布団を小さくしまうワザ!収納袋やケース選びのポイント

布団を小さくしまうワザ!収納袋やケース選びのポイント

布団の収納は、どうしてもスペースを取ってしまうので悩みの種!という方も多いのではないでしょうか。今回は、布団を収納するケース選びをポイントにしたすっきり収納アイデアをご紹介していきます。市販の収納ケースにもさまざまなものがありますね。ハンドメイドやDIYのアイデアも参考にしてみてください。

IKEAで発見!シンプルな白い収納ケース

まずはじめにご紹介するのは、IKEAの収納ケースを使ったアイデアです。「SKUBB(スクッブ)」シリーズの収納ケースは、シンプルな白1色なので、どんなインテリアともなじみます。ポリエステルとポリプロピレンを素材にした軽くて使い勝手のいいデザインも魅力的ですね。

重ねて収納ができる使いやすいケース

summertanさんは押し入れに布団を収納されています。IKEAのSKUBBシリーズの収納ケースを3つ重ねて、替えの寝具やお客さん用の寝具などを収納されているそうです。収納ケースに入りきらなかった羽毛布団はくるくると丸めて立てています。折りたたむよりもコンパクトになるので省スペースですね。

IKEAの布団収納ケースに、替えのシーツや、子供の毛布、お客さん用布団カバーや夏用ひんやりシーツなどなど、いろいろ詰め込みまくった!この布団収納のケースもっと買えばよかった!使いやすい!
summertan

コンパクトなスペースにはタテ置きで

kakihomeさんは、IKEAのSKUBB収納ケースを押し入れにタテに並べています。SKUBBには取っ手もついているので、タテにしても出し入れは問題ありません。さらに、収納ケースに圧縮袋を入れて、そこでお布団を圧縮されているそうです。ケースに形が合うようにという素晴らしいアイデアですね!

我が家は毛布や掛布団結構あるので、この中に圧縮袋をいれて物をいれてこの中で圧縮しながら収納してるのでかなり入ってます。圧縮だと形が揃わないのでこの中で圧縮しながら入れると便利です。
kakihome

押し入れがない場合でも布団収納ができる

m_homeさんのお宅には押し入れがなく、布団収納の場所に悩んでいたそうです。そこでIKEAのSKUBB収納ケースに布団を入れ、オープンクローゼットの上段に入れることで見事に解決しています。取っ手を前面に向けておくと、出し入れも楽にできそうですね。

インテリアやスペースに合わせて選べる布団収納ケース

布団収納ケースは、IKEAのSKUBBシリーズだけではありません。100均をはじめ、いろいろなメーカーやショップから収納ケースが販売されています。スペースのサイズやインテリア、予算に合わせてお好みの収納ケースを選んでみましょう。布団専用でなくても、サイズによっては活用できますよ。

100均のランドリーバッグに布団を収納

sacho-sunさんは、ご近所にある100均ショップで購入されたランドリーバッグを布団の収納ケースとして活用しています。ホワイト×グレーのボーダーデザインをタテ置きにしているので、ストライプ柄に見えますね。中が見えないランドリーバッグなので、すっきりとした収納です。

竹炭入り不織布ケースで消臭対策も!

nakariさんが選んだのは、竹炭が入った不織布で作られた収納ケースです。竹炭には消臭・調湿効果があるそうですから、季節外の布団を入れておいても安心ですね。グレーのケースには、中に収納したものがわかるように透明の窓部分もついています。両サイドに持ち手がついているので、持ち運びも便利ですね。

布団を収納してソファにもなる優秀アイテム

hotaboさんのリビングの階段下に置かれた小さなローソファは、実は布団収納袋です!とても布団が収納されているようには見えませんね。毛布や敷布団を収納し、チャックを閉めると子ども用のローソファのように使える優れものです。お子さんのお昼寝スペースとしても活用できますね。

布団の収納にハンドメイドやDIYを取り入れるアイデア

最後にご紹介するのは、布団を収納するための袋やボックス、収納スペースをDIYされているアイデアです。ゼロから計画して作成するのは、確かに時間のかかる作業かもしれませんが、世界に一つだけのお気に入りアイテムが手に入りますよ。

ハンドメイドでぴったりサイズの布団袋を

KOKOさんは古いシーツをリメイクして布団収納袋をハンドメイドされています!キャンプで使う寝袋のように、布団をくるくると丸めて袋に入れ、きゅっと紐を絞ればコンパクトな収納ができあがりますね。収納するスペースにぴったりサイズの袋を作ることができるので、ハンドメイドが得意な方にはおすすめのアイデアです!

ベッドカバーをリメイクした布団収納袋

tankさんのアイデアもハンドメイド派は必見です。こちらは、使わなくなったベッドカバーをリメイクして布団用収納を作ったそうです。中に収納しているのは掛布団ということですが、季節外の毛布や上掛けなどにも活用できるアイデアですね。コロンとしたフォルムになるので、クッションのように使うことができます。

押し入れの下段に自作収納ボックスを並べて

mocoさんは、押し入れをクローゼットに改装し、下段に布団を収納するボックスを2つ並べています。サイズをぴったりに合わせたDIYだそうです。収納ボックスの下にはキャスターもつけて移動を楽にしています。ボックスの中には、圧縮袋でコンパクトにした布団を2組と、ご家族用の夏冬布団を入れているそうです。

賃貸マンションに収納スペースを作る

押し入れのない賃貸マンションにお住まいのRena-324onさんは、原状復帰できるようディアウォールを使って布団の収納スペースをDIYされました!布団を入れる棚はすのこ状にしているので、風通しもよさそうですね。天井近くにカーテンレールをつけているので、閉めてしまえば中は見えません。

こどもが産まれてからベッドをやめてお布団を敷いて寝ていますが、賃貸マンションのクローゼットは奥行きがなく布団を収納するスペースがありませんでした。 そこで、SPF材を使用して押入れ収納をDIY。
Rena-324on

お客様用の布団や季節外の毛布や上掛け、替えのシーツなど布団まわりのアイテムの収納はなにかとかさばりがちです。今回紹介した、スペースやインテリアに合わせた布団収納のアイデアを、ぜひ参考にしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「布団 収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ