「好き」を見せて気分上々♪実用性も兼ね備えた馴染み収納 by makishimakishimaさん

「好き」を見せて気分上々♪実用性も兼ね備えた馴染み収納 by makishimakishimaさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、淡い色を上手に取り入れながら、スッキリ&シンプルな北欧スタイルを作り上げているmakishimakishimaさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

家を建てて1年。1歳と3歳の2人の子供と夫、私の4人家族。 子供がいてもスッキリシンプルな暮らしを目指しています。

インテリアに邪魔にならない収納

物が片付きスッキリとしたスペースと、こだわり雑貨を楽しむように飾っている見せる収納スペース両方が存在するmakishimakishimaさん宅のお部屋。その両スペースがバランスよくかみ合いながら、心地いい暮らしの空間が作られています。

makishimakishimaさん

「スッキリ見せることを基本に、見せると隠すのバランスを取りながら、インテリアとしても邪魔にならない収納の仕方を心がけています。」

なるほど、見せる収納と隠す収納のバランスを計算されていたのですね。makishimakishimaさんの見せる収納は、北欧食器やナチュラル素材のもので統一されています。インテリアへの影響を考えたディスプレイ収納も参考にしたいところです。今回makishimakishimaさんには「見た目良く収納を整えるコツ」をご紹介いただきます。早速見ていきましょう!

見た目良く収納を整える3つのコツ

その1 お気に入りのものは飾る

makishimakishimaさん

「スッキリさせたいけど、お気に入りのモノも飾りたい。飾りすぎてもガチャガチャして見えてしまうので、飾り方のバランスも考えながら、見せる収納も楽しみます! キッチン、リビング、キッズスペース全てにおいてそうしています。」

その2 頻繁に使うものは手の届くところに収納する

makishimakishimaさん

「普段よく使うものは、やっぱりすぐ手の届くところに置いておきたいので、しまい込まずにカウンターの下に収納ケースを置いて、ティッシュやリモコン類などその辺に置きがちになってしまうものを収納しています。中身が見えないボックスを選べば、インテリアにも邪魔になりません。 また、子供の食べ残した細々としたお菓子やコースターなど、一時的における空ボックスを置いています。そうすれば、テーブルの上にモノが散乱することもなくなります。」

その3 収納ケースやボックスはなるべく同じ色、同じ形で揃える

makishimakishimaさん

「収納全てにおいて、なるべく同じ形や同じ色のモノで揃えるようにしています。扉を開けた時も揃っていれば、スッキリキレイに見えます。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印良品のポリプロピレンファイルボックス
PRICE700〜1000円

様々な使い方が出来る万能な収納ボックスで、我が家にはなくてはならない存在になっています。見た目もこれで揃えるだけで、すごくスッキリ見えます!

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

makishimakishimaさん

まずは同じ色、同じ形の収納ケースを揃える所から始めてみるといいかもしれません。 私も以前はどうしても色々な色や形が欲しくなってしまって、少しずつ違う形に違う色を使っていたりもしましたが、結局見た目もスッキリ見えない…というパターンでした。そこをグッとこらえて白で統一する、同系色にするなど…するだけで、見た目が一気にスッキリすると思います。 あまり細かく分類し過ぎると疲れてしまうので、大まかなザックリ収納でもケースが揃っているだけで、収納上手に見えると思います!

「好き」と「実用性」を大切に。快適に過ごせる暮らしを

お気に入りの物が目に見える暮らしは、とても心地いいし、機嫌よくいられるもの。makishimakishimaさんはすべての部屋において、バランスを考えた見せる収納を楽しまれていました。その上、使い勝手だって妥協はしません。部屋に馴染む収納BOXを利用し、手の届く距離に物を置いておく実用的な収納法も実践されていましたね。暮らしが豊かになる収納とは、まさにこのこと。皆さんもスッキリバランスに配慮しながら、趣味を楽しみ、実用性をも兼ね備えた収納を目指してみませんか?


makishimakishimaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ