かごを味方にスタイルアップ♪ナチュラル化キッチン実例集

かごを味方にスタイルアップ♪ナチュラル化キッチン実例集

必需品が多いキッチンは、すっきりと絵になる整理整頓をしたいですよね。便利な収納方法はいろいろありますが、かごを活用すると、ナチュラルで生活感のないキッチンを簡単にコーディネートすることができます。そこで今回は、どこでどんなふうにかごが活躍するのかを、ユーザーさんの実例から見ていきたいと思います。

細々したものの分別収納に

収納家具や引き出しの中などを整理するためには、分別できるケースやボックスが役に立ちますよね。これらの小型の収納アイテムをかごタイプにすることで、個性の効いたスペースを作ることができます。カフェのようなナチュラル感で、誰にでも見せられる収納を作りませんか。

ラベルクリップを付けて分かりやすく

吊り戸棚の中は、同じかごをそろえて整理整頓しているsumosarozaさん。どこに何が入っているかが誰にでも分かるように、しっかりとラベルを付けていました。ウッドラベルクリップを活用して、かごの雰囲気を壊さず使いやすさをアップさせています。

キャンドゥのウッドラベルクリップ。 可愛いし。かごに挟んでラベリング出来て便利です。
sumosaroza

引き出しの中は、小さめタイプで

引き出しの中も小さめのかごで仕切りを作って、取り出しやすくすっきりと整えていました。普通のケースを使うよりもナチュラル感がアップして、誰に見られても慌てない収納スペースが作れます。中身を使うときは、かごのまま取り出して移動させることもできそうですね。

冷蔵庫の中もスタイリッシュに

かごを使えば、冷蔵庫の中まで可愛らしく収納できます。卵も、このようなバスケットタイプのものに入れ替えるだけで、おしゃれなインテリアのように映りますね。中身が見えにくいので、カラフルさをおさえられて清潔な印象も倍増します。開けるたびに気分があがり、お料理が楽しく感じられそうです。

取り出しやすい場所にさりげなく置ける

グラスやカトラリーなどの日常的に使うものや、常備しておきたい食品などは、しまいこまずにすぐ手に取れる場所にあると便利ですよね。そんなときもかごを入れ物として使うと、お部屋にしっくりと馴染みます。取り出しやすいところに置くことで、家族の協力も得られそうです。

ビン入りカトラリーをドレスアップ

カトラリーを立てて見える場所に収納しているmakkyfoneさん。ビンに立てて、それをカゴの中に入れているんだそうです。ナチュラルにドレスアップされて、まわりのインテリアとも馴染みがいいですね。ビンを中に入れているので、安定感がありお手入れも楽になります。

キッチンのカトラリーはセリアのかごにいれてます。中に小さな瓶を入れてそこに、入れてからかご収納してます(*´∀`)
makkyfone

よく取り出すものは布をかけたかごに

北欧テイストの爽やかなmilkさんのキッチンです。棚の上は、デザインを活かしたディスプレイ収納で、華やかな空間になっていますね。大小サイズのカゴは、お菓子や果物の常備スペースとして使っているんだそうです。上にかけた布のデザインがキレイで、中身を隠す以上のアクセントアイテムとして活躍しています。

日常使いのグラスをスタンバイ

pink-mapleさんのキッチンカウンターには、浅めのカゴが置いてあり、日常使いのグラスがセットされています。家族みんなが使うグラスは一日何度も取り出すので、このようにワンアクションで使えるようになっているとスムーズですね。カゴに入れることで、見える場所にあっても生活感を消すことができます。

吊るして収納兼ディスプレイ

m-chocoさんは、かごにフックを付けて吊り下げ収納を実践していました。中にはタオルやクロスなどを分けて入れているんだそうです。空間収納なので場所を取らない上、デッドスペースを使って収納量をアップさせることもできていいこと尽くしです。さらに、ディスプレイとしても存在感を発揮しています。

オープン収納を魅せる

オープンタイプなどの見せる収納では、かごが大活躍します。中身をしっかり隠してナチュラルな見た目を作ってくれる頼れるアイテムです。並べるだけでキッチンの印象を格上げしてくれるので、他のディスプレイアイテムと組み合わせて使うのもおすすめです。

かごでそろえれば、パントリーの扉いらず

キッチン横の使いやすい場所にあるパントリーは、かご収納を取り入れていました。かごの上に布を置いて、中が見えないように工夫しているので、カーテンを付けなくてもごちゃつくことなく整然としています。カーテンがない分出し入れもしやすく、作業の時短にもつながりますね。

見える位置を意識して

こちらのオープン収納は、リビングからの見え方を考慮して、上と下で使い方を工夫しています。見えにくい下の部分は、調味料やお茶を分類して機能性を重視し、上の方は、飾りながら置けるお皿やかごを置いて、魅せる収納スペースに。見え方を意識すれば、見た目も使い勝手もいいキッチンをデザインできます。

カウンターより上はリビングから見えるので、お皿やかご収納を置いています。 下は見えないので無印のスチールユニットシェルフとIKEAのメッシュバスケットで調味料やお茶を入れています。
s0me-k0oo

グリーンを足して絵になるキッチン

まるで雑誌の1ページのような、絵になるキッチンですね。ナチュラルカラーにグリーンが映えて、調理をするスペースということを忘れてしまいそうな洗練された場所になっています。収納にはかごを取り入れているので、さりげなく馴染み柔らかな印象を与えてくれます。


雑然としがちなキッチンを、簡単にワンランクアップさせてくれるかご収納。うまくいかなかった収納の悩みも、あっという間に解決してくれそうですね。ぜひ、使いやすくて気持ちのあがるキッチン作りに取り入れてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「かご キッチン」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ