頑張りすぎないインテリア!エフォートレスな部屋作り

頑張りすぎないインテリア!エフォートレスな部屋作り

ファッション・シーンから生まれた「エフォートレス」という発想は、インテリアにも広がっています。力を抜いた頑張りすぎないインテリアが、心地いい空間を作ってくれるからでしょう。今回は、抜け感のあるエフォートレスなインテリアスタイルを、ご紹介していきます。

好きなものに囲まれたインテリアでリラックス

エフォートレスなインテリアのポイントは、好きなものに囲まれた空間を作り出すことです。忙しい毎日、疲れて帰ってきたときにお部屋の中に好きなものが詰まっていたら、それだけで心が休まりますよね。そんなエフォートレスなインテリアをご紹介していきましょう。

アートやキリムが生み出すリラックス空間

rueさんのリビングには、 rueさんの好きなものがたくさん置かれています。ナチュラルな木の質感を感じられる家具を中心に、鹿児島睦さんの作品を額装したものや、白地に黒い糸で縫い取られた刺繍のテーブルクロス、温かみのあるデザインのクッションなどが、肩の力を抜いたリラックスできる空間を実現させました。

植物に囲まれたインテリアで心地よく過ごす

こちらは、nanohanaさんのリビング・ダイニングスペースです。ダイニングテーブルの上のフラワーアレンジメントをはじめ、床置きされたグリーンの鉢植えなど、さまざまな植物がリラックスできるエフォートレスなインテリアのポイントになっています。壁の余白もエフォートレスな空間づくりに一役買っていますね。

暖かくなると、花遊び欲がムクムク 湧いてきますね〜。花に癒されて 年度末乗り切りたいと思います。
nanohana

エフォートレスなリラックスインテリア

北欧風インテリアを楽しまれているromi___o.さんは、ディスプレイで見せる収納と隠す収納のバランスが秀逸です!カレンダーやフレームに入ったアートなどがモノトーンでまとめられているので、エフォートレスな抜け感がありますね。リクライニングしたソファベッドを中央に配置してリラックス感を高めています。

異素材をラフにミックスしてエフォートレスに

続いてご紹介するエフォートレスなインテリアは、異素材のアイテムをラフにミックスしたスタイルです。木や鉄、レザーといった天然素材を使ったアイテムだけでなく、樹脂やプラスチックなどの人口素材を素敵に組み合わせているインテリアをご紹介していきましょう。

異素材がミックスされた大人スペース

Hapiful...さんのリビングダイニングスペースは、大人な雰囲気の異素材ミックススタイルが魅力的な空間です!木、レザー、ワイヤー、レンガ、ムートン、スチールといろいろな素材が美しくミックスされていますね。カラートーンをそろえているので、統一感のあるエフォートレスなインテリアになっています。

リノベーションで実現した抜け感のある空間

kan2さんは、リノベーションで抜け感のあるインテリアを実現されました。木のフローリングに白いタイルのキッチンカウンター、奥にはイームズのチェアもありますね。むき出し感のある天井に走らせた照明のレールが、お部屋のいろいろな位置に光を拡散してくれます。

基本的に大雑把でズボラなので、頑張り続けて維持するのは無理。それでも何となく格好つくようにと、すっごく考えて、頑張ったリノベーション。 今は、頑張らずに居心地の良さを求めていきたいと思っている。
kan2

キッチンまわりのインテリア

こちらは、acoさんのキッチンとダイニングのスペースです。元々キッチンには、キッチンツールやキッチン家電、食器などさまざまな素材がありますね。acoさんの審美眼でチョイスされたアイテムが、伸びやかなハーモニーを奏でているようなエフォートレスな空間です。

まだまだある!エフォートレスなインテリアを作るアイデア

エフォートレスなインテリアを作るアイデアは、まだまだあります。ポイントになるのは、頑張りすぎないことです。住まう人、暮らす人が肩の力を抜いてリラックスすることで、エフォートレスな空間づくりができるのです。それぞれのアイデアをぜひ参考にしてみてくださいね。

お気に入りをインテリアに取り入れる

インテリアの中に、お気に入りのアイテムを取り入れることもエフォートレスなインテリア作りに欠かせないアイデアの1つです。 mirさんのリビングは、ナチュラルな木の色と黒を組み合わせた空間に、アートやグリーンが置かれてリラックスムードが生まれています。ロッキングチェアは、イームズのものです。

それぞれのモノの歴史を尊重する

落ち着きと共にどこか懐かしさを感じるbibi.karuさんのインテリアには、アンティークのアイテムがいくつも含まれています。それぞれのアイテムの歴史や由来を尊重することで、モノに対する接し方や使い方も変わってきそうですね。そうした姿勢が、インテリアにも表れてくるのではないでしょうか。

自分のライフスタイルに寄り添い居心地の良さを求めた結果こんな感じに...
bibi.karu

色数をおさえて作るエフォートレスな空間

comiriさんのリビングスペースは、白を基調としたインテリアでまとめられています。フローリングの木も白っぽい色が選ばれているので、統一感がありますね。色数をおさえることでリラックス感がUPします。木のほかにも、布や金属などの異素材をミックスして、リラックスできる抜け感のあるスペースを実現しました。

印象的な色を取り入れてリラックス

最後にご紹介するのは、Rans_andy.さんのリビングスペースです。ハンモックやキリム、木の質感を活かしたアイテムなどが並ぶ中、ひときわ目を惹くのがブルーのファブリックが張られたロッキングチェアとレザーソファのラフなミックス感です。印象的な色や素材を合わせることで、部屋の中に抜け感が生まれます。


肩の力を抜いた頑張りすぎないスタイルとして、注目を集めているエフォートレスなインテリアのアイデアをご紹介しました。好きなものに囲まれた生活は、身も心もリラックスさせてくれそうですね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「エフォートレス」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ