まるでリノベーション?ドアや窓リメイクが印象を変える

まるでリノベーション?ドアや窓リメイクが印象を変える

ドアや窓は、お家に固定されている要素の1つですよね。このような用素を変えることで、まるで違うお家に来たかのようにお部屋の印象が変わります。今回ご紹介するのは、そんな変えることが不可能と思われるドアや窓のリメイクのアイディアです。まるでリノベーションしたかのようにお部屋が変わるかもしれませんよ!

ドアリメイクでお部屋の第一印象を決める!

ドアはお部屋に入るときに一番に目にするもの。ドアの雰囲気が、お部屋のイメージを左右すると言っても過言ではありません。そこでおすすめするのが、ドアをお部屋のテイストに合わせてリメイクすることです。こちらでご紹介する実例は、どれも身近な材料でリメイクができますよ。

リメイクシートには飾りつけで相乗効果

ナチュラルなアンティーク感のあるすばらしい空間ですね。実は、こちらの実例ではドアに木目調のリメイクシートを貼っているそうですよ。さらには壁にレンガ調のリメイクシートも貼っているそうです。ボードや猫のオブジェを飾ることで、リメイクシートでのイメージチェンジに相乗効果が生まれていますね。

モールディングだけで海外のように

こちらの実例では、ドアに角材を設けてモールディングのようにすることで、海外ドラマに出てきそうなハイセンスなドアに仕上がっていますね。単調なドアが、モールディングを設けるだけで海外の雰囲気を取り込めるというのは、なかなか思いつかないアイディアです!

ベージュの普通のドアに 角材を貼ってペイントするだけで お部屋が 明るいイメージになりました~♪
ak3

古びた風合いを出すにはコーヒーで

こちらのドアは、ユーザーさんご自身でペイントされました。使いこんだ感じを出すポイントは、なんとコーヒー!水性ニスに水で溶いたコーヒーを混ぜて、霧吹きで塗っているそうです。モールディングもご自身で自作されたそうですよ。意外な材料がエイジング加工をほどこすのに役立つのは驚きです。

100均材料でインダストリアルの風合いに

インダストリアルヴィンテージな感じがカッコいいこちらのドア。ダイソーのカラーボードと黒板シートをドアに貼っているそうです。さらにインダストリアルな風合いを出す方法は、モールディング部分に茶色のペンキをポンポンと塗ること。手軽な材料で、本格的なリメイクが可能なのが魅力的な実例ですね。

格子とガラスシートで海外風の窓に

こちらでご紹介するのは、海外にあるかのようなレトロ窓のリメイク術。窓枠を作ったりやガラスシートを貼ったりなどすることで、本当に海外にあるかのような窓が完成します。本物と見まがうかのような、ユーザーさんのリメイク術をぜひ参考にしてみてください!

レトロな格子窓が角棒で実現可能

モスグリーンのような色合いの格子が、経年感を出すにはベストカラーのこちらの窓。マスキングテープで養生し、角棒で格子状の窓にリメイクされました。窓ガラスには、窓用目隠しモザイクシートを貼ることで、ステンドグラスのようなあたたかみのある仕上がりになっていますね。

脱衣所とお風呂の間にあるFIX窓 色付き格子窓にしたくて養生用マステ貼りめぐらせ塗装、角棒で作った格子をはめ込み 水で貼れるモザイクシートを市松模様に貼りました。
kinu-ito

無骨なアルミサッシ窓を大胆チェンジ!

こちらの実例では、無骨な感じのする銀色のアルミサッシ窓をペイントしたり格子状にしたりすることで様相を変えています。さらにはガラスシートを貼ることで目隠しになりますし、何よりクリスタルのようなデザインは海外のステンドグラスの窓を思わせます。古典のムードを出すにはピッタリのセレクトです。

サッシ部分を白に塗り替えガラスシートを貼ったりしたリクシルの窓( ´∀`)
Sorie
ペンキは専用ではなく家にあったオールドビレッジ バターミルクペイントという物で塗りましたよ(o^^o)
Sorie

幾何学模様でヨーロッパの町並みのように♪

こちらの実例で興味深いのが、単なる格子状ではなく、幾何学模様のようなパターンにすることで、古いヨーロッパの町並みのような窓により近づけていることです。格子のパターン1つ工夫してみるだけでも、こんなにも古びたような情緒が出せると参考になる実例ですね!

窓枠&窓リメイクシートを貼ってみました(*>∀<*)ゞ この窓枠自体、シルバーだったので、そこは茶色のマスキングテープをはりシルバーの窓枠を隠しました。 これだけで、ガラッと部屋の雰囲気がカフェ風になった気がします(*>∀<*)✨
Aya

日本の風情ある窓も諦める必要なし!

一昔前の日本で見られたような風情ある窓も、リメイクのアイディアによっては実現可能だったり、もっと素敵なものができ上がったりします。最近では洋風のアルミサッシ窓が圧倒的に多いですが、こちらでご紹介する実例を参考にしていただければ、諦める必要はないですよ!ぜひ洋風の窓を和風にチェンジしてみましょう。

縦方向の丸材で一昔前の和風窓に

丸材を縦方向に格子状にしてたくさん設置することで、よく見かけるアルミサッシが、一昔前のような和風窓に変身を遂げています。縦方向の格子窓は、和風のアンティーク窓を演出したいときにピッタリ合っていますね。竹久夢二さんの大正ロマンの壁紙も、時代感を出すのに一役買っています。

洗面所は、和風にしたかったので、丸材で格子窓を作って 遊んで見ました。
popo

障子をスタイリッシュで古風な格子枠に

こちらの格子は、実はもともとは障子だったそうです。障子紙をすべて取り、格子枠は四角形の大きさが大小さまざまな大きさになるように切っています。黒色に塗装することで、スタイリッシュだけどどこか古典的な空気感もある格子枠に仕上がっていますね。

障子紙を取り、 枠も切って本数減らし、 黒のマットな色にペンキを塗って リメイクしました。
tacoco

洋館さながらのアンティーク窓枠

まるで洋館にあるかのようなこちらの窓枠。本物さながらのデザイン性がすばらしいですね!作り方は、1㎝角のヒノキをカットして接着しているそうです。さらに洋館のようなたたずまいを出すポイントは、周りの時代感のある小物づかいにあります。小物づかいもあわせてぜひ真似してみたい実例ですね。

下駄箱を変えたら横の窓が味気なかったので窓枠作りました。 これから窓を開けたくても 猫が網戸を破って脱出するので 猫よけの意味もあります。 とは言え、 1㎝角のヒノキを適当にカットして 接着剤でカットしただけの代物なので 強度はありません^^;
yasubon

お部屋の中のリメイクやDIYよりも、イメージの変化に速攻性があるのがドアや窓などの建具のリメイクです。大胆なイメージチェンジを狙うなら、ぜひドアや窓をリメイクしてみましょう。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ドアリメイク 窓リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ