毎日使うからこそ機能的に!ドライヤーの賢い収納術を紹介

毎日使うからこそ機能的に!ドライヤーの賢い収納術を紹介

毎日使うドライヤー。頻繁に使うからには取り出しやすく、そしてしまいやすくしたいですよね。そこで大切なのが、ドライヤーの収納方法です。今回ご紹介するのは、ドライヤーの収納術について。できる限り手軽に手に入るアイテムで、収納している実例を集めてみましたよ。

お手軽な「吊るす収納」、その一工夫とは

ドライヤーには、フックなどにかけるためのホールがついているものが多いですよね。使用したあとにサッとかけるだけですし、置き場所にも困らないため、最も手軽で簡単な方法と言えます。そんな「吊るす収納」で、RoomClipユーザーさんがどのような工夫をしているのか、ご紹介しましょう。

リゾートのようなアイアンフック

ドライヤーはこちらのように専用のフックに吊り下げると、使い勝手が良くなりそうですね。pomupomuさんは、フックをタオルかけと同じお店で購入したそうですよ。アイアンのアール模様のデザインは、タイル張りの洗面台にピッタリ。高級リゾートのようなバスルームが完成されています。

ドライヤーはずっとぶら下げ収納をしてたので、お家を建てた時にもぶら下げ収納がしたくてタオル掛けと同じお店でアイアンのフックをドライヤー用に買いました。統一感が出て満足してます(*´˘`*) この収納方法だとコードがくるくるにもなりませんし、何よりかけるだけで本当に楽チンです。
pomupomu

ウォールフックで多機能に

mohayaeteさんはウォールフックに、ドライヤーの他にもメガネや化粧品入れバスケットをかけました。こちらの一角だけでお出かけの準備が整うため、朝の時短になりそうですね。ドライヤーは吊るし、コードもまとめて隣のフックにかけるだけ。ウォールフックの使い道として、新たな発見です!

クリップで留めれば傷み知らず

こちらのようにラダーを1つ設置すれば、ヘアグッズ一式を吊るすための収納スペースができ上がります。このクリップを使った方法なら、ドライヤーを吊るすことによるホールの経年劣化も、心配無用ですね。さらには、空間全体をモノトーンでまとめてスタイリッシュに。洗練されたバスルームに仕上がっています。

「ドライヤーホルダー」で置き場所を確保

ドライヤーは「ドライヤーホルダー」にしまうことで、スッキリとした見た目になります。100円ショップで専用の商品を購入できたり、専用でない商品をドライヤーホルダーとして代用することも可能です。特に、シンプルなバスルーム演出をしたい方にはおすすめの方法ですよ。

転写シールでオリジナリティ

こちらで使われているのは、セリア商品の「ドライヤーホルダー」。扉などにかけられるようにフックが付いていて、さらにはドライヤーのコードをまとめられます。youkoさんがされたように、ロゴの転写シールをほどこしてみれば、オリジナルのインテリア雑貨としても活躍してくれそうです!

コンセント口近くに設置する

y..さんは、キャンドゥの「ドライヤー収納ラック」をランドリー収納にかけて使用しています。こちらもコードを巻き付けられる仕様。すぐそばにコンセント口がある場所に設置されたので、すぐに使用することができます。効率を考えることで、生活に便利さが生まれそうですね。

白で統一してホテルライクに

こちらの実例では、無印良品のファイルボックスにドライヤーをしまいました。クリアな白の装いが、バスルームの清潔感を演出するのに一役買ってくれていますね。さらには、他のアイテムも白でそろえて統一感を。まるで、ホテルのバスルームのような上質さがあります。

ハンディワイパースタンドで代用できる

Ringoさんが使用しているドライヤーホルダーの正体は、実はセリアの「ハンディワイパースタンド」。本来はハンディモップなどを収納するときに使うものですが、意外にもドライヤースタンドとしてミラクルフィット。コンセントも中にしまうことができます。身近なものにこんな使い方があったなんて!と驚きの発想です。

ドライヤーの定位置をDIY

ここでご紹介するのは、DIYによってドライヤーの定位置を決められた実例です。ドライヤーは構造的にどうしまうか悩む、でも簡単にDIYしたい。そんな方向けに、できる限り簡単に手に入るもので完成する実例に厳選しましたよ。

木製の棚受けでドライヤーホルダーに

まるで、元々備え付けであったかのような、こちらのドライヤーホルダー。実はnaomiさんが自ら設置したものだそうです。さらに、その正体は木製の棚受け。身近なものをドライヤーホルダーとして活かす、その着眼点が素晴らしいですね!

ドライヤーの定位置 キズがつかないように木製棚受けを…
naomi

工具ディスプレイの金具類が活躍

Tomokoさんが選んだのは、工具をディスプレイするときなどに使うフック。意外にも、金具類がドライヤー収納としてぴったりフィットしました。見た目にもスッキリしているため、こちらのように白を基調とした、シンプルなバスルームに溶けこみますね。

セリアの木箱リメイクで機能性抜群に

funiさんは、セリア商品の木箱を使用しました。底と蓋は取り除いて、ドライヤーのヘッド部分がおさまるようにDIYされました。持ち手部分は木箱の上に置くことで、安定性が確保されています。100円ショップで手に入る上に、機能性がとっても考え込まれているそのアイディアは、ぜひ真似したいですね!

蝶番を解体して、白くペイントしましたよー。
funi

ドライヤー1つでも、さまざまな収納テクニックが見られましたね。方法によっては、生活の時短になるドライヤーの収納術。ぜひ今回ご紹介した実例を真似してみて、日々の生活にゆとりを持ってみましょう!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ドライヤー 収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ