあえずボックスを用意して、ポイポイ入れて行くだけで、すっきり片付いて見えますよ。それに、細かく収納しすぎると、面倒くさくなって長続きしない気がします。ボックスはデザインや色味を揃えておくと、場所を選ばず使えて便利です。」

自分らしく続けていける、お気に入りのスッキリ

収納にも、いろいろな手段があります。場所やものに合った収納であることはもちろんですが、何より大切なのは、使う人に合っていることではないでしょうか?人によって、ストレスを感じる部分は違うはずですので、y.mさんのように『自分は何が苦手なのか、何を好まないのか』を考えながら収納づくりを進めていくと、自然と長く続けていけるスッキリ環境と出会えそうですね。

今回は、キッチン収納を中心にメソッドやコツをお伺いしましたが、y.mさん宅では他の場所も同様に、自分に合ったストレスのない収納を実践されています。色やツールのデザインを揃えているので、どんな場所も見た目◎。合わせて、『持ち過ぎない意識』から、あるものひとつひとつが厳選されているため、無駄のない美しさもそこにはあります。ぜひ、y.mさんの収納のコツやものとの向き合い方、参考にしてみてください。


y.mさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ