ルイスポールセンで照明を愉しむ贅沢

ルイスポールセンで照明を愉しむ贅沢

北欧の照明ブランドであるルイスポールセン(Louis Poulsen)。どんなスタイルにも調和するシンプルで洗練されたデザインが愛されています。そんなルイスポールセンの魅力を探りにRoomClipユーザーさんたちのお部屋を見ていきたいと思います。

ルイスポールセンとは

ルイスポールセンは1874年にデンマークで設立された近代照明のルーツと言われるブランドです。1925年、デザイナーで建築家でもあるポール・ヘニングセンとコラボレーションして開発されたPHランプは世界で高い評価を得て、世界に知られるようになりました。

よりスタイリッシュに

カラフルなシェルチェアがチャーミングでモダンなダイニングです。ルイスポールセンのライトがよりスタイリッシュに演出しています。 ルイスポールセンの照明に対する哲学は、機能、快適性、雰囲気の3要素で構成されています。PH5にも確かにその哲学を感じますね。

光の魅力

フロアスタンドライトやウォールランプも併用しメリハリのあるライティングがナチュラルなインテリアを一層癒しの空間にしていますね。 テーブルを明るく照らして、周囲に柔らかな光を放つルイスポールセンは、シェードのデザインもさることながら光も大いに魅力だと改めて気付かされます。

家に帰って夜照明をつけるときが一番ホッとする時間
leaf
確かにホッとするね。あたたかい光に癒される雰囲気(*//艸//)♡
chico

ルイスポールセンの象徴的存在 PH5

PH5はポール・ヘニングセンが1958年にデザインしたペンダントランプです。質の高い光のためにシェードの形状、塗装まで計算されたデザインはルイスポールセンの象徴的存在です。

ミッドセンチュリースタイルに合わせて

イームズチェアやYチェアと合わせるとミッドセンチュリー感がグッとあがりますね。ルイスポールセンPH5がテーブルをしっかり照らし、テーブルを囲む人々に表情を柔らかく見せる光を当てるためには卓上から60cmの位置での吊り下げが最適だそうです。この高さだと視界に入りやすく、インテリアのアクセントとしても存在感が増しますね。

癒されるインテリアに

眩しさも適度にカットされて、見ているだけでほっとするような光を放つルイスポールセンPH5です。木のあたたかみに溢れたお部屋はルイスポールセンの照明で一層くつろげるインテリアになっていますね

50周年記念バージョンPH50

ルイスポールセンPH50は、PH5発売50周年を記念して2008年に発表されたバージョンです。シェード表面はカラフルな光沢塗装となっています。また、LED電球使用時も光に温かみを持たせるためにリフレクターが赤く塗装されています。

カラフルシェードが新鮮

ルイスポールセンPH50はココナッツ・ホワイト、ワサビ・グリーン、ミント・ブルー、チリ・レッド、オリーヴ・ブラックの5色。写真のPH50はワサビ・グリーン。椅子の色とコーディネートされています。ヴィンテージのテーブルクロスの持つ味わいとも調和して雰囲気のあるお部屋ですね。

リフレクターのカラーもアクセントに

ルイスポールセンPH50の赤いリフレクターがチェアと合って、お部屋のアクセントカラーアイテムのひとつになっています。木の優しさと明るいカラーであたたかさを感じる北欧テイストらしい、素敵なお部屋です。

PHスノーボール

ルイスポールセンPHスノーボールは1958年発表、1983年に既製品化されました。世界で最も陰影の美しいペンダントライトのひとつとして知られています。

幻想的な陰影

ルイスポールセンPHスノーボールは美しい陰影が浮かび上がって昼間とは違った表情。柔らかい光を放って主役級の存在感です。左手前のライトはルイスポールセンのコラージュ。レーザーカットされたシェードが美しい影を作ってPHスノーボールとの競演が幻想的ですね。

やっぱり光と影のコントラストが絶妙に美しいですね☆☆☆ 落ち着きますねぇこの空間☆ スーっと眠りに落ちそうですZzz…
K.S.R

もちろん北欧テイストにぴったり

木の家具に花柄モチーフを合わせてあたたかみを感じるインテリアですね。控えめな色味の花柄が落ち着いた大人の雰囲気です。ルイスポールセンのPHスノーボールもバラの形に見えてきます。デンマーク生まれのルイスポールセンは、北欧インテリアとも相性抜群です。

トルボー

ルイスポールセンのトルボーはシンプルで上品なデザイン。場所もテイストも選ばず使えます。下方を重点的に照らし、乳白色のガラスシェードを透過した柔らかな光が上方の空間に広がります。

シンプルフォルムでナチュラルに

無造作に見えるグリーンがナチュラルインテリアに映えてセンスの良さが感じられます。 シンプルなルイスポールセンのトルボーが主張しすぎず、おしゃれに高級感を添えていますね。

複数使いもかっこいい

ルイスポールセンのトルボーは直径155または220mmのサイズがあります。写真は155mmのもの。小ぶりなトルボーは複数並べてもかっこいいですね。光を通すシェードは照明をつけるとトルボーそのものが光になったようです。

ルイスポールセンのショールーム・店舗

ルイスポールセンのショールームは六本木にあります。こちらは展示だけで直営の販売店はありませんが、取扱店(インテリアショップ)はルイスポールセンの公式サイトで確認できます。

ルイスポールセン ショールーム
港区六本木5-17-1 AXISビル3F
http://www.louispoulsen.com

大塚家具 銀座本店
http://www.idc-otsuka.jp/showroom/ginza/

アクタス 青山店
http://aoyama.actus-interior.com/

リビングデザインセンターOZONE
http://www.ozone.co.jp/index.html

ヤマギワ 楽天オンラインストア
http://www.rakuten.ne.jp/gold/e-yamagiwa/


ルイスポールセンはRoomClipユーザーさんのどんなテイストのお部屋にもスタイリッシュに馴染んで、高級感を添えていました。照明をコーディネートすれば同じインテリアもまた違った印象になります。妥協せずに生み出された光に癒される・・・素敵な贅沢だと思いませんか。


RoomClipには、インテリア上級者の「LouisPoulsen ルイスポールセン」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ