誰に見られても大丈夫!扉の中まで見せられるスッキリ収納 by m_m_homeさん

誰に見られても大丈夫!扉の中まで見せられるスッキリ収納 by m_m_homeさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、モノトーンを基調にしたインテリアでシンプルライフを実現されているm_m_homeさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

「小さな子供がいてもできる simple life を」をコンセプトに、見せられる収納とリセットできる家造りを発信中♡

収納も家づくりのひとつ。

収納物は扉や引き出しの中に片づけられ、スッキリとしたお部屋を保たれているm_m_homeさん。収納グッズは、すべて白と黒で揃えられており、扉を開けても気持ちいい統一感とスッキリさを感じます。

m_m_homeさん

「自分や家族が快適に過ごせる家づくりの一部。扉を開けた時にも中身が整理されていると探し物をする時間も減りますし、見た目がスッキリしていると気持ちが良くモチベーションも上がります。また、しまう場所が決まっていればどんなに部屋が汚れてもすぐに綺麗な部屋に戻す事ができると思っています。
写真はリビングにある収納棚です。1番はじめに手を出し1番気にしている収納です。」

快適に過ごせるよう、スッキリと気持ちの良い収納を心がけているのですね。今回m_m_homeさんが教えてくださるのは、「扉の中まで見せられる家づくり」のコツです!扉を開けても恥ずかしくない、そんな家づくりのヒントにもなりそうです。

扉の中まで見せられる家づくり3つのコツ

その1 収納用品は統一する

m_m_homeさん

「見た目をスッキリとさせる為にもひとつの引き出しや列だけでも同じケースで揃えたり、色の系統を統一させると良いと思います。自分だけが分かる収納ではなく、家族にもわかってもらう為に、中身が何か分からなくならないようラベルを貼るのは必須です。」

その2 全てのモノに帰る場所を決める

m_m_homeさん

「例えばTVのリモコンでも、ボールペンでもオモチャでも「全てのモノ」に帰る場所=定位置を決めることが大事だと思っています。帰る場所が全て決まっていたらどれだけ汚くなってもリセットして綺麗なお部屋に戻す事ができると思っています。」

その3 80%収納を心掛ける

m_m_homeさん

「収納する際にはモノにもケースにもきっちりすぎずゆとりのある収納にするようにしています。その方が取り出しやすくしまいやすいからです。また、急なモノの対応にもなるので、何も入っていないケースが多少ならあって良いと思っています。」

オススメの収納アイテム

ITEMDAISOの蓋付きボックス
PRICE108円

中身がどれだけ細かくてもカラフルでも見た目が一気にスッキリとします。お値段も安く丸洗いでき、更に重ねる事ができるので、我が家では何個も使っているお気に入りの収納容器です。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

m_m_homeさん

「私も元々はこんなに収納に興味はなく、お片付けも本当に苦手でした。でも収納はやればやるだけ自分もスキルアップしますし、家族にとっても良いことだらけです。探しモノにかける時間ほど無駄な時間はありません。まずは鞄の中身から、財布の中身からだけでも良いので収納を見直してみてほしいです。きっと今より使いやすくなるはずです。」

「統一感」と「帰る場所」が鍵☆

「どんなに汚れた部屋でも、綺麗な部屋に戻すことができる」元々、片づけが苦手だったというm_m_homeさんが言うからこそ、説得力を感じる言葉です。そのためには、収納物の統一、物の帰る場所を決める、余裕を持った収納が大切ということでした。まずは、できるところから手を加えていきたいですね♪部屋だけでなく、扉の向こう側までスッキリとした家づくりをはじめてみませんか?


m_m_homeさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ