気軽に和を取り入れたスタイルにチャレンジしてみませんか?

気軽に和を取り入れたスタイルにチャレンジしてみませんか?

近頃は日本人だけにとどまらず、外国人からも日本の文化やスタイルが注目を集めています。そんな中、インテリアの中にも和の要素を取り入れる方々が増えています。家全体でなくても、一部分に和をとりいれることから始めるのもおすすめです。今回は、RoomClipユーザーの和の取り入れ方をご紹介したいと思います。

ファブリックに和を取り入れよう!

ファブリック使いはインテリアには欠かせないポイントです。ファブリックの無い部屋はないですよね。だからこそ、ファブリックに和を取り入れることで一気に和のスタイルを作ることができます。

ファブリックパネルをハンドメイド

ファブリックパネルをハンドメイド

和柄模様のファブリックを利用してファブリックパネルをハンドメイドしてみませんか?大小異なるサイズのパネルを飾ると空間に動きも出てよいですね。

手拭いを掛けて飾る

手拭いを掛けて飾る

お好きな和柄の手拭いを飾るだけでも、和を取り入れることが可能です。掛け替えが簡単なので、季節や行事に合わせた手拭い模様を選ぶことも楽しめますね。

帯を掛け軸のように飾る

帯を掛け軸のように飾る

着物には欠かせないアイテムの帯を飾っています。着物や帯は和の代表格です。身に付ける以外に飾るという斬新な方法ですが、掛け軸のようで美しいですね。床の間にもぴったりです。

手拭いでのれんをハンドメイドする

手拭いでのれんをハンドメイドする

突っ張り棒にのれんを下げています。こののれんは、手拭いを両面テープでとめて作られています。両面テープを使えば、端の始末をすることなく簡単にのれんが完成します。お相撲さんのイラストが和を感じさせてくれますね。

小物で和を取り入れよう!

次は、小物で和を取り入れている実例です。和を取り入れる為に小物を活用すれば意外と簡単に和を取り入れることができます。どんな小物が効果的に和を取り入れることができるのかをご紹介します。

和を感じる照明を置く

和を感じる照明を置く

和紙のような質感の照明は、和テイストをグッとアップしてくれる優秀アイテムです。どんなテイストの部屋の一角にもマッチする上に、部屋のワンポイントにもなるのでおすすめです。

記念の書を飾る

記念の書を飾る

筆で書かれた額を飾るのも良いですね。心に沁みる言葉をいつも目にして癒されたいものです。筆で書かれているからこそ和の趣も深まりますね。

座椅子を置く

座椅子を置く

畳に座椅子はまるで旅館の一室のような最高の組み合わせですね。座椅子に座ると目線が低くなるので天井が高く見え部屋が広く見え、開放感が出る効果もあります。

火鉢を活用する

火鉢を活用する

金魚の絵が描かれた火鉢を鉢カバーとして活用しています。陶器の質感も金魚の絵柄も和を盛り上げてくれます。火鉢として使う機会がないなら、大きさを活かして鉢カバーとして活用したいですね。

家具に和を取り入れよう!

最後に、家具に和を取り入れてい実例をご紹介したいと思います。和家具ならではの存在感と雰囲気は、ナチュラルなテイストの部屋に和を取り入れたいとお考えの方にもおすすめのアイテムです。

和箪笥を置く

和箪笥を置く

数十年という長い間、大切に使い込まれた和箪笥は、お婆様の花嫁道具だそうです。さまざまな思い出が詰まった和箪笥は、ぜひ使い続けていきたいものですね。ホーロー容器との相性も抜群です。

ちゃぶ台を置く

ちゃぶ台を置く

昭和の茶の間を思い起こすちゃぶ台も、和テイスト満載の家具ですよね。落ち着いたトーンの木目は和モダンを目指す方にもおすすめカラーです。


RoomClipユーザーの和を取り入れた空間実例を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ちょっとしたアイテムでも和テイストは存在感がある上に、想像以上に取り入れやすいものです。ぜひ、和を取り入れてみませんか?


RoomClipには、インテリア上級者の「和 インテリア」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ