ボンド接着だけでOK♪yu-rinさん流、お手軽『木製ミニ野菜ストッカー』の作り方 [連載: 10分でできる100均リメイク]

ボンド接着だけでOK♪yu-rinさん流、お手軽『木製ミニ野菜ストッカー』の作り方 [連載: 10分でできる100均リメイク]

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

コスパ◎なDIYで遊び心と機能性をプラスしながら、シンプルな住まいづくりをされているyu-rinさん。今回はそんなyu-rinさんに、ちょっとしたスペースに収まる、すのこで作る『ミニ野菜ストッカー』のアイデアを教えていただきました。100均アイテムをボンドで接着するだけでできてしまうので、とっても手軽に作れるんです♪

教えてくれた人

新築2年目になります。 12歳と1歳の、歳の差兄弟の子育てに追われながらも、お金をかけずに自分好みの物ができるDIYにハマり中です(,,- -,,) シンプルな空間に遊び心をプラスしながら楽しんでます-

必要なもの

所要時間

3分

購入する材料 計5アイテム 540円(税込)

  • 桐すのこ(450㎜×200㎜)2枚
    【Seria(セリア) 売場:DIY材(すのこ、工具、フック等)】
  • 木製ボックス(225㎜×168㎜)3コ
    【Seria(セリア) 売場:収納】

必要な道具

  • 木工用ボンド

つくりかた

STEP1

まず、すのこを1枚裏返して床に置きます。 すのこと木製ボックスの接着面にボンドを塗り、貼り付けてください。

STEP2

2枚目のすのこの接着面にもボンドを塗り、STEP1のすのこの対面に上から貼り付けます。

STEP3

ボンドが乾く前に立ててみて、グラつきがないかなどの微調整をしてください。バランスよく収まっているなら、 そのまま乾かして完成です!

簡単3stepで、オシャレなストッカーをさっそくGET

カントリーや、シャビーシック、アメリカンビンテージ、カリフォルニアスタイル、そんなテイストのインテリアにしっくり馴染みそうな、オシャレなストッカーがたった3stepしかも、ボンドでくっつけるだけで完成してしまうんですね!見た目には、簡単に手作りしたように見えないのも高ポイント。木製ボックスやすのこを組み合わせているので、野菜ストッカーに大切な通気性もクリアできています。

今回、yu-rinさんは全体の統一感を持たせるために、ボックスとすのこの素材を『桐』で合わせたそうです。素材を合わせることで、塗装などの加工をしなくても様になる仕上がりになるんですね。もちろん、装飾や塗装、スタンプを加えて暮らしのスタイルに合わせるのも◎。野菜ストッカー以外にも、ちょっとした収納棚としても活用できるアイデアですので、ぜひ挑戦してみてください。

ワンポイントアドバイス

  • グラつきが出ないよう、ボンドが乾く前にこまめに位置調整してください。
  • 黒板塗料で塗装して、野菜の名前など見出しを手書きするのもおすすめです。

yu-rinさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

みなさんの投稿をお待ちしております♪

本連載に連動して、ただいまイベントを開催中です。みなさんが試された10分でできる100均リメイクをぜひ投稿してください!

■■■■■■!以下3点ご確認ください!■■■■■■

  • 10分以内でつくれるもの(乾かす時間等、何もしない時間はのぞく)
  • 工具や塗料は初心者が持っていそうなもののみ
    →持っていなさそうなものは、100均でも購入できる工具・塗料であればOK
  • 執筆時点で材料がすべて購入できそうなもの
お待ちしております♪

関連記事

RoomClipの関連タグ