思い出がいっぱいだから形を変えて残したい♪ベビーベッドの再活用アイデア

思い出がいっぱいだから形を変えて残したい♪ベビーベッドの再活用アイデア

赤ちゃんのお世話に欠かせないベビーベッド。でも、お子さんが成長すると出番がなくなり、処分しようか迷うということも多いかと思います。そこで、思い出の詰まっているベビーベッドはリメイクをして、大切に長く使い続けませんか。今回は、そんなベビーベッドリメイクをしているユーザーさんの作品をご紹介します。

解体してパーツを再利用

ベビーベッドは、柵、板、ヘッドボードなど、解体することでいろいろなパーツに分けることができます。それぞれを材料として使えば、再利用アイデアもどんどん沸いてきそうです。ペイントなどのちょっとしたアレンジを加えると、インテリア感も増して理想の作品作りがかないます。

天板でディスプレイ本棚に

makkyfoneさんは、外した天板を本棚にリメイクしていました。天板の裏側を表面にして、絵本の表紙を見せて飾れる収納スペースに変身させています。絵本が倒れないようにガードを付けているのもポイントですね。優しい色味のペイントをして、スタイリッシュに仕上げています。

柵をラダーに

ベビーベッドの柵の形を活かして、ラダーとしてディスプレイしていたUL_plusさん。天井からぶら下げれば、お部屋の上の空間にも彩りを与えてくれます。グリーンを巻き付けたナチュラルアレンジが素敵ですね。天井に穴はあけられないという方は、壁に立て掛けるだけでも絵になりそうです。

ベッドの板をペグボードに

riraさんは、ペグボードの壁掛けミシン糸収納アイデアを教えてくださいました。一目で糸を見渡せて、出し入れもしやすい、手芸好きさんにおすすめの方法です。そしてこのペグボードこそ、ベビーベッドで使われていたものなんだとか。ドットにペイントして、個性的にリメイクされているのもさすがです。

柵をつなげた引っ掛け収納

玄関の外に、柵を使った傘置き場を手作りされていました。ちょうど壁の隅にフィットしていて、すっきりと見えます。柵なので、空間が空いているのも見栄えアップに効果的です。kirinchanさんは、この他にも残ったパーツをいろいろな場所で再活用しているんだそうです。発想を豊かに、残さず活用したいですね。

ベビーベッドの形を活かしたリメイクアイデア

解体はせずに、形をフル活用するリメイクアイデアもあります。広い天板や上げ下げできる柵など、ベビーベッドだからこそのメリットを活かして再活用したいですね。ベビーベッドを卒業したお子さん向けのアイデアが多いので、愛着のあるベッドを違う形で使い続けてもらえます。

ガード付きのテレビ台に

小さなお子さんは、テレビ画面を触ってしまいがちなので、転倒や汚れなどが心配です。そこで、O-tohuさんはテレビボードの上からベビーベッドをかぶせるように置いて、ガード付きのテレビ台として使っているんだとか。テレビを見ないときは柵を上げておけば、安心です。下の収納部分も最大限に活かすことができます。

今まで使っていたテレビボードのままだと倒されてしまうので 奥行きもありちょうど良い高さになりました✨ 目を離す時には柵を上げるとよじ登られることも今のところナシ テレビボードはそのまま下に収納 デッキも操作できるしコードも抜かれる心配なし! 少し幅が合わなかったので若干ネジを緩めて調整しました
O-tohu

お子さんのハンガーラックに

KEINAさんは、ベビーベッドの一面を外して、お子さん用のハンガーラックにリメイクしていました。丸棒を2本取り付け、奥行を活かした収納力の高さも見逃せませんね。天板にはクッションフロアシートを取り付け、デザイン性も考慮されています。お子さんが自分で出し入れできるちょうどいいラックに仕上がっています。

広々使えるキッズデスク

お子さんが成長したら、次はキッズデスクとして活用するという方法もあります。Yukanenkoさんは、天板になる部分に100均の黒板シートを貼ってアレンジしていました。シートを貼ることで、机の用途の幅も広がります。お子さんが二人並んで座れるくらいの余裕があるのもいいですね。

こちらは片側の柵を外しただけなんですが、補強のために外した側に1本木材をビス止めしています♪
Yukanenko

組み立て直してアレンジ自在

最後は、ベビーベッドのパーツを組み立て直して、まったく違うアイテムにリメイクする方法をご紹介します。すのこや板など、DIYにぴったりのパーツが多く使われているので、組み合わせや仕上がりを想像しやすいかもしれません。過程も楽しみながら作業が進められます。

室外機カバーに

直射日光が当たるのを防ぐ室外機カバーも、ベビーベッドリメイクで作ることができます。こちらは、天板とすのこを使ってDIYされたんだそうです。すのこは通気性がよく、さらにほどよく隠すことができて最適ですね。木材なので、グリーンがあるDIY-isekiさんのベランダによく馴染んでいます。

半個室のキッズスペース

リビングの一部にキッズスペースを設けているelli-elliさんは、ベビーベッドで囲いを作ったんだそうです。フックや飾り棚などを取り付けて、まるで小さなお部屋のように作りこまれていました。実際のお部屋ではやりにくいアレンジでも、ここでなら自由にかないますね。親子でワクワクできる半個室空間です。

前面を取って底板を奥に固定して壁にし、すのこ(棚板)を半分にカットして、向かって右側に固定。 奥には板壁風の100均リメイクシートを貼りました♪
elli-elli

機能的なキャビネット

スリムなキャビネットにリメイクしていたKaoriさん。上はアクセサリー置き場、下は書類収納として使えるようになっているんだそうです。ベビーベッド特有の上げ下げができる柵をうまく活かしたアレンジですね。収納としても飾り棚としても、いろいろと使えるキャビネットリメイクです。


短期間しか使わないベビーベッドですが、大切な思い出はたくさん詰まっています。姿を変えておうちのどこかで活躍すれば、親子ともにうれしいですよね。リメイクしやすいパーツが多いので、DIY初心者さんにもおすすめです。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「ベビーベッド リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク