新生活にもおすすめ!居心地のよいリビングにするコツ

新生活にもおすすめ!居心地のよいリビングにするコツ

新生活のはじまりは、お家のインテリアを見直す機会にぴったりです。何かと忙しい新生活。居心地のよいリビングで心身ともにくつろぎたいものですよね。そこで今回は、居心地のよいリビングにするためのコツをRoomClipユーザーさんの実例からご紹介します。

部屋をすっきりさせる

すっきり片付いたリビングは気持ちもすっきりするもの。物が少なければお掃除も楽。新しいお友達もお招きしやすくなりますね。また、家具などの色味を揃えるのもお部屋がすっきり見えるコツです。素敵なすっきりリビングをご紹介します。

定期的に断捨離をする

物が少なく、本当にすっきり片付けられている印象の、Maiさんのリビング。引き出しに物を詰め込むことのないよう、定期的に断捨離をしているそうです。物が少なければ片付けるストレスも少なくてすみますね。

物をなるべく減らして心地よく✽✽ ついつい引き出しや 収納スペースに隠しがちなので 定期的に断捨離⍨⃝⁺ 無印のリクライニングソファに 楽天で買ったキルティングカバーかけたら 座り心地が格段にいい!⋆* 側面にゴムをつけて カバーがずり落ちないようにしています。
Mai

ホワイトでまとめる

ホワイトは部屋を広く見せる効果があるので、家具やソファなどをホワイトでまとめると、こんなにすっきり、広々としたリビングになります。テーブルなども白系の木のものを使っていて、インテリアにマッチしています。全体的に、優しく清潔感のある印象のリビングですね。

部屋に置くものを厳選する

センスの良さを感じる、mimi6996さんのリビング。黒のイームズ・チェアと合わせて、子供用チェアやおもちゃなどもモノトーンになっています。鮮やかな色使いが多い子ども用品ですが、インテリアにマッチするよう厳選すれば、大人も子どもも居心地のよいリビングになるのですね。

木の家具を取り入れる

こだわりの家具は見た目も使い勝手もいいもの。天然の木のぬくもりは、あるだけで心がやすらぎます。毎日使うテーブルなどを木製のものにするだけでも、優しい空間ができあがります。お気に入りの家具は、毎日を楽しくするだけでなく、物を大事にする心も芽生えます。

無垢材のテーブルを置く

環境と人に優しい無垢の家具。天然の木だけで作られた家具は、なんとも言えないぬくもりと重厚感がありますね。無垢材のテーブルが素敵なshinshiromurasanさんのリビングは、優しい木のぬくもりがいっぱいです。

ウォールナット家具でナチュラルにまとめる

Makikoさんのリビングは無垢の家具に茶色のソファを合わせ、ブラウン系でまとめています。無垢の家具は年月とともに、いい味がでてくるのも魅力です。優しい日差しがぴったりの、見てるだけで心が安らぐインテリアになっています。

テレビも木材でリメイクする

木材でインテリアをまとめると、黒いテレビが浮いて落ち着かない時がありませんか?hirohiroさんはなんと、テレビのまわりに古材風の板を貼り付けてリメイクされています!周りの家具とも馴染んで素敵ですね。

テレビの枠の色が白っぽくて浮いてたので、暗めにしてちょこっとステンシルしました(*´3`)b これでまわりと馴染んだ
hirohiro

グリーンを取り入れる

居心地のよい空間に欠かせないものといえば、やはりグリーンですね。鮮やかな緑、溢れる生命力。お部屋に爽やかさを添えてくれます。森林浴効果も期待できそうです。可愛いグリーンを素敵にインテリアに取り入れているリビングをご紹介します。

ホワイトインテリアに観葉植物を置く

ホワイトインテリアに観葉植物が映える、haruhinaさんの素敵なリビングです。明るくて、清涼感があります。テーブルを置かないのも開放的で、お部屋を広く使えていいですね。お子さんもワンちゃんもくつろいでいる様子が伝わってきます。

清涼感と開放感があって素敵なお部屋ですね☆
plumeria

サボテンをたくさん並べる

たくさん並べられたサボテンが可愛い、annyoshさんのリビング。大きな観葉植物が置けない場合の参考になりますね。グリーンのソファも素敵です。クッションをたくさん並べて、カフェのようなくつろぎのスペースになっています。

肌触りのよいものを用意する

居心地のよいリビングづくりには、肌触りのよいクッションなどのファブリックやラグを用意してくつろぎたいですね。思わずゴロゴロしたくなってしまうような素敵なリビングをご紹介します。

大きめのクッションを用意する

お気に入りのラグに、大きめのクッションを用意すれば、お昼寝もできそうなくつろぎのスペースになりますね。クッションの柔らかいカラーが、黒のブラインドともマッチしています。学校机なども利用していて、遊び心がありつつ、心が落ち着くインテリアです。

ユニット畳を利用する

日本人の心地のよい空間といえば、やはり畳ではないでしょうか?こちらのkazuoさんのリビングでは無印良品のユニット畳を敷いています。寝っ転がっても快適なようです。見た目も優しく、すっきりした印象です。畳は掃除もしやすいので、小さなお子さんのいるご家庭にもぴったりですね。

リビングのくつろぎスペースは無印良品のユニット畳を12枚敷いてます。いろいろ悩んで畳にしましたが良かったです。快適で寝っころがっても全然痛くないのがイイ♪
kazuo


いかがでしたか?どのリビングも驚くほど、美しく整えられていましたね。居心地のよいリビングの一番のコツは物を少なく、シンプルに、ということのようです。是非、気持ちのよい新生活の参考にしてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者の「居心地のよい部屋,リビング,新生活」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ