キッチンカウンターをもっと使いこなす♪DIY&アレンジ法

キッチンカウンターをもっと使いこなす♪DIY&アレンジ法

物を置いたり飾ったり、何かと重宝するキッチンカウンター。DIYなどでアレンジを加えると、もっともっと便利で使える空間になるんです。カウンターがないタイプのキッチンには、オリジナルを作って設置してしまうという技も。今回は、目から鱗のアイデアを、RoomClipユーザーさんのお部屋から学んでみたいと思います。

カウンターの上をアレンジする

増えるキッチングッズの収納や、癒しのインテリアスペースに、キッチンカウンターが使えます。空間を存分に生かして、棚などをDIYしてこだわりの場所に変えましょう。広さのあるオープンタイプには、特におススメです。

ラダータイプの飾り棚を

カウンターの端に、ラダータイプの飾り棚をDIY。幅は小さめですが、高さをフルで活用できるので、たくさんのグリーンを飾ることができます。空間が明るくなりますね。床のキズ防止シールを使って、縦の板をしっかり固定しているアイデアも必見です。

コレは 椅子の脚に(床の傷防止のクッションシール) 付けて キツめに固定してます。 カウンターから天井までの木をほんの少しだけ短めにカットして 小さなクッションシールで調節してます★ ↑ (床の傷防止シール) 分かりますか? 小さい丸型だったり四角の2〜3cmくらいのものです 。
yumimaru

板を通して、吊り下げ収納場所にも

オープンカウンターの空間を、うまく利用しているNorikoさん。上部の空いたスペースに板を通して、吊り下げ収納を作っています。アイアンバーを使って、グラス類をお店のように見せる収納に。この部分に着目したアイデアはさすがですね。おもてなしができるキッチンに早変わりです。

全面を収納&飾り棚として

mokoさんは、カウンター全面を使って、お友達の家に棚をDIYされました。仕切りの幅を変えたり、扉を付けて印象を変えたりと、まるでカフェのような飾れる収納スペースに。見せるものと隠したいものを分けられる仕様なので、生活感がうすれますね。空間が程よく空いて、圧迫感も感じません。

カウンターの横や前も有効に

カウンターの上だけでなく、横や前も工夫しだいで、アレンジが可能です。カウンター部分を壁にして棚をDIYしたり、テーブルを付ければダイニングスペースにも。インテリアとしても目につきやすく、お部屋のイメージチェンジにも効果がありそうです。

カウンター横にお酒棚をDIY

カウンター横に棚を取り付けて、お酒を展示しながら収納しています。ガラス瓶が落下しないように、バーを通して安全仕様に。背面の有効ボードも、視覚的なポイントになっていますね。ちょっとしたスペースですが、あるとないとでは大違いの、印象的なDIYになっています。

カウンター下に、グリーン棚を設置

シックなモノトーンキッチンに、木製のグリーン棚を設置。カウンターが少し飛び出す形で、内側にグリーンが並びます。大人な雰囲気のキッチンに、ナチュラルな柔らかさがプラスされますね。キッチンの中と外で印象が変わる、デザイン性のあるDIYです。

キッチンカウンターのイメチェンDIYをしました。とりあえずリビングの鉢植えを並べてみました。これから、このカウンターにあった鉢を探したり、ちょっとずつ素敵にしていきたいです(^^)
hiro.rororo

ダイニングにもなるカウンターテーブルを

monamiさんは、カウンターの前に、長いテーブルを付けました。家族3人が並んで食事するのに最適なスペースです。配膳や片付けもワンアクションで済み、便利なんだそうですよ。ダイニングテーブルを置かなくていいので、省スペースにも。その分お部屋が広く使えて、一石二鳥です。

3人家族なので、左から私・息子・主人と 座っていますが、キッチンからサッと アツアツ料理を出したり、調味料も 目の前から出せますし、食後の片付けも ただ前に出すだけでとても楽になり、 家族から好評で私も気に入ってます❤️
monami
テーブルは、天板のサイド4箇所に 直径6cmの市販の脚を4本付けています✨
monami

オリジナルカウンターを、DIYで作る

カウンターがないキッチンには、DIYで設置しているユーザーさんも多数。大物で難しそうですが、カラーボックスを使って、手軽に作ることもできるんです。DIYだからこそ、キッチンや道具に合わせた、使いやすさ抜群のカウンターを置くことができますよ。

話題のカラーボックスカウンターの作り方

真ん中に映っているのが、カラーボックスカウンターの完成形です。味のある板壁が貼られて、とてもカラーボックスとは思えませんね。しかも裏側は、充実の収納スペースが確保され、使いやすさも申し分ありません。作り方を丁寧に説明してくださっているので、ぜひ参考にしてみてください。

簡単カラーボックスキッチンカウンターの作り方 カラボ同士の間は板をL字金具でビス留め 背面に貼る板は両面テープでとボンドで付けて最後に巾木をボンドと角でビス留め 天板は両面テープとL字金具でビス留め
bowbowco
ちょっと参考ついでに申しますと、この板は安価なSPF材を使用しましたが真っ直ぐな物を選んだつもりでも反りが出てきてしまいいざ貼ると凸凹になります、そして巾木を取り付けると凸凹のところが浮いてしまい痛い仕上がりになります(笑)なので板の代わりにコンパネ(合板)貼ってそこに木目調壁紙を貼るっという手もありかなと思いました。いつも大雑把に作ってしまうのでゆるく参考にして下さいm(_ _)m
bowbowco

天板をタイル貼りにして、可愛く機能的に

こちらも、カラーボックスで作ったカウンターです。アレンジを加え、天板はタイルで彩りを加えています。お料理を置くために使いたいということですが、タイルなら、熱や水に強いので安心ですね。収納部分は、かごやカーテンを使って、ナチュラルに隠す技を。キッチンの仕切りにもなって、メリハリのあるお部屋になりそう。

カラーボックスに天板を渡して作ったキッチンカウンターです。 黒い目地にしたタイル貼りの天板がお気に入り♡カラーボックスの間にはゴミ箱が置いてあります。 出来上がった料理を置きたくて作ったはずが…普段はごちゃごちゃと物がのっていて料理は置けません…この状態をキープしなければ!!
rinrara

高さを出して目隠しにも

収納場所が増えるようにと、DIYされたRena-324onさん。シャビーな板壁で囲まれて、ミックススタイルのお部屋を、クールにまとめる存在になっています。少し高さがあるので、置いているものが見えず、キッチン部分も隠してくれます。DIYだからこそ、こだわれるポイントですね。

狭いキッチンなので、収納力のあるキッチンカウンターをDIYしました。 吊り戸棚は木目調、キッチンはサブウェイタイル、横の壁はアイスブルーの壁紙を貼りました。 ダイニングテーブルはIKEAです。
Rena-324on

収納したいものに合わせて、ジャストサイズ

雑誌の1ページかのような、キッチンディスプレイ。アイテム選びのこだわりも感じますが、すべてがぴったり収まる、このカウンターが絶妙です。ゴミ箱やかごなど、収納するものありきでサイズを決めているので、余分な空間が皆無で気持ちがいいですね。木目やタイルの質感も生かされて、かっこいいの一言につきます。

うちのキッチンカウンターは、見せる収納です(〃ω〃) ゴミ箱やカゴ類に合わせてピッタリサイズでDIYしたカウンターなので使い勝手抜群です(*´∀`*)ノ
maca

カウンターは、物を置いて散らかりがちですが、予めアレンジすることで、すっきりと機能的なスペースになりますね。DIYカウンターも、自分のスタイルに合わせることができ、とても魅力的。キッチンの悩みを解決してくれそうです。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「キッチンカウンター DIY」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ