部屋を彩るインテリアに!魅せられる食器オープン収納

部屋を彩るインテリアに!魅せられる食器オープン収納

食器のオープン収納は、すぐ手が届く使い勝手の良さだけではなく、見ていても楽しめる収納方法です。RoomClipユーザーさんもどんどん取り入れられているので、気になっている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は食器のオープン収納に注目して、さまざまな実例からアイデアやヒントをいただいちゃいましょう♪

インテリアとして楽しむ

キッチンを彩る雑貨のように、インテリアとして大きな役割を持っているオープン収納。実用性もありながら、並ぶ食器や配置にユーザーさんのセンスがキラリ☆さまざまなテイストのキッチンを集めてみました。どのお宅も必見ですよ。

背景とともに楽しむ芸術空間

まずは、まるでギャラリーのよう!と声が寄せられているmarumaruさんのキッチンから。こちらでのオープン棚は、シンク前に吊り下げられています。圧迫感のないデザインの棚に、こだわりを感じるアイテムが美術品のように並んでいます。コンロ側のモザイクタイルを背景にする眺めは、きっと格別ですね。

収納方法と色づかいに遊び心を

遊び心ある色づかいは、心にも良い刺激を与えてくれそう。ryuapigさんのキッチンは、まさにそんなワクワクを感じませんか?特にバラエティー豊かな食器が並ぶオープン棚は、雑貨屋さんにいるような気分に。たくさんの装飾があっても、ピカピカのステンレスの存在感で清潔感あるキッチンです。

モノトーン空間に、ほんのり生活感を

海外風インテリアを楽しまれているchiiiii0808さん。白でそろえたオープン棚も、サブウェイタイル風壁紙でぼやけず洗練された雰囲気に。白を主体とし、表情を出すセンスはさすがです。それにシンク横に続くワークトップは、なんとカラーボックスを使ってつくられたんだとか!今後の変化にも目が離せません。

カゴ×木でぬくもりあるキッチンに

見せると隠すを使い分けているnekomusumeさんのオープン棚には、お気に入りだけをディスプレイされているそう。棚はゆったりと3段設置され、それぞれ違ったカゴがこなれ感を出しています。自然素材の風合い×木のぬくもりで、あたたかみのあるキッチンです。

もちろん全部見せてる訳ではなくて、ちゃんと見せなくないものは隠してます! お気に入りだけディスプレイ感覚で見せてます(`・ω・´)
nekomusume

発想の転換でつくるオープン収納

ここでは食器が並ぶ棚そのものを見ていきましょう。食器収納としては個性的でも、インテリアを盛り上げてくれることもあるようです。なかなか思う物が見つからない!と諦め気味なときは、一度頭をリセットしてユーザーさんの実例で刺激を受けてみませんか?ピッタリなアイデアが見つかるかもしれませんよ。

ワードローブを使って、スタイリッシュに

食器棚以外のキッチン家電類も、パントリー内に設置されているsoraniwaさん。一見シンプルな棚は、よく見るとガラスつきの引き出し。本来はワードローブのIKEAのPAXシリーズで、見せつつも万が一を考えて引き出しを選ばれたそうです。木材の優しい色味とガラスのツヤ感でスッキリシャープな印象に。

本当はこれ食器棚じゃなくてIKEAのPAXというシリーズのワードローブなんです☺︎ 扉を付けずオープンにして使ってます。 でも奥行きが60cm弱あるので収納力は抜群♪ 宮城で震災にあってから食器は全て引き出しにと決めています。 食器が探しやすいように全面はガラスにして見せる収納にしています。1番下は保存容器などを入れるのでガラスじゃなくて見えない木にしました。
soraniwa

北欧ヴィンテージ家具でセンス良く

yunさんはご自身の本当の好みや暮らしとの相性を考え、潔く断捨離をされたそうです。愛着が込められた食器が並ぶ棚は、北欧ヴィンテージ家具の本棚。ヴィンテージ家具は、たとえ生活感のある物でも置くだけでサマになる気がしませんか?並べる物だけではなく、家具にもこだわってみたくなりますね。

パントリーを食器収納に

こちらはオープン棚ですが、Aistyleさんはパントリーを食器収納に使われています。棚自体を別空間に設置することで、実用性を保ちつつ隠したいという希望も叶えられますね。POPなオレンジパントリーは、家事をするエネルギーもくれそうです。

暮らしに馴染むということ

自分ではなかなか自信を持てない見せる収納。どうすればシックリくるのかと、試行錯誤することもありますよね。ここでは単なる食器収納としてではなく、空間にも暮らしにも見事にマッチした、オープン収納を集めました。見ているだけで、そこでの暮らしを思い浮かべてしまいますよ。

心から愛されている食器棚

いくつかのジャンルを経て、古民家系に落ち着かれたというnoroさん。和食器を並べるために、食器棚をつくられたそうです。こまめな掃除は必要とのことですが、その日使う器を選ぶことも楽しみなんだとか。掃除も苦にならないほどの愛着が、このホッコリとした雰囲気をつくりだしているようです。

クールさを緩和させる自然素材

背面の扉を開けると、無印良品のステンレスシェルフが広がるHito-95さんのキッチン。一点一点こだわり抜かれた物が集まったシェルフは、アトリエのよう。白とシルバーを基調としながらも、カゴや木などの自然素材を取り入れることで、クールなだけで終わらない表情豊かなキッチンに。

壁紙との組み合わせを楽しむ

-macco-さんの食器棚は、スチールと木の組み合わせがカッコイイデザイン。オープン収納にすることで、レンガ風壁紙の立体感や陰影も、倍に楽しめるのではないでしょうか。全体的にシンプルな食器でそろえることで、壁紙の個性も壊さず互いに尊重し合っているかのようです。

好きな物だけを並べて

窓際に設置するオープン収納は、自然光で変化する色や透明感にウットリしてしまいそう。mademoisellenoaさんは、スペースの関係上、背板を外した本棚を設置。黒でまとめたキッチンに、食器の柄や色が映えますね。食器が大好きという気持ちがあふれる、宝箱のようなキッチンです。


さまざまなタイプの食器のオープン収納をご紹介しました。取り入れた理由はそれぞれでも、見えるからこそ並べる食器にこだわりを持っているユーザーさんが多かったですね。見た目の良さだけではなく食器自体への愛着が、オープン収納を魅力的にしてくれるのかもしれません。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「食器 見せる収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ