実例紹介!スッキリ片付くお弁当グッズの収納アイディア集

実例紹介!スッキリ片付くお弁当グッズの収納アイディア集

お弁当を作る頻度はライフスタイルによって違いますが、お弁当グッズの収納の悩みはみなさん共通しているのではないでしょうか。今回はそんなお弁当グッズの収納アイディアをご紹介したいと思います。

ザックリ収納でスッキリ

まずは、ちょっと大きめサイズの収納にザックリと収納しても、スッキリとした見た目が叶う収納実例からご紹介したいと思います。

カゴ収納

カゴ収納

カゴに入れて棚の上部にお弁当箱等を収納しています。棚の上の部分には取り出すことや安全面を考えると軽い物の収納に向いているので、お弁当グッズはピッタリです。

プラスチックケース収納

プラスチックケース収納

キッチンの吊り戸棚にプラスチック容器に種類別に分けて収納しています。高さ的に中が見えないので、棚に何が入っているのかわかるようにテプラで貼っています。

ダストボックス+書類ケース収納

ダストボックス+書類ケース収納

ダストボックスと書類ケースのダブル使いです。容器に統一感があると、扉を開けた時でもスッキリ収納ですね。棚のサイズを計測してピッタリサイズの容器を使うことで無駄なスペースができません。

容器in容器

容器in容器

小さなお弁当グッズを大きめの容器に収納する場合は、さらに小さな容器に入れてから収納するとバラバラにならずにすみます。透明の容器なら中身も見えるのでラベリングも不要です。

引き出しを使ってスッキリ

引き出し収納は、引き出しごとに仕分けしたり、さらに引き出しの中も細かく仕分けすることができる万能アイテムです。積み重ねることでコンパクトにもなります。

引き出し+仕切り

引き出し+仕切り

セリアの引き出し収納の中にはセリアの仕切りがピッタリです。同じお店の商品だと、お店で試して購入できるのもありがたいですね。引き出しにすることで重ねられてコンパクトに収納できます。

仕切りBOX+ブリキトレー

仕切りBOX+ブリキトレー

セリアの仕切りBOXとブリキトレーの組み合わせはRoomClipの中でもよく見かける組み合わせです。このセットをお弁当グッズの収納に使えば、スッキリとそしてセンス良く収納できますね。

引き出しの中を賢く使ってスッキリ

引き出しの中を上手に利用して収納するアイディア実例をご紹介します。何をどのように利用して収納するのかがポイントになります。

深さを利用して2段収納

深さを利用して2段収納

深さのある引き出しなら、ケースを2段に重ねて収納することで収納力が2倍になります。お弁当グッズに欠かせないピッグは色ごとに仕分けしておくと朝のお弁当作りもスムーズですね。

クッキーの仕切り

クッキーの仕切り

これこれ見覚えありますよね。いつもならポイっと捨ててしまいがちなクッキーの仕切りも一度こうして利用してみるのもエコで良いですね。

ビンを使ってスッキリ

見せる収納として、ビンに使って収納するアイディア実例をご紹介します。リメイクしても良し、そのままでも良しのビンを使った収納です。

空き瓶をリメイク

空き瓶をリメイク

家にある空き瓶をリメイクしてお弁当グッズの収納に使っています。蓋部分には商品名が印刷されていたりするので、マスキングを貼ってリメイクすれば簡単にできあがります。

キャニスター

キャニスター

お弁当グッズのカップはセリアのキャニスターがサイズピッタリです。シルバーの蓋にシルバーのカップなら色も統一されていてスッキリですね。


RoomClipのみなさんのお弁当グッズの収納アイディアを10例ご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?私も早速これらのアイディアを真似してお弁当グッズの収納の見直しをしてみようと思います。


RoomClipには、インテリア上級者の「お弁当グッズ 収納」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ