シンプルな暮らしをするための、ものを増やさないコツ

シンプルな暮らしをするための、ものを増やさないコツ

家の中にある、今の生活に必要のないものを断捨離して、すっきりした生活をしたいと思っているユーザーさんがたくさんいらっしゃると思います。断捨離したあとに、またものを増やしてしまっては意味がありませんので、今回は断捨離後にものを増やさないためのコツをご紹介します。

ものの場所を決める

片付けの基本でもありますが、断捨離して残ったものの場所をきちんと決めてあげることは、ものを増やさないための第一歩でもあります。ものの場所が決まっていれば、それ以上のものは収納できませんから、もし何か買うのであれば、今ある何かを捨てて場所を作る以外に方法はありません。

消耗品もきちんと場所わけ

ついつい重ねて収納しがちなキッチンの消耗品は、このように立ててきちんと場所を決めておけば、うっかり同じものを買ってしまうこともありません。ユーザーさんのように使うシーンごとにわけておけば、使うときも探しやすいですね。

開けるたびにワクワクしてしまいそうな整然とした綺麗さ♡ 見習いたいです!
koko

お皿は立てると取り出しやすさも○

一般的に重ねて収納するお皿は、まだ重ねられるからと買い足しがち。しかしこちらのユーザーさんのように立てて収納すれば、決まった枚数だけに保ちやすいです。また立てることで、どのお皿も取り出しやすくなっています。

衣類は種類別に

新しいものが出ると買ってしまいたくなる衣類も、種類別にしまう場所を決めておいて、そこにおさまる量を保つよう気をつけていれば、すっきりした状態をキープできます。ユーザーさんのような吊るし式の布製の収納は、中身が見えるので、よりきれいにしておこうという気持ちになりますね。

カトラリーは必要最小限で

セットで売られていることも多いカトラリーは、こちらのユーザーさんのように思い切って必要最小限にしてしまっても、問題はありません。このように場所を決めておいて、必要になればそのつど買い足していくほうが、すっきりしたままでいられます。

ものの量を把握しやすい状態にする

ものの場所を決めたら、次はそれらの量を把握しやすいように収納することがポイントです。重なっていたり、中身が見えない箱などに入れていたりすると、残量を確認するのも億劫になってしまいます。

パッケージから出す

つい買ったときのパッケージのまま収納しがちなものも、出しておくだけで残量を把握しやすくなります。ユーザーさんのようにかごなどを使って、種類別にわけ、重ならないようにしておくと、より見やすいですね。

キッチンボードの2段目は スープ&ティーコーナーにしました(*^^*) 100均のケースがスープを入れるのにぴったりで、すっきりしました♪
yuri

中身だけにする

こちらはパッケージどころか、中身だけをガラス瓶に入れて収納されています。ガラス瓶を使って中身が見えるようになっていることで、残量の確認も一目瞭然です。これなら、使いかけがあるのを忘れて新しい袋を開けてしまうといったこともありません。

今日はコンロ下収納を見直し! フレッシュロックのラベリング、今までマステに手書きでしたが定位置が決まったので、ピータッチでラベルを作りました。開けてニヤニヤ( *´艸`)
papico

空でもそのまま収納

同サイズのタッパーを使った、とてもすっきり見やすい冷凍庫収納です。袋に入れて収納すると、中身のでこぼこできちっと収納できませんが、この方法ならぴちっと収納できます。空のタッパーもそのまま入れておけば、タッパー同士が崩れることも、ほかの余分な食材を買うこともありません。

見えないところに収納しておく

最後にご紹介するのは、ユーザーさんたちのすっきり保たれたお部屋です。見ていただければわかるのですが、どのお部屋もシンプルで、ぱっと目に付くところにものがありません。すっきりした部屋を保つコツは、見えないところに収納しておく、ということなんですね。

korenankoreさんのお部屋

モノトーンでまとめられた、シンプルなお部屋です。見えるところにあるものも、白いアイテムを選ぶことで、モノトーンの部屋に同化し、そこにあっても目立ちません。どうしても見えるところに置かざるをえないときは、こうすればよいのですね。

monochrome01さんのお部屋

モノトーンを基調にした、モダンなお部屋です。コンロ前に壁がなく、ガラスになっているのも、お部屋がよりすっきり見えますね。見えるところにものがないので、リビングに見えがちな生活感もなくしています。

tuuliさんのお部屋

モノトーンを基調として、植物を取り入れたおしゃれなお部屋です。こちらのユーザーさんは雑貨を置かれていますが、お部屋の色味にあったアイテムなので、ごちゃっとした感じを受けません。インテリア雑貨を置きたいときは、このようにすればすっきり見えるのですね。


ものを増やさずすっきりした状態を保つコツは、言葉にしてみると意外と簡単で、すぐにでも挑戦しやすそうなことばかりですね。みなさんもユーザーさんのアイデアを参考に、ものを増やさないコツを実践してみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「収納 ものを持たない」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ