木のぬくもりを家の中に♪無垢床リビングのある風景

木のぬくもりを家の中に♪無垢床リビングのある風景

天然の木を使った無垢床はサラサラした感触が気持ちよく、はだしで歩いたり寝ころんだりすると、木のぬくもりを直接感じることができます。天然の木ならではの色合いや、ひとつひとつ異なる木目も人気があります。無垢床をリビングに取り入れた、RoomClipユーザーさんの実例をご紹介しましょう。

ナチュラルな雰囲気のリビング

最初にご紹介するのは、リビングに淡い色合いの無垢床を取り入れて、ナチュラルな雰囲気に仕上げた実例です。RoomClipユーザーさんは、無垢床に合わせて温かみのある家具を選んだり、明るい色をアクセントに取り入れたりして、お気に入りの空間にしています。

はっきりとした木目が特徴的

無垢床の木目があざやかな、こちらのリビング。ソファーの足など家具類を、無垢床よりもやや深い色合いのものでまとめてあるので、落ち着いた雰囲気になっています。ソファーカバーの薄いグレーが、無垢床の色合いによく合っていますね。

淡い色合いと北欧インテリアが調和

インテリアに使った差し色のブルーが、無垢床のぬくもりを引き立たせています。淡い色合いのパイン材の床は、やわらかな感触で足にもやさしく、人気の床材です。日の光が差しこむ広々としたリビングを、さらに明るくしていますね。

子どもにもやさしい木のぬくもり

kazumi_innbさんは、お子さん用のスペースをリビングに作りました。木のぬくもりを直接感じられる無垢床のリビングは、足触りもよく子どもにもおすすめ!同じテイストでまとめたおままごとキッチンやキッズ家具が、さらに温かみを感じる空間を演出しています。

リビング全体から木の香りが

杉の無垢床を取り入れた、kikoriさんのお宅のリビングです。柱や天井の梁、奥に置いた家具などが一体となり、リビング全体から木の香りを感じられそうです。赤いソファーがいいアクセントに。ちょっとしたキズやへこみなら、自分で修復できるそうですよ。

私の子供達は布団より床で寝る方が好きみたいです( ̄▽ ̄;) 家族は年中裸足で過ごしています。 とにかく気持ちが良いです。
kikori

深みを感じるリビング

次にご紹介するのは、深い色合いの無垢床を取り入れたリビングの実例です。天然木の種類によって、無垢床の色合いもさまざま。リビングの雰囲気はこんなにもガラッと変わるのですね。

グレーのタイル壁との相性も◎

無垢床にウォルナット材を取り入れたayuayuさん。ウォルナット材は、深い色合いと自然な木目が人気の床材です。グレーの名古屋モザイクを施した壁とも、相性抜群ですね。ブラックのハイドアが、さらに全体を引きしまった印象にしてくれています。

ブラックのインテリアと合わせて重厚感を

m.m..7さんのリビングは、ブラックでまとめた家具と、ややくすんだ色合いの無垢床が調和して、重厚感のあるリビングになっていますね。無垢床にはオーク材を使用。ダークブラウンのサイドテーブルとの対比もいいですね。

ブルックリンのカフェ風スタイル

深みのあるダークブラウンの無垢床は、日が差し込むと、またちがった表情を見せてくれます。革張りのソファーなどブラウンを基調とした、ブルックリンスタイルの男前な雰囲気あふれるリビングですね。こちらの無垢床は硬くて丈夫、車いすなどもOKだそうですよ。

我が家の1F床はアジアンウォールナット。硬くて濃いこげ茶が特徴ですが、日差しが入ると結構明るく見えます♪
maru

ヘリンボーンが目を引くリビング

ヘリンボーンとは、魚の骨を開いたような見た目から、「ニシンの骨」という意味を持つ模様のことをさします。板をジグザグに貼ってヘリンボーンにした床は、高級感や上品さを感じられるため、人気があります。ヘリンボーンの無垢床を取り入れた実例をご紹介しましょう。

暖炉と合わせてさらなる温かみを

nsk_mnkさんのお宅のリビングでは、温かい色合いの無垢床をヘリンボーンにしています。木目の濃淡があざやかで、木製のブラインドや、ブルーのダイニングチェアとも相性がいいですね。暖炉のある光景にピッタリの無垢床です。

落ち着いた雰囲気の中に洗練さも

洗練された印象を感じるリビングです。やや深みのあるヘリンボーンの無垢床が、落ち着いた中にも高級感を感じさせてくれますね。グリーンのソファーやウォルナットのローテーブルが、さらに落ち着いた雰囲気を演出しています。

あざやかなブルーと合わせて西海岸風に

ガラッと雰囲気が変わって、こちらは波の音が聴こえてきそうな、mtokさんリビングです。ブルーを基調とするインテリアや観葉植物のグリーンが無垢床によく映えて、明るくさわやかな気分になれそうです。ヘリンボーンの無垢床は、西海岸風のリビングにも合いますね。

我が家の床はナラ材の無垢床。 天然木ならでは、1つ1つの木目が違うので唯一無二の味が生まれます。特に我が家はヘリンボーンなので向きによって見え方が全く違います。自然の木目がヘリンボーンによって1つのデザインに生まれ変わります。
mtok

どのお宅のリビングも、木のぬくもりでいっぱいでしたね。天然木の種類に関わらず、無垢床はさまざまなテイストのリビングに対応していました。無垢床は長い年月を経て、表情が変化していきます。その変化を感じるのも、楽しみの一つになりそうです。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「無垢床 リビング」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ