「お気に入りの映える場所へ。DIYでつくる実用的ぬくもり空間」 by konnakanjiさん

「お気に入りの映える場所へ。DIYでつくる実用的ぬくもり空間」 by konnakanjiさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、DIY家具の木のぬくもりとグリーン、自然素材雑貨でつくるナチュラルインテリアにお住いのkonnakanjiさんのキッチンをご紹介します。

主人と、高3、中3の息子、小4の娘、お舅さんと6人家族です。 DIYはほとんど1人でやっていますが、重い物をずらしたり、大きな物を作ったりするときは主人も協力してくれます。 今はレンジを乗せている食器棚?レンジボード?の改装の途中です。 木の感じが大好きですが、あまり頑張りすぎず、生活感も出しながらのマイペースなDIYです。

明るく温かみのあるキッチンを目指して

木目がやさしく、ほっこりとした空気感が包み込むkonnakanjiさんのキッチン。”飾り”はないけれど、容器や道具、食器そのものが持つ魅力で空間をデザイン。広くスッキリと、使いやすく整っているのが印象的です。

konnakanjiさん

「使いやすく、頑張りすぎないのがテーマです。 大好きなホーロー雑貨などを使って、億劫な家事もルンルン気分でこなせるようにしています。 それと、木の感じが好きなので 所々に板壁を貼って、明るく温かみのあるキッチンを目指しています。」

カウンターからつながるカフェ風ダイニング

キッチンカウンター越しにお部屋の奥まで視線が届く、セミオープンキッチン。カウンターから顔を出せば、家族に様子を見ることができ、作業をしながら団らんに参加することも可能です。カフェ風につくられたハッチが、雰囲気作りに役立つだけでなく、キッチンが見えすぎないことによる生活感の軽減にもつながりますね。さて、konnakanjiさんのキッチンには、さらに素敵な特徴がありました。3つのキーワードに沿ってみていきましょう!

キーワード1 木のぬくもりが感じられるキッチン

konnakanjiさん

「所々に板壁を貼ったり、キッチンの窓にも木枠を作りました。 また、後ろの食器棚も実は元々はシルバーの小さなレンジボードだったのですが お気に入りの和食器を見せる収納にしたくて、思い切ってDIYしました。」

キーワード2 作業スペースは広く確保

konnakanjiさん

「我が家は6人家族で、朝のお弁当作りでパタパタしてる時は、とにかくスペースが必要なのでキッチンの作業スペースはもちろんですが、食器棚にも作業スペースを作りました。」

キーワード3 調味料棚もDIY

konnakanjiさん

「同じ木材を使って調味料棚もDIYしました。 大好きなホーロー容器やガラスキャニスターなどを使って調味料を置いています。 キッチンツールなども近くに収納してるので 食事の支度の時は、この場所からあまり動くことなく作業できます。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

konnakanjiさん

「小さなことも、大がかりなことも やれる時にやる。やりたかったらとことんやる。 毎日RoomClip以外にも、色んな画像や雑誌を見て、やってみたいなとか、素敵だなという気持ちを持続させていることが一番かなと思います。私の、キッチンを変えたいなという気持ちは、実は1つのホーローキャニスターから始まったのでした。 こんな雑貨が映えるようなキッチンにしたいなという思いから少しずつ変わってきました。」

まとめ: 見た目と使いやすさを叶えるDIYのチカラ!

konnakanjiさんの理想のキッチン作りは、お気に入りのホーローキャニスターづくりから始まったといいます。”お気に入り”を置きながら、必要な作業スペースは十分に確保する。そんな「理想の空間作りと実用性」のバランスがkonnakanjiさんのキッチンの魅力の一つではないでしょうか。理想の明るく温かみのあるキッチンを目指し、和食器も似合う食器棚をDIYする。そこには、作業スペースもつけて、効率よく家事が進められるような工夫を。また、大好きな容器も置ける調味料棚をDIYし、サッと取り出せる便利な家事動線も確保。konnakanjiさんは、理想のテイストと実用性を両立させるのがとても上手ですよね。得意のDIYのチカラも加わって、さらに快適空間は進化していく予感がします。皆さんも、konnakanjiさんのキッチンづくりを参考に、お気に入りの快適キッチン目指してみませんか?


konnakanjiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ