色や柄、貼り方も!参考にしたいアクセントクロスの施行例

色や柄、貼り方も!参考にしたいアクセントクロスの施行例

お部屋の壁の一部だけ、色や模様を変えて、変化を楽しむアクセントクロス。最近、このアクセントクロスを取り入れる方が急増しています。この記事は、そんなアクセントクロスについて特集していきます。コーディネート上手なユーザーさんの実例を参考に、お部屋に合う色、模様、そして貼り方などをレポートしていきます。

寝室向けのクロス

1日の終わりとはじまりを迎える寝室。この寝室は、ぐっすり眠れるようリラックスできる空間にするか、または、シャキッと起床できるようリフレッシュできる空間にするのがおすすめです。けれど、そんな空間はどうすれば作ることができるのでしょうか?まずは、この答えをユーザーさんに教えていただきましょう。

グレージュ

リラックス空間を目指すのであれば、目がチカチカしない、無地のクロスを取り入れるのがおすすめです。特に、こちらのユーザーさんのように、柔らかなグレージュを選択されると、いっそう心が安らぐ空間ができあがります。実例からも、優しく包み込まれるような雰囲気が伝わってきますよね。

ダークグレー

生活感をオフし、ホテルのような上質な空間でリラックスしたい。こうお考えの方は、こちらの寝室をお手本に、グレーのクロスをチョイスしてみてはいかがでしょう?品のある、シックな雰囲気が漂っていますよね。ユーザーさんのように、ファブリックもクロスの色に合わせると、高級感がいっそう高まります。

海外インテリアの写真を見て、ダークグレーの壁紙にホワイトのレザーベッドをどーーーしても真似したくて頑張りましたっ
MAKO

ブルーグリーン

「朝はシャキッと目覚めたい」、という方は、ぜひフレッシュなカラーのクロスに注目してみてください。その際は、こちらのユーザーさんが使用しているような、フレッシュでありながらも目がチカチカしない、ブルーグリーンがおすすめです。朝の似合う爽やかな寝室ですよね。気持ち良く起床できそうです。

トイレにアクセントクロスを貼るコツ

トイレは、暗い印象になったり味気ない印象になったりしやすい場所。こういう場では、明るい色や柄物のクロスが活躍してくれます。しかし、派手なクロスは、場合によっては空間をキツい印象にしてしまいがちです。そこで続いては、巧みに華やかなクロスを取り入れるコツをお届けしていきます。

床材でバランスを調整する

こちらのユーザーさんは、扉の正面の壁をライトブルーに変えていらっしゃいます。扉を開けた瞬間、パッと明るい空間が広がる、ステキな施行例ですね。また、発色の良いクロスに対し、床材は、落ち着いたウッド調。これで、派手になりすぎないよう、全体の調和が取れています。勉強になるテクニックですね。

ストライプは落ち着いた色合いのものを選ぶ

ストライプのクロスが貼られたトイレ。ダークグレー×白のストライプなら、空間のスタイルを問わず、自然と溶けこんでくれます。とても知的で、清潔な雰囲気を醸し出していますね。シンプルながら洗練されたデザインに、ときめいてしまいます。

白地の花柄で変化を付ける

空色の壁の中に貼られた、花柄のクロス。小ぶりで上品な花柄が、とても可愛らしいです。このクロスの効果で、トイレ全体も爽やかで愛らしい雰囲気に変化しています。空色の壁と同色系の花柄なので、視界がゴチャゴチャすることもありませんね。まるで、外国のホテルのトイレのようです。

可愛らしく仕上がった我が家のトイレ! 水栓.コンセントは後ろに隠してもらいました。 クロスも手洗い器も、作ったペーパーホルダーもいい感じ♡
say-nh1

リビング&ダイニングに貼るときのコツ

リビングやダイニングなど、広々とした空間にアクセントクロスを貼る場合、どこに貼るのが一番効果的なのか。最後は、この疑問に答えをくれるお部屋をご紹介していきます。今回は、ユーザーさんたちのこだわりが感じられる施行例をピックアップしてみました。

キッチンカウンターに貼る

こちらのユーザーさんは、ライトブルーのクロスをキッチンカウンターに貼っています。こうすると、キッチンの白い壁との対比が味わえますね。ピュアな白と、発色の良いライトブルーのコントラストが同時に楽しめて、爽快な気分になります。

柱に貼る

透明感が魅力の、白いお部屋。澄んだ空気が流れていそうで、深呼吸をしてみたくなります。そんなこちらのお部屋では、壁の一角にコンクリート調のクロスが貼られています。こちらも奥に白い壁が見え、コントラストが楽しめますね。コンクリート調のクロスが、白の清らかさをより引き立てています。

白い面を残しながら貼る

深い海を連想させる空間。梁のやや下から、ディープブルーのクロスが大胆に貼られています。白い面積が残っているので、ディープブルーをふんだんに使っていても、お部屋が暗くなっていません。むしろ、明るく爽やかな印象に仕上がっています。ディープカラーの場合は、白を残すと良いんですね。また1つ賢くなれました!

天井に貼る

こちらのユーザーさんは、なんと天井にアクセントクロスを貼っていらっしゃいます。その発想に脱帽ですね。お部屋に深みが出て、とてもステキです。空間全体に落ち着きが生まれて、梁との組み合わせもかっこよくマッチしています。

狭いリビングですが、天井の高さを活かし梁を出しグレーのアクセントクロスをはってもらいました。 カーテンも天井から設置しスッキリ感をだしました。
Mayu..

以上、アクセントクロスの特集でした。参考になるテクニックが目白押しでしたね。どのアイデアも素敵なものばかりで、ずっと感心しきりでした。みなさんも、ぜひご自宅にアクセントクロスを取り入れてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「アクセントクロス」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ