災害から家族やお家を守る!見直したいわが家の防災対策

災害から家族やお家を守る!見直したいわが家の防災対策

いつやってくるかわからない災害。防災グッズなどを準備しているという人は多いですが、本当にそれだけで大丈夫ですか?家具の転倒、火災など、災害時には危険なことも起こるということを想定する必要があります。防災対策について、もう一度見直したお部屋作りを考えてみましょう。

地震対策

万が一地震が起きたときを想定して、背の高い家具の転倒防止や、食器や本などの飛び出しや落下対策はしっかりしておきたいですね。日ごろの取り組みしだいで被害はまったく変わってきますので、ぜひユーザーさんの実例を参考にしてみてください。

棚に突っ張り棒

棚の転倒防止に突っ張り棒を使用しています。突っ張り棒を使用するときは、天井の強度なども確認することが重要です。万能と思われがちな突っ張り棒ですが、横揺れには弱いという弱点もあります。マットやストッパーなども併用するとより良いでしょう。

インテリアに馴染む木製の突っ張り棒

こちらは、CD棚の上につっぱりポールを設置しています。見た目が気になるという人は、このようなインテリアに馴染みやすい木目調のものを使用してみるのも良いでしょう。こちらの商品は、タモ集成材を使用したものです。日本製なところもうれしいポイントです。

ディアウォールを使ったCD棚の上につっぱりポールを設置しました。 防災対策です^_^ 日本製で、木目調。 他のポールは耐圧200kgの中、これは300kgで他のよりコンパクトの優れ物です✨
mamyu

バー付きのウォールラック

大好きなカップ類。最近はカフェ風も流行っているので、キッチンなどに並べて楽しんでいる人もいます。でも、地震で割れてしまうのは悲しいですね。地震対策として、ユーザーさんは、ウォールラックをバー付きのものに変えたそうです。バーが一本あるだけで、落下防止につながりますね。

滑り止めマット

こちらは、食器棚の底に滑り止めマットを使用している実例です。簡単にいますぐにでも実行できそうです。さらに強固な対策をしたいという人は、扉が開いてしまうのを防ぐ耐震ロックなどを使用するのも良いでしょう。

火災対策

火災は、十分に気を付ければ防げるものですが、万が一ということもあります。地震のときの二次災害で火災が起きることもあるので注意しておきたいですね。火災が起きないための対策と、火災が起きてしまったときの対策を紹介します。

消火剤

揚げ物などをしているときに火災が起きたら怖いですよね。常に手元にお守り代わりのように置ける、見た目もかわいい消火剤が販売されています。価格は800円ほど。火が出たらそこに箱のまま放り込むだけの簡単さも、魅力ですね。

いわゆるキッチン用の#消火剤 です。 住宅火災の最多原因はコンロ火災。 . もしものとき用に消火剤が欲しかったのですが、大げさなものはいらないし、、ということで悩んでそのままだったのです…(´・_・`)
natsu._.log

赤くない消火器

消火器といえば一目で分かる真っ赤な色が特徴的です。でも目につく場所に置くと、インテリアを邪魔してしまうのが悩み。こちらの消火器は赤くないので、お部屋にもなじみそうです。さらに成分としてお酢を使っているので安心です。他カラーも選べるので、チェックしてみましょう。

コンセントのホコリ対策

コンセントに知らないうちにホコリがたまってしまうことで、火災の原因にもなります。時々、コンセント周辺もホコリを取り除いて掃除するようにしたいものです。こちらは100均でも購入できる、コンセントを下向きにすることも可能な便利グッズです。

夜に災害が起きたときの明かり対策

災害時は停電が起こることも考えられます。地震が発生し、暗がりの中慌てて部屋を移動するとき、万が一ガラス類などが飛び散っていたらケガをするもとに。パニックにならないように懐中電灯などを用意しておきましょう。

寝室にランタン

寝ているときに突然災害にあっても慌てず対応できるように、こちらのユーザーさんは、ランタンを壁に取り付けています。懐中電灯のように、一か所だけ明るくするのではなく周囲全体を明るくしてくれるので、懐中電灯と合わせて持っておくと効果的です。

寝室の壁。木材に確かセリアで買ったフックを取り付け壁に。ニトリのランタンを掛けています。
cherry

ネックレスタイプのライト

災害時にすぐに移動するときに便利な、首にかけることができるネックレスタイプのライト。こちらのユーザーさんは、寝室のドアに防災バッグと並べて吊るしています。両手が使えるので、防災バッグなどを持ちながら行動できるのが利点ですね。

センサーライト

停電を感知したら自動的に点灯するセンサーライトがあると、ライトの位置が暗がりでも分かるので安心です。本体はコンセントに差し込むようになっていて、コンセントから取り外せばサーチライトとしても使えるすぐれもの。デザインもスッキリしています。


防災バッグやグッズをそろえるだけで安心してしまわないように、家の中に潜む危険な箇所をもう一度見直してみましょう。防災グッズの正しい使い方も確認して、いざというときに落ち着いて行動することが大事ですね!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「防災 つっぱり棒」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ