スペースを賢く使う工夫とは?6~8畳のインテリア実例集

スペースを賢く使う工夫とは?6~8畳のインテリア実例集

インテリアを楽しむには、6畳や8畳のお部屋ではもの足りないと思っていませんか?RoomClipには、6~8畳のお部屋でコーディネートを楽しんでいるユーザーさんがたくさんいらっしゃいます。工夫を凝らしたお部屋の、センスとアイディアには驚かされますよ。そんなユーザーさんたちの、自慢の空間を見てみましょう!

家具選びを工夫する

面積が限られているからこそ、家具選びは重要です。カラーを厳選したり、使い勝手の良い家具を設置したりすることで、お部屋をより快適な空間にすることができますよ。もちろん、見た目にだってこだわりたいですよね。ユーザーさんたちは、どのような家具を選んでいるのでしょうか?

ホワイトで広く見せる

ホワイトの家具に差し色のピンクがかわいらしいこちらは、Marinさんのお部屋。ホワイトは壁や床とのなじみがいいので、部屋が広く見える効果が期待できます。全体的に高さのあまりない家具をチョイスしているので、圧迫感がないところもいいですね。ファブリックや小物、ライトに個性が出ていて、とてもキュートです。

収納付きの家具を選ぶ

引き出しのついたベッドとテーブルをチョイスした、yroom90さん。隠して収納できるので、清潔感のあるお部屋に仕上がりますよ。ナチュラルカラーの家具で統一されていて、まとまりがあります。家具やカーテン、ラグがシンプルな分、ベッドカバーのデザインが映えますね。

ローテーブルを縦から横に向きを変えたら 部屋が広く見えるようになった気がします☻
yroom90

ロフトベッドで下のスペースを確保する

ベッドをロフトタイプにすると、下のスペースを有効活用できますよ。maaLさんは、子ども部屋にロフトベッドを置いています。下の空間にはデスクと本棚を設置し、勉強スペースに。ちょっと狭いところのほうが、勉強や読書ってはかどりますよね。自分だけの隠れ家のようで、子どもも喜びそうです。

便利家具を駆使する

tukudaniさんのお部屋には、便利家具が勢ぞろい!ミラー付き本棚、2つの使い方ができるソファーベッドなど。昇降式テーブルは、ソファーテーブルとしても、チェアと組み合わせてデスクとしても使えますね。パソコンテーブルも、向きを変えればローテーブルになります。チェアも折りたためるなんて、もう完璧です。

家具の配置を工夫する

家具選びに続き、家具の配置も大切です。お部屋をどのように使いたいのかによって、置き方はいろいろあります。家具を寄せてスペースを広くとるもよし、家具をメインにするもよし、お部屋を区切るもよし!ユーザーさんたちのお部屋の使い方からわかる、配置の工夫をご覧ください。

壁に寄せて広々スペースを確保する

家具をできるだけ一辺の壁に寄せ、スペースを広くとったnobupacaさん。見えている床の部分が広く、6畳には見えませんよね。ふかふかの丸型ラグで、ゆったりと過ごすことができそうです。北欧テイストで揃えられた家具は、落ち着いた雰囲気でお部屋にあたたかさを与えています。

ベッドを中心に置く

壁に寄せがちなベッドを、思い切って中心に置くとより魅力的なベッドルームになりますよ。大きくスペースを使うことで、ちょっとした贅沢感も生まれます。部屋の間仕切りにカーテンを使うアイディアもGOOD!ドライフラワーやラグを使うことで、和室とは思えないナチュラルなベッドルームに仕上がっています。

チェストで部屋を仕切る

8畳の1Kで、チェストが効果的に使われています。収納としてはもちろん、寝るスペースと食事のスペースを仕切る役割も担っていますね。適度な高さなので、視線が抜けて奥行きをより感じられる効果も。シングルベッドの幅にぴったり合っているところも、重要ポイントです。

八畳とは思えないくらい、広く感じますね!素晴らしい! 置いているものに無駄がないからでしょうか 、、
Yukaringo
チェストなどのサイズ選びに妥協しなかったからかなと思ってます…!
KOGA

収納を工夫する

特にワンルームのお部屋などは、作り付けの収納が小さい場合も多く、収納家具が必要になることがほとんどです。機能的で使い方の選択肢が多いアイテムや、見えていても美しい収納方法を選びたいですね。収納は難しい分、アイディアが光るポイント。ユーザーさんたちの、とっておきの工夫を見てみましょう。

オープンラックで収納の選択肢を増やす

IKEAのシェルフユニットを、テレビ台兼収納として使っているi-kanaさん。入れるものによってボックスのサイズや種類を分け、効果的に使用していますね。ボックスを替えることでテイストも変化するので、模様替えしたくなっても大丈夫です。見せる収納も隠す収納もできる、万能ラックです。

マットレスをソファにする

こちらのコンパクトなソファ、実はマットレスとクッションを組み合わせたもの。大きくて収納しにくいマットレスは、逆に出して使ってみようという、斬新なアイディアですね。カバーは、サイズに合わせてchichanさんが縫ったオリジナル。同じくハンドメイドしたクッションカバーが、お部屋に彩りを与えています。

壁全体を収納にする

「収納がないなら作ればいい」。そう考えたchzさんがたどり着いたのは、ディアウォールを使用した壁収納です。天井まで高く棚を設置し、収納スペースを大きく確保しています。ボックスなどを使い、見せると隠すをうまく使い分けていますね。扉部分も見逃さず、しっかり収納として機能させているところもすばらしいです。


限られたスペースの中で、家具や収納の工夫を凝らし、インテリアを楽しんでいるユーザーさんをご紹介しました。参考になるアイデアばかりでしたね。今回ご紹介した実例が、お部屋作りのヒントになればうれしいです。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「6畳 8畳」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ