「北欧の彩りと、使いやすさへのこだわりで生み出す快適」憧れのキッチン vol.112 a_tankoさん

「北欧の彩りと、使いやすさへのこだわりで生み出す快適」憧れのキッチン vol.112 a_tankoさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、爽やかな北欧ナチュラルインテリアで暮らしをコーディネートされている、a_tankoさんのキッチンをご紹介します。時の流れをゆったりと感じさせてくれる、明るく優しい空間です。

夫と3歳の娘と3人で暮らしています。 去年の6月に新築を建ててから夫婦で植物を育てることにはまりました。それから、どんどん増え続け、グリーンに囲まれた生活をしています。 趣味は編み物や数独など時間を忘れ集中できることが好きです。

北欧ファブリックに囲まれた、明るくシンプルな空間

a_tankoさんのキッチンは、白を基調としたナチュラルなテイストでまとめられています。テイストと窓からの光が重なり合い、植物たちが生き生きと空間を彩っているのが印象的です。まずは、キッチンづくりのコンセプトやお気に入りのポイントなどからお伺いしていきたいと思います。

a_tankoさん

「日当たりが良く明るいところが気に入っています。たくさんのグリーンと優しい雰囲気の北欧ファブリックに囲まれた、シンプルでナチュラルな空間が目標です。 毎日の繰り返しが楽になるよう、程よく手元が隠せて掃除がしやすい、オープンになり過ぎないキッチンにしました。」

ナチュラルに家族が過ごせる動線の良いキッチン

吹き抜けのリビング、そしてその奥にあるグリーンで彩られた白い壁。a_tankoさんのキッチンは、意図する通り、正面から見ると程よく生活感がオフされていて、インテリアの一部のようにLDK全体になじんでいます。また、ペニンシュラタイプなので他の空間との連携が取りやすいという魅力もあります。さらに、キッチンと並行ではなく、ダイニング側に長く伸びた背面収納も特徴的です。これなら、料理の支度をしながら、家族に食卓の準備を整えてもらうのもスムーズにいきそう。ここからは、爽やかにナチュラルを楽しむa_tankoさん流のキッチンづくりに、さらに詳しく迫ります。自分にとって本当に使いやすいキッチンの形を知りたい、どんなところに気を付ければいいのか知りたい、という方も是非参考にしてみてください。

キーワード1 光×グリーン×ファブリックでつくる、明るい北欧ナチュラル

a_tankoさん

「背の低い私は、背面に吊り戸棚を付けず、代わりに小窓をつけてもらいました。それにより、圧迫感も暗さもない、心地よく明るいキッチンが実現しました。 日当たりの良い窓辺でハーブや挿し芽を育てたり、窓上の飾り棚にファブリックパネルを並べて北欧の雰囲気を楽しんでいます。腰壁のレンガ風の壁紙はグリーンがよく映えるので、リースや垂れ下がる植物を飾っています。」

キーワード2 家族で使える、ゆとりある家事動線

a_tankoさん

「食器棚がダイニングに寄っていて、キッチンの真後ろが壁になっているわが家。使い勝手を不安に思いましたが、食洗機と食器棚の扉を全開にしていても、ぶつからず作業できるなど、良いことがたくさんありました。料理中の私と、取り皿やお箸を出してダイニングに並べてくれる娘、冷蔵庫からビールを出す夫と、家族3人の動線が被りません。」

キーワード3 キレイがずっと続くキッチン

a_tankoさん

「掃除のことを考えて、フラットなIHとシンク前にキッチンパネルの壁を付けました。また、換気扇は私の手が届く165cmまで下げてもらいました。 私にとっての使いやすさとは。『掃除のしやすさ』です。なので、調味料やツールは全部引き出しにしまい、簡単な拭き掃除でキレイを保てるようにしています。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

a_tankoさん

「写真を撮って、自分のキッチンを客観視してみるのも良いと思います。私自身、RoomClipに投稿するようになり、バランスや物の見え方など気にするようになりました。」

まとめ: 心地よく使えるキッチンは、自分と家族の動きを知ると見えてくる

身長、性格、癖、人それぞれです。だからこそ、使いやすさや心地よさも人それぞれ。a_tankoさんは、自分にとってどうすれば動きやすいのかを丁寧に考え、キッチンをつくられていました。特に、使いづらいと感じる吊戸棚を窓にすることで、明るさと大好きなグリーンを楽しみやすい環境を手に入れているのが印象的です。ナチュラルなインテリアや北欧ファブリックのムードも、陽の光がたっぷり入ると一層、引き立ちますね。

そして、掃除のしやすさを考えたディティールへの気配りも「なるほど!」と思うものばかりです。換気扇の高さ、フラットなIH、手元をオフする工夫、キッチンをつくる段階でこうしたポイントに注意しておくことで、持続する快適を生み出すことができます。注文住宅を検討している方やリノベーションを予定している方は、a_tankoさんのキッチンをヒントに、自分にとってのベストなカタチを探ってみてはいかがでしょうか。


a_tankoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ