目指せ収納美人!押入れ・クローゼット収納3つのポイント

目指せ収納美人!押入れ・クローゼット収納3つのポイント

整理整頓された押入れ・クローゼットは使い勝手もよく、見た目もすっきり。でも、いつの間にか服が出しっぱなしになっていたり、小物が散乱してきたり……なんてことはありませんか?それは収納力が足りていない証拠です。そこで今回はすっきり美しい押入れ・クローゼットにする3つのポイントをご紹介します。

収納力を高める

押入れやクローゼットはたくさん入るからと、つい溜め込んでいませんか?収納力をアップするコツは空間の有効利用。そもそも押入れやクローゼットは広い空間に間仕切りが少ないから、小さいものを入れるとゴチャゴチャしてしまうんですよね。それなら収納用品を増やして、物を定位置にしまう習慣を身に付ければ解決します!

収納用品を増やす

KMNNさんはリビングクローゼット内に収納用品をフル活用して、スペースをうまく使っています。白でピシッと統一された空間も美しい!また、クローゼット内にカゴを置いてパジャマ置きにし、お子さまが自分で片付けられるよう工夫されています。収納美人に近づくためには「片づけやすさ」もポイントです。

引き出しやボックス内はザックリ収納だけど、白の力のおかげでスッキリ見えます(*´艸`*) 右側の引き出し収納の上にニトリのカゴを置いてパジャマ入れにしました。 朝→リビングに置いてパジャマを入れる。 昼→そのままクローゼットにしまう。 夜→パジャマが入った状態に下着をたして、そのまま脱衣所へ と言う流れを作りたくて実践中^ ^
KMNN

収納ケースを利用する

クローゼットの下段には収納ケースを置くのが◎。色を統一すればまとまり感がうまれ、すっきりとした印象になります。また、「必要以上の服を置かない」というのも収納美人への第一歩。rimi_rinkoさんはこのクローゼットに入っている服がすべてだそうです。

私の服はこれで全部です。収納ケースには、季節物や靴下、帽子や鞄などを収納しています。今着たい服を着る。そうすることで、服が少なくてすみます。
rimi_rinko

可動式の収納も便利

奥行きのある押入れには、キャスターが付いている可動式の収納用品を活用するのも便利です。引っぱり出せば奥のものも簡単に取り出せますね。kaoriさんは山善のキャスター付き収納ラックをリメイクして見せる収納にしています。お子さんのおもちゃ入れにしているそうです。お片付けもしやすそうです。

奥にカラフルおもちゃやぬいぐるみを収納して、見える手間側にはクラフト袋や手作りおもちゃ持ってきたので、カーテンをあけていても大丈夫かなと。。
kaori

ラベリング

収納用品にラベリングすることで、どこに何が入っているのかを一目で把握することができます。また「ここにはコレしか入れない!」という意識が働き、片付け上手にもなります。こちらのラベルはエクセルを使ってYurikaさんがご自分で作ったそうです。文字だけでなく絵を入れることで、見やすさがアップします。

すっきり見せる

収納力はもちろんですが、オシャレさんにとっては見た目も重視したいところ。美しく整理された押入れ・クローゼットは気持ちがいいですよね。収納用品をそろえたり、服の丈をそろえたりと、まとまりのある収納を意識してみましょう。

色を統一する

収納用品の色を統一すると、まとまりのある空間に。一番使いやすい色といえば白でしょう。すっきりとした印象にしてくれます。白い収納用品はインテリアショップでもよく見かけるし、集めやすさも◎。こちらは白を基調に黒のスパイスを効かせたモノトーンの収納コーナー。これだけ整理整頓されていると気持ちがいいですね!

ハンガーはそろえる

ハンガーは種類も多く、形・大きさ・素材もさまざま。衣類に合わせてハンガーを選べば見た目が美しくなるだけでなく、収納力も上がります。asamiさんはハンガーを白で統一しています。色物衣類もハンガーの効果ですっきり見えます。収納用品も白でまとめて、清潔感のあるクローゼットです。

お店のように並べるのもアリ

まるでショップのディスプレイのようなクローゼットです。あえて扉は付けずに、平置きしています。どこに何があるのか見やすいので、ユーザーさんは眺めながらコーディネートを考えているそうです。見せる収納にして、整った空間を保つのも手ですね。

小物の収納を工夫する

服だけでなく帽子やバッグ、ネクタイなどの小物を押入れやクローゼットに収納する方も多いのではないでしょうか。平置きするとスペースが確保しづらく、取り出しにくい収納に……。それもちょっとした工夫で解決しますよ。

帽子は吊るす

帽子好きさんは、たくさんあるハットやキャップなどの収納に困っていませんか?重ねて収納すると下の帽子が取りにくいですよね。こちらのユーザーさんのように帽子を吊るすというアイデアだと、見やすいし使うときにも取りやすいですよ!つっぱり棒にS字フックをかけただけの簡単収納スペースのできあがりです。

帽子とリュックが好きでたくさんあるので、突っ張り棒にS字フックで掛けています。帽子はまだまだ増やせそう♪
OtO

バッグも吊るすという選択

何個でも持っていたいバッグ。カチっと立つものはいいのですが、柔らかく自力では立たないバッグもありますよね。それも「吊るす」ことで解決します!こちらのS字フックは、無印良品の横ブレしにくいタイプを使用しているそうです。

ここは何も無いただの可動棚で、どうにか床に直置きせずに収納できないか、と考えて100均の突っ張り棒を渡してるだけなんです。 だから直径は、一般的な100均の突っ張り棒ですね、1cmちょっとかな? 無印の横ブレしないシリーズ、またフックは色々な大きさがあって便利ですよ! だから自立しないカバンの収納などにも、いいかと思います♡
yuka.home

ネクタイを丸めてディスプレイのように

ネクタイの収納といえば吊り下げるものをイメージしますが、ショップのようにディスプレイしてみてはいかがでしょうか?こちらのユーザーさんは、無印良品のコレクションボックスにネクタイをくるくる丸めて収納しています。ネクタイを選ぶのもワクワクしそうな、遊び心のある収納ですね。


いかがでしたでしょうか?収納ケースを上手く使ったり、色を統一してすっきり見せたりと、どれも真似したいアイデアばかりでした。整理整頓された気持ちのいい押入れ・クローゼットで、収納美人を目指しましょう!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「収納 押入れ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ