省スペースで使いやすい♪山崎実業の「tower スリム水切りバスケット」

省スペースで使いやすい♪山崎実業の「tower スリム水切りバスケット」

洗い物のときにあると便利な水切りかご。でも、設置するとキッチンの作業台が狭くなってしまったり、コンパクトなキッチンでは設置できないこともあります。そんな悩みを解決してくれるのが、山崎実業の「tower スリム水切りバスケット」です。今回は、愛用されているRoomClipユーザーさんたちをご紹介します。

スリム水切りバスケットのここが使いやすい

まずはスリム水切りバスケットの使いやすいポイントを、ユーザーさんたちに教えていただきました。コンパクト&シンプルでも、痒いところに手が届く機能が詰まっています。

スリムで場所を取らない

スリム水切りバスケットは幅55.5cm。対応サイズのシンクならまたいで設置できます。今まで水切りかごを置かないようにされていたmaruさんは、料理スペースを確保したまま使えるところが選んだ決め手になったんだとか。奥行もわずか16.5cmでとってもスリムです。

おうち見直しキャンペーンで選ばせてもらいましたtower スリム水切りバスケット✨ これまでは… 洗いカゴによって、常にスペースを占領されるのがイヤで、洗いカゴなし&ほぼ食洗機頼みでした。 このスリム水切りバスケットは、 幅55.5cmで、シンクをまたぐ形で設置できるので、料理スペースは確保したままで使えます♪
maru

中が見えないのでスッキリ

Mikaさんは食洗機で洗えない食器や少量の洗い物用に、スリム水切りバスケットを使われていました。ホワイトのキッチンに馴染んで目立ちにくく、とてもスッキリとしていますね。中身が見えにくいデザインですから、お部屋からシンクが見える壁付けキッチンでも、視線が気になりません。

痒いところに手が届く機能

kirariさんはスリム水切りバスケットの内側を見せてくれました。底面のスリットはお皿やフライパンをしっかりと立てられます。また、水はけノズルは、設置位置に合わせて360度回転できるそう。さらにカトラリーポケットまで付属しているので、使い勝手も抜群です。

シンプルだから使い方も自由

スリム水切りバスケットはデザインも構造もとってもシンプル。ですから、シーンに合わせて自由な使い方ができます。ユーザーさんたちはどのように活用されているのでしょうか?

横向きに設置する

水筒とお弁当箱用にスリム水切りバスケットを愛用されているYuzu-hiさんです。洗ったものはこのまま翌日まで乾燥させ、お弁当準備の際にサッと取り出せるようにしているんだとか。カウンター沿いに横向きに設置しているので、作業台スペースも広々と使えます。

水筒の浸け置きに使う

スリム水切りバスケットは止水栓付きで、水をためることもできます。colonさんは水筒の浸け置きに使われていました。ロングサイズなので、1つで水筒4本がすっぽり!外した蓋も一緒に浸ける余裕があります。バスケットの中もキレイになって一石二鳥ですね。

towerの水切りバスケットに水止栓を付けて水筒を ブリーチで浸け置き中です。 水を貯める事が出来るから、こんな使い方も便利です♪
colon

小物入れを掛けてカスタマイズ

Saaさんはスリム水切りバスケットの横にセリアの小物入れなどを掛けて、使いやすくカスタマイズされていました。ボトルスタンドはシンク側に掛けているので、そのまま下に水が落ちるところもGOOD♪すべてホワイトで統一していますから、見た目もスッキリとしています。


コンパクトなサイズ、使いやすい機能とデザイン。メインの水切りかごとしてはもちろん、予備の水切りかごとしてひとつ欲しくなりますね。ぜひ皆さんも「tower スリム水切りバスケット」チェックしてみてください。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「RoomClipショッピング 山崎実業」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

最近見た商品

おしゃれに変身!和室の活用アイデア集

関連記事

RoomClipショッピングの関連リンク