お部屋の雰囲気や目的で選ぼう!素敵な「照明」実例

お部屋の雰囲気や目的で選ぼう!素敵な「照明」実例

お部屋の照明には様々な種類がありますが、皆さんはどんなものを使っていますか? リビングや寝室などの場所によっても変わりますし、どういう雰囲気を演出したいのかによっても、最適な照明は違ってくると思います。 今回は、お部屋別に素敵な照明を使わている実例をご紹介したいと思います。

リビング編

リビングは、家族団らんしたり、みんなが集まる場所ですよね。 色んな目的で利用する場所でもあり、インテリアにもこだわっている方も多いのではないでしょうか? まずはじめに、リビングのお洒落な照明の実例をご紹介します!

ダウンライト

こちらのリビングでは、ダウンライトを使われています。 ダウンライトとは、天井に埋め込んで取り付ける小型の照明器具の事で、天井がフラットになってスッキリして見える効果があります。こちらのシンプルな空間にピッタリですね!

フロアスタンド スポットライト

こちらのリビングでは、スポットライトが3つ付いたフロアスタンドを使われています。 スポットライトが個別に点灯出来るので、明るさを調整するのにも便利ですね。 シンプルなデザインなので、どんなお部屋にも合いそうです。

アンティークシャンデリア

こちらはリビングの照明に、シャンデリアを使われています。 カットビーズ がバランスよく使われていてとても綺麗ですね! スタイリッシュなデザインで、カフェ風のリビングにも合っています。

キッチン編

料理をしたり、家族で食事をしたりするキッチンは、リビングの次に利用頻度が高い場所ではないでしょうか? 料理などがしやすく、且つお洒落な空間を演出したいですよね。 次はキッチンのお洒落な照明の実例をご紹介します!

ルイスポールセン ペンダントライト

こちらのキッチンでは、Louis Poulsen(ルイスポールセン)ペンダントライトを使われています。 こちらはシェードに独特のカーブを採用していて、内部の反射板を精巧に組み合わせて、不快な眩しさを感じないように配慮されています。その為、卓上60センチの位置に吊り下げて使用するのがいいそうです。

半円型シェード・ペンダントライト

こちらのキッチンでは、半円型シェードのペンダントライトを使われています。 半円のシェードがとても可愛くて愛嬌のあるデザインですね! シンプルですが、温かみを感じます。

パークフース(ペンダントライト)

こちらのキッチンでは、ルイスポールセンのペンダントライト「Pakhus(パークフース)」を使われています。 とてもシンプルなペンダントライトですが、眩しさを抑えつつ、きらめく光の印象を生み出す構造になっているそうです。

エポカ ペンダントランプ

こちらのキッチンでは、ディクラッセの「Epoca(エポカ) ペンダントランプ」を使われています。 金属のシェードと、ブラックのコードの組み合わせがかっこいい照明ですね! シェード部分は、使っているうちに風合いが変化していくそうです。長期間飽きずに使っていけそうですね。

ガラスのシャボン ペンダントライト

こちらのキッチンでは、ガラスのシャボン玉のようなデザインのペンダントライトを使われています。 かなり個性的なデザインですが、透明感があるのでどんな空間にも合いそうですね。 明るさが必要な場合は、他の間接照明も併用して使用するといいそうです。

寝室編

寝室の照明は、安眠出来るかどうか重要なポイントですよね。 必要以上に明るいと睡眠の妨げになりますので、眠る時は間接照明を活用するといいようです。 最後に、寝室のお洒落な照明の実例をご紹介します!

ブラケットライト

こちらの寝室では、ブラケットライトを使われています。 ベッドの傍にオレンジ色の温かみのある照明があり、快適な睡眠を取ることが出来そうですね。

ランタン コンセント型

こちらの寝室では、ベッドの枕の上にランタンの形をしたライトを置かれていました。 小さくて可愛いですね!ホワイトが多い空間にいいアクセントになっています。 ベッドサイドにはアロマキャンドルもあり、癒しの空間になっていますね。


いかがでしたでしょうか? 個性的なデザインの照明を使われている方も多くいらっしゃいました。 お部屋の雰囲気に合うように、今までの照明を新しく変えてみるのもいいですよね!


RoomClipには、インテリア上級者の「デザイン照明」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ