「好きや理想のいいとこミックス♪リノベで叶えた、こだわりキッチン」 by usameguさん

「好きや理想のいいとこミックス♪リノベで叶えた、こだわりキッチン」 by usameguさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、甘さと辛さを巧みにミックスした、明るく爽やかなインテリアづくりをされているusameguさん宅から、こだわりのキッチンをご紹介します。見た目も、機能も、動線も考え抜かれた、夢のキッチンの魅力に迫っていきましょう。

夫と私、3歳の息子の3人家族です。 間取りが好きで『いつか自分で考えた間取りに住みたい!』という夢のひとつを、リノベーションで叶えました。 家事動線・収納にこだわった家での快適な生活を、ブログで発信しています。(https://www.usamegu.com)

飾ることも楽しめる機能的な空間

usameguさん宅のキッチンは、スッキリ広々としていて、まるでカフェの厨房のようにオシャレです。白と木目の優しくナチュラルな雰囲気を、黒やグレーでスパイシーに引き締める、バランスのよいカラーコーディネートは、ずっと眺めていても飽きることがなさそう。もちろん素敵なキッチンにはまだまだ、こだわりが詰まっているはずです。まずは、全体を通してのポイントからお伺いしていきます。

usameguさん

「可愛いくて、カッコイイ。そして、居心地のよい場所にするため、白・黒・茶色・グレーの4色でまとめています。 背面は、使いたかったゴミ箱が入る高さにして、スッキリした収納と作業スペースを確保しました。上の空いた空間には、旅の思い出を飾れる棚や吊り下げ収納を採用し、使いやすくしています。」

暮らしやすい動線の中心

usameguさんは『間取りを考えるのが好き』だと語ります。だからこそ、満を持したリノベーションに際して、そのこだわりが冴えわたっていました。間取り図を拝見すると、パントリー経由で、家事動線が心地よく続いていることがわかります。キッチンが暮らしのあらゆる動きに対応しやすいよう、動線の真ん中にあるんですね。ダイニングテーブルも横づけなので、食卓まで一直線です。

ここからは、そうしたusameguさんならではのこだわりをさらに深く掘り下げていきます。お話からは、快適なキッチンづくりの秘訣をはじめ、リノベーションの醍醐味もたっぷり伝わってきますよ。キッチンを見直したいという方だけでなく、これから家づくりを……と考えている方も要チェックです♪

キーワード1 可愛いとカッコイイをつなぐ場所

usameguさん

「キッチンとダイニングテーブルのレイアウトは、横並びにこだわりました。ダイニングスペースには壁一面の白い有孔ボードを採用し、明るく可愛らしい雰囲気にしています。一方、天井や梁は躯体表しで無骨にカッコよく。そんな可愛いとカッコイイをつなぐ場所が、キッチンです。どっち寄りでもない中間的な場所にしたかったので、キッチンで使う色は、白・黒・茶・グレーこの4色にしようと決めて、全体のバランスを考えました。」

キーワード2 旅の思い出とよく使うものは、見せて収納

usameguさん

「旅行先で買った、思い出のマグカップやビールジョッキを飾って使用しています♪前に住んでいた家では、食器棚の奥に仕舞い込んだままだったので、飾れるスペースをつくりました。  また、頻繁に使うキッチンバサミや除菌スプレーは手を伸ばしてすぐに使えるよう、吊るして収納しています。 空いているスペースはミトン用、今はおしゃれなミトンを探している最中です。」

キーワード3 キッチンへアクセス抜群!パントリー経由の動線

usameguさん

「キッチン隣にあるパントリーから廊下へ行けます。廊下には造作洗面台、その向かい側には脱衣室とお風呂があります。さらに廊下を進むと玄関&トイレ。どこにいても、廊下を通ってキッチンまで一直線です。このキッチンまでのアクセスのよさは、間取りを考えるとき、特にこだわりました!」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

usameguさん

「どんなキッチンにしようか考えているとき、私もRoomClipで皆さんのキッチンを参考にしていました。気になったデザインを保存して、あとで見直したとき、自分が好きなキッチンがわかってきたのです♪お気に入りを集めて、自分の好みを知ることが大切だと思います。」

まとめ: 好きのいいとこ取りで快適をつくろう

usameguさんのキッチンづくりは、とても計画的です。それはきっと、憧れや理想が明確だったから。間取りからこだわり、ひとつひとつ実現させていくことで、好きなものやこと、理想のいいところをバランスよく取り入れた素敵なキッチンが仕上がっています。可愛く、カッコイイは、その現れであるように感じます。

そして、いいとこ取りが、見た目だけではないのがポイントです。収納や作業効率、ディスプレイや暮らし全体の動線、キッチンにおけるあらゆるピースの『こうならいいな』がギュッと濃縮しています。ここまで思い通りに間取りをつくり込めるのは、リノベーションならではかもしれません。自分で選んだ唯一無二のいいとこ取り空間からは、眺めただけで『大好き!気持ちいい!』という喜びの声が聞こえてきそう。ぜひ、usameguさんのアイデアやアドバイス、夢を叶えた経験談、参考にしてみてください。


usameguさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク