「家族と同じ空間で家事を楽しむ。開放的で明るいキッチン」 by JK_DECORさん

「家族と同じ空間で家事を楽しむ。開放的で明るいキッチン」 by JK_DECORさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、ナチュラル素材を中心にコーディネートされたシンプルインテリアにお住いのJK_DECORさんのキッチンをご紹介します。

東京都在住のインテリア好きのデザイナー38歳。夫婦二人、3LDKの中古マンションを1LDKにリノベーションして暮らしています。Instagramでは家具、家電、食器、雑貨、収納など、好きなものを気ままに綴っています。 https://www.instagram.com/jk___decor/

目指したのは『家族全員が同じ空間に居られる家』

板目と節が美しいキッチンと木製家具、ホワイト、グレー。共通するアイテムがLDK全体に散りばめられ、部屋全体の一体感が心地よいJK_DECORさんのお宅。「キッチン」という仕切りは感じられず、”作業する場所”というよりは”楽しむ場所”。リビングで過ごすようにキッチンでも過ごせるような、そんな空気感が漂います。キッチンの気に入っているところや、意識したポイントはどんなところですか?

JK_DECORさん

「このキッチンに立てば、ダイニングもリビングも書斎もすべて見渡せる所です。この家全体のテーマは、『家族全員が同じ空間に居られる家』。料理を作っていても家族が何をしているか分かり、会話ができる、ということがとても重要だと思っています。賃貸のキッチンは壁に向かっていたり、隔離されるようにリビングから切り離されているような間取りのものも多く、キッチンに立つ時間が作業のようになってしまうのが嫌なので、家族と会話しながら、楽しく家事ができるようなそんなキッチンにしました。また、パントリースペースがあるため、キッチンスペースにはよく使うものだけを収納し、他はすべてパントリーに収めることで、常に目に触れるキッチンスペースが雑多な感じにならないように意識しています。」

LDをまっすぐ眺められる開放的な間取り

オープンスペースに壁付けされたペニンシュラキッチン。キッチンに立てば、部屋全体が眺められる間取りが特徴です。「料理をしていても家族が何をしているかわかるように」とJK_DECORさんがこだわった点ですね。キッチン後ろのパントリーは、作業台から真後ろにつながり、移動のしやすさも◎。また、パントリーへは玄関からつながる裏動線もあり、買い物した物をすぐに運び込むことができてとても便利です。

さてそんな、家族との距離も近いJK_DECORさんのキッチンを拝見していくと、開放感と明るさに包まれすっきりクリーンなキッチン空間の秘密が見えていきました。3つのキーワードの沿ってみていきましょう!

キーワード1 開放感のある明るいキッチン

JK_DECORさん

「リビングダイニングと繋がっているオープンな間取りのため、キッチン全体にとても開放感があります。またキッチン裏のパントリーにも窓があるため、採光性も高く、とても明るいキッチンになっています。」

キーワード2 パントリースペースをフル活用

JK_DECORさん

「キッチン裏にある2畳にも満たないパントリースペースをフル活用して、キッチン全体の収納力を高めています。壁面棚にはニトリのファイルボックスを隙間なく置き投げ込み収納に。窓を塞がない高さで設置したIKEAのエーケトという棚には、キッチンスペースに収納できない食器やグラス、ミキサーなどの調理家電を収納。分別ゴミ箱もパントリースペースに収めることでキッチンが雑然としないようにしています。」

キーワード3 限られたスペースに魅せる収納と隙間収納を

JK_DECORさん

「パントリーへの入り口がキッチン背後にあり、片側に冷蔵庫を置くと、食器棚のスペースが必然的に決まってくるので、そのスペースで最大限遊べる家具をセレクト。上部まで戸棚になってしまうと、冷蔵庫の存在も相まって圧迫感が出てしまうので、上部がオープン棚になっているキッチンシェルフをunicoで購入。お気に入りの食器や鍋などをディスプレイ。さらに冷蔵庫の脇に空いてしまう隙間にはアルコール類をストックできる隙間収納を設置し、インテリア性と実用性を兼ね備えた空間に。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

JK_DECORさん

「自分がキッチンでどのように過ごしたいか、ということを一番に考えてプランニングするといいと思います。例えば、料理に集中したい人はダイニングと別空間にする、効率よく料理がしたければL字型のキッチンにして鍋や調理器具も吊るすなど、自分の過ごし方をイメージすれば、自ずとどのようなキッチンが自分にとってベストなのかが見えてくると思います。」

まとめ: キッチンもリビングのように心地よくコーディネート

「家族全員が同じ場所に居られる家」をテーマに、キッチンに居ても孤立しない空間を作り上げていたJK_DECORさん。たくさんの窓から差し込む光に包まれ開放的なその場所は、家族との距離が近く機能性にも優れた場所でした。

印象的だったのは、リビングをコーディネートするようにキッチンもコーディネートされている点。”雑然としないように”とパントリーをフル活用したり、”遊べる”食器棚をセレクトしたり。その場に立って気持ちいい空間、眺めて心地よい空間作りは、キッチンにも欠かせないのかもしれません。

”効率よくこなす”だけでなく、家族と同じ空間で家事を楽しむことができ、無駄のない収納計画とオシャレな遊び心のあるJK_DECORさん流キッチン空間の作り方!皆さんも、参考にしてみてはいかがですか?


JK_DECORさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク