「50m2。見られてもいいと思える、暮らしごとアートに魅せた空間」 by smashpumpkinさん

「50m2。見られてもいいと思える、暮らしごとアートに魅せた空間」 by smashpumpkinさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回お話をお伺いするのは、アーティスティックに感性豊かなお部屋づくりをされているsmashpumpkinさんです。シンプルだけれど華があり、華はあるけど派手ではない。魅入った後、けして飽きさせない……そんなセンス抜群のお部屋づくりのコツや工夫をたっぷり教えていただきました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

好きの極みです!もらった花、拾った流木、 おばあちゃんの家から貰ったもの……おばあちゃんの家にありそうなストーブ。 ただただ、『好きなものに囲まれたかった!』を貫き通した部屋です。カーテンなしでも良いぐらいな部屋にしたかったところも、理想を叶えられたベースにあるかもしれないです。電車に乗ってふと外を見た時、カーテンなしで、ダンスレッスンしているスタジオ見てから、あんな感じになれたらなぁって、感じていました。裏テーマは、見られても良い部屋ですね。

お住まい

  • お住まいの地域: 石川県金沢市
  • お部屋の種別: ワンルーム(部屋とキッチンに仕切りがない。玄関あけたらすべてがオープン)
  • 居住面積: 50m2
  • 家賃: 80000円
  • この家に住む人: 1人
  • ご職業: 広告営業
  • 趣味: ランニング、本を読むこと

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

smashpumpkinさん

「第一に、面白い部屋だったこと、次に開口が南向きだったこと、そして住んでみたいと思っていたリノベーション物件だったことが決め手です。」

お部屋のこだわりを教えてください

smashpumpkinさん

「アートを意識することと、オシャレな空間を意識することですね。上のスペースをうまく使っているので、吊るすことも意識して部屋づくりをしています。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

smashpumpkinさん

「ソファーかカウンターです。コーヒーを淹れて飲みながら本を読んだり、YouTubeを聞きながらひたすら学びのメモをとる。そんな時間の定位置です。」

作品づくりのような空間づくり【ここがポイント!僕&私の工夫】

①アートでシンプルに味を加える

smashpumpkinさん

「アートを飾ると素敵な部屋になる気がしてます。シンプルでも淡泊になるか、味のある部屋になるかの違いは、アートぽいところがあるかないか……それだけだと思います。」

②生活感で遊んで絵にする

smashpumpkinさん

「どうしても生活感が勝ってしまうキッチンは、それすらもなるべく絵になるようにしたいと思いました。」

③吊るすインテリアでリズムをつける

smashpumpkinさん

「吊るすインテリアも意識的に取り入れています。揺れ動くので、シンプルなものでもリズムを感じられて、部屋に程よく変化をつけてくれます。」

④吊るしたものたちをアイキャッチにする

smashpumpkinさん

「引きで部屋全体を見たときも、吊るしているものたちが見えるようにレイアウトするのがちょっとしたこだわりです。アート感が増す気がします。」

⑤どの角度から見てもこだわりが伝わるように

smashpumpkinさん

「角度を変えて見ても、こだわりをブレずに表現できるようにしています。こちら側にも、アート(右上:ダリの作品)と吊るしたドライフラワーがあります。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMStarbucks Coffeeのカーヴドステンレスボトル マットブラック355ml
PRICE3,850円(税込)

冷めないのが良いです。 思っていたよりも長く持ち運びができるので重宝しています。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

smashpumpkinさん

「スペインに行った時に、天井の余白がないぐらい絵が描かれてる美術館に出会いました。あのインパクトが凄かったので、天井をマリメッコの布で覆いたいです(笑) 普通にインテリアづくりをしていると、あんまり天井って意識しないものですね……。だからこそ衝撃が凄かったです。天井オシャレプロジェクトをひとり開始したいと思います!」

お話をお伺いして

smashpumpkinさん宅は、リノベーション済みのゆったりとしたワンルームです。玄関から生活スペースまで、サニタリースペース分の廊下を挟むのが特徴。センスの高さがにじみ出る玄関から見える明るい向こう側……入口の光景ひとつをとっても、味わい深く絵になるのが素敵です。

生活スペースとなるメインの空間は、その広さを活かすように、大まかに4等分されていました。キッチン・ダイニング兼リビング、寝室、そしてウォークインクローゼットのような収納スペースという具合。素材や風合いを楽しむ、素朴なインテリアや雑貨たちで無骨でありつつあっさりとした雰囲気にまとめられています。でも、こだわりのアートや吊るす雑貨、無造作に見えるように計算して飾られた日用品……smashpumpkinさんの感性に触れたものたちが、さりげなくリズミカルに華を添えているから飽きが来ません。その眺めは、自分らしい暮らしは、見せ方ひとつで絵にできることを教えてくれます。ひとり暮らしの部屋づくり、理想と現実がかみ合わず妥協中……そんな方もぜひ、smashpumpkinさんの工夫やこだわりを参考に今一度、向き合ってみてはいかがでしょうか。


smashpumpkinさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク