「共働き&育児中でもリバウンドしない収納の作り方」 by maamiさん

「共働き&育児中でもリバウンドしない収納の作り方」 by maamiさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、すっきりとした北欧シンプルなインテリアで、住まいをコーディネートされているmaamiさんにお話を伺いました。共働き夫婦でも、やんちゃ盛りのお子さんがいても、リバウンドしない、いますぐ真似したくなる収納メソッドばかりです。

今回教えてくれたユーザーさん♪

夫婦と子供2人の、4人家族です。 共働きでも、使いやすく頑張りすぎない、 シンプルで居心地の良い空間を目指し、日々勉強中です。

観察とヒアリングから導く、家族思いの収納

maamiさん宅の収納は、北欧シンプルなインテリアともバランスよく調和するスタイルで、スッキリと統一されているのが特徴的です。インボックスやカゴなどを用いた、オープンタイプの収納が多くみられるようですが、具体的にはどのようなことに気を付けて収納づくりをされているのでしょうか?

maamiさん

「収納全体に対するこだわりは、家族にとってわかりやすくしておくことです。私たち夫婦は共働きで、子供たちもまだ幼いため、どこに何をしまえば効率が良いかを考えながら収納するようにしています。 夫や子供たちの動線や習慣を観察してみたり、聞いてみてたりしながら工夫しています。」

共働き、育児中のご家族となると、自分たちの身支度もお子さんたちの身支度も限られた時間で済ませなくてはならなかったり、自分が思う通りにものごとが進まなかったりすることも多くなりますよね。そんな時、『使いたいものが行方不明!在庫切れ!』『片付けが追い付かず、散らかっているのがデフォルト……』という悪循環が起きると、ストレスは倍増してしまいそう。maamiさんのように、家族を良く知り、ニーズをヒアリングしたうえで、皆がスムーズに使える収納にしておけば、こうした悪循環も防ぐことができます。

ここからは、maamiさんの観察とヒアリングが導き出した、スピーディ&スムーズに日常が回る収納づくりのコツを3つに分けて詳しく掘り下げていきます。どれも、すぐ実践できそうなアイデアばかりですので、共働きで片づけに割く時間があまりない、おもちゃの散乱はいたちごっこ、なんて方もぜひ、チェックしてみてください。

少ない動作で楽に片付く、時短収納のコツ3つ

その1 お気に入りのおもちゃは飾る

maamiさん

「お気に入りのおもちゃやプラレールなどは、すぐ遊べて片付けもしやすい、専用の棚を手作り収納しています。 今までは引き出しにしまったり、かごに入れたりしていましたが、埋もれて取り出しづらくなってしまうことがしばしば……。この棚に変えたことで、子供たち自身が飾って、遊んで、前以上に物を大切に扱えるようになりました。」

その2 急いで使うものはワゴンでひとまとめに

maamiさん

「下の子は、まだオムツが必須です。 使用頻度も高く、急いで使いたいことも多い、オムツまわりのグッズは、ワゴンにひとまとめにしています。 ちなみに、上段はオムツ替えセット、中段は保育園着、下段は保育園バックなどと、分類しています。 忙しい朝も、このワゴン1つで支度完了です!」

その3 衣類はたたまず、ハンガー収納

maamiさん

「衣類は、素材、着る頻度、デザインなどで収納方法は変えますが、基本はハンガー。 たたむより、スピーディーだし、朝の洋服選びもスムーズです。」

オススメの収納アイテム

ITEMマックスシェアー ジョイントマット
PRICE2600円

カラフルなものが多い中、フローリングに馴染むこちらのジョイントマットに出会いました。 一年以上経過しましたが、耐久性もよく非常に気に入っています。大判なので、簡単に敷き詰めらるし、滑りにくく、おもちゃでフローリングを傷つける心配も減りました。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

maamiさん

「収納は、自分と使う人の動線や癖などを観察することで、より快適で効率の良い状態にできると思います。 また、習慣や年齢に応じて変化させるもの、そうでないものを分けておくのもおススメです。 こう言う私も、まだまだ日々模索中です。」

どんな時も、スピーディー&スムーズに

maamiさんは、家族の習慣や癖をよく観察し、さらにニーズをヒアリングすることで、ひとりひとりが自発的に『使って、片付ける』環境をつくり出されています。共働きだからこそ、自然とみんなが協力し合えるこの環境は、誰にとっても有意義なものではないでしょうか。また、使いやすさや片づけやすさが優先されているためか、maamiさん宅の収納はオープンスタイルが多めです。でも、インテリアに馴染みの良い色や形のケース類で、上手くコーディネートされているので、生活感が収納から露わになることもありません。むしろ、インテリアの雰囲気を演出するファクターとして機能しているのが素敵です。

お気に入りのおもちゃだから飾れれば嬉しい、同じタイミングで使う物ならひとまとめにしておけば時短になる、片付けが楽なら使う時だって楽……今回、maamiさんが教えてくれた収納のコツは、どんな家庭にもあてはまる『快適』が詰まっていると思いませんか?使うと片づけるがいつもワンセットだから、リバウンドも予防できます。ぜひ、ご家族の日常と収納の見直しの参考にしてみてください。


maamiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ