「29m2。庭を眺め、朝日と始める毎日。東京で見つけた私の隠れ家」 by sya-chiさん

「29m2。庭を眺め、朝日と始める毎日。東京で見つけた私の隠れ家」 by sya-chiさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、ウッディなナチュラルインテリアにお住いのsya-chiさんのお部屋です。一目惚れで決めた、隠れ家のような静かなワンルーム。その魅力に迫ります!

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

今の部屋に引っ越して1年半、RoomClipを始めて1年です。 暇つぶしに見ていた面白い物件を紹介するサイトで今の部屋を見つけました。一目惚れです。 自分史上2番目くらいの瞬発力で、1ヶ月後には住人になっていました。 せっかく出会えたお部屋なので、自分にとって世界で一番落ち着く空間にしたいです。

お住まい

  • お住まいの地域: 東京都
  • お部屋の種別: ワンルーム(部屋とキッチンに仕切りがない。玄関あけたらすべてがオープン)
  • 居住面積: 29m2
  • 家賃: 85,000円
  • この家に住む人: 自分
  • ご職業: 医療職
  • 趣味: 読書・観劇・フラダンス・食と酒

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

sya-chiさん

「何と言っても無垢材と土壁でできた内装です。そして、大家さんの家との間にある庭。程よく手入れされた植物達の間を飛び回る蝶々や蜂。最早ジブリの世界です。 収納や水回りなどの機能面も充分。 職場へも電車1本。 住まない理由が何もありませんでした。」

お部屋のこだわりを教えてください

sya-chiさん

「庭の延長にある部屋にしたいと思い、樹や土に馴染む木目のある家具を選びました。しかし、樹ばっかりだとホット過ぎるので、布や家電などは無彩色や寒色系を多くしてバランスをとっています。 生活にメリハリをつけるために、細かくエリア分けをしました。その結果、テーブル・机がたくさんになりました。 程よい生活感と静謐さが同居する部屋を目指し……可能なんでしょうか、挑戦中です。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

sya-chiさん

「ソファです。本を読んだり、お酒を飲みながら映画を観たりしています。」

東京に見つけた隠れ家 樹と土を感じて丁寧に暮らす【ここがポイント!僕&私の工夫】

①エネルギーチャージエリア

sya-chiさん

「ダイニングテーブルは窓に向けています。 大好きな庭を眺めるスペシャルな場所です。 朝の静かな時間にココで食事をすると、心地良く背筋がのびます。 」

②落ち着ける広場

sya-chiさん

「土に近付ける場所。っていうか、地べたに座るのは落ち着きます。畳文化の日本人。 ストレッチをしたり、洗濯物を畳んだり、友人が来たときの食事場所にもなります。 座った時にゴツゴツしない、毛足長めのラグにしてます。」

③自然を感じるヒーリングエリア

sya-chiさん

「ベッド周りはスッキリと。土壁カッコイイので、ヘッドボードはつけていません。 夏は白のリネン、冬はラベンダー色の綿で身体を包みます。 窓から太陽の光が射し込んで目が覚めます!寝坊すると日焼けします。健康です。 」

④集中できるシンキングエリア

sya-chiさん

「ココは2階に住む人の階段下スペース。なので天井が斜めです。 書斎作りました。集中する場所だからカチッとさせたくて、インダストリアル風にしました。 私は右利きです。デスクライトは左側がよいと気付きました。……変えます。 」

⑤楽しむクリエイティブエリア

sya-chiさん

「料理は好きです。簡単なモノしか作りませんが創造の時間です。キッチン丸見えなので見て楽しい場所になるよう心掛けました。 木の要素がなかったので、木の主張強目のスパイスラックをDIY。ザルとまな板も見せる収納にして部屋と馴染ませました。 家電は白でシンプルなモノを。 」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEM倉敷意匠×後藤照明のデスクライト
PRICE13,624円

白とグレーがあるのですが、グレーはどこのサイトをみても売り切れ。諦めかけたときにamazonで中古を見つけました。 シンプルな可愛い姿!優しいグレーの色合い!スイッチの音と感触!変わるモノは他に無いです!

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

sya-chiさん

「陶磁器の器が大好きです。 作家さんの器を少しずつ増やしてるのですが、今は暗い戸棚の中です。いつでも眺められるように、見える場所に置きたいです。 あとはお風呂時間の充実を。」

お話をお伺いして

sya-chiさん宅のレイアウトは、メリハリある生活を送るために、家具の向きを工夫してゾーニングしているのが特徴。特に、お部屋の中央に置かれたソファによって、睡眠エリアと生活エリアがわかりやすく分かれ、活動的な昼/くつろぎの夜と、気持ちの切り替えもつきやすくなっています。

sya-chiさんが大切にしているのは、自然と調和する暮らし。大好きなお庭を眺め、朝日と共にスタートさせる、心静かに丁寧で、心地よい生活感のある毎日です。インテリアにも自然素材を取り入れ、アースカラーでまとめることで、ナチュラルに心を落ち着かせて過ごすことができそうですね。テレビや携帯電話ではなく、庭を眺めて、太陽の光を感じる暮らし、自分を見つめるきっかけにもなりそうです。今後は、陶磁器の見せる収納に挑戦していきたいというsya-chiさん。ディスプレイが加わったお部屋の変化にも注目ですね♪


sya-chiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク