自分に正直に。頑張らないスッキリ収納術 by chapiさん

自分に正直に。頑張らないスッキリ収納術 by chapiさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、明るく開放的な空間が印象的なシンプル&ナチュラルインテリアにお住いのchapiさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

夫と私と幼稚園児の男の子2人の4人家族です。 最近仕事を始めて、正直時間にも気持ちにも余裕がありませんが、余裕が無いからこそのずぼら収納でどうにか乗り切っています。

たどり着いたのは『ほどほどに』収納

ものは統一感のある収納棚にスッキリと片付き、広く開放的な生活空間を実現されているchapiさん。ところどころ、表に出ている生活雑貨もどこか温かみを感じるデザインのものばかりで、chapiさん宅のナチュラルインテリアにしっくりと馴染んでいます。

chapiさん

「ミニマリストなる言葉が流行している昨今、もちろん私も興味を持ちました。 とにかくシンプルな暮らしがしたいと断捨離をして、できる限りのものを見えない場所にしまいこみました。 でも私達家族には不向きだったんです。 しまいこんだ物を忘れ去り、飲まなきゃいけない薬を飲み忘れ……。 結局たどり着いたのは『ほどほどに』収納でした。 頻繁に使う物はざっくりしまって手の届くところにって決めたのです。」

なるほど、ライフスタイルに合った『ほどほどに』という収納法を選び、実践されているのですね。確かに、chapiさん宅は優しいナチュラルインテリアが生きるような、程よい生活感ある見せる収納も魅力的です。そして、今回chapiさんが教えてくださる収納のコツは「頑張らなくてもスッキリ見える収納法」です。頑張らずに続けやすい収納方法、早速見ていきましょう。

頑張らなくてもスッキリ見える収納3つのコツ

その1 シワになっても平気な物は畳まない

chapiさん

「毎日使うパジャマや下着類は、お風呂から出てすぐ目の前の棚に収納しています。 シワになっても平気なものなので、畳まずにぽんぽん入れておくだけです。 これだと子どもも積極的にお手伝いしてくれるし、何より超時短になります。」

その2 隙間は収納しないで空けておく

chapiさん

「ソファの下などは恰好の隙間収納場所ですが、我が家はあえて空けておきます。 その方が間違いなく掃除がしやすいですし、このちょっとの空間が有るか無いかで見た目のスッキリ感がぜんぜん違います。 収納場所はあちこちに作るより、ある程度まとめた方が良いかなと思います。」

その3 素材や色を揃える

chapiさん

「私はカラーセンスに自信がないので、あえて冒険はせずにとにかく収納ボックスなどの素材や色をそろえる事にしています。 こうしておくと、形が違う収納ボックスでも統一感が出てスッキリ見えます。 収納ボックスを買い足したい時も、ターゲットがしぼりやすいです。」

オススメの収納アイテム

ITEMニトリのウッドシェルフ
PRICE4,000円

結構重いラタンボックスを沢山置いても平気なので、大雑把な我が家にはピッタリです。 そしてやはり見た目がおしゃれ。 次は、ウォークインクローゼット用に買って洋服を取り出しやすいようにオープン収納しようと思っています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

chapiさん

私も苦手です。 家族も自分もわかりやすく、さらに蓋を開けても綺麗に…なんて私の性格上無理ですし、やんちゃ盛りの男の子2人がいるのでいちいち神経質にもなってられないし。 でも、 家族みんなが守れるルールって何かな。 家族の誰が見ても見つけられる収納の仕方って何かな。 って考えたらおのずと見えてくるのかなと思います。 身の丈に合った収納、それが一番だと思います。 我が家の場合は頑張らない、強要しない、続けていける、それが収納の条件でした。 あとはひたすらRoomClipの皆様の素晴らしい収納を眺めてうっとりするのみです!

憧れの収納=自分にマッチした収納ではないということ。

快適な暮らしに直結する収納を「頑張らない」と位置づけるchapiさん。憧れだった収納=自分にマッチする収納ではなかったことをきっかけに、自分の苦手分野に素直になり、家族にも強要しない。そんなチカラを抜いた考え方が、続けていける収納につながっていました。収納好循環の始まりです!chapiさんの教えてくれた3つのコツ、簡単に実践できるものばかりでしたね。皆さんも試してみてはいかがですか?


chapiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ