気分一新!ミナペルホネンのマスキングテープでリメイク

気分一新!ミナペルホネンのマスキングテープでリメイク

北欧好きに人気の高いブランドのミナペルホネンから、マスキングテープが出ているのはご存知でしょうか?高価な物が多く手が出せない……と思われている方でも、マスキングテープであれば、少し挑戦しやすいかもしれません。今回は、気分を一新できる、ミナペルホネンのマスキングテープを使ったリメイク術をお伝えします。

いつものモノも、マステで変身!!

ミナペルホネンのマスキングテープで、いつものモノも変身させちゃいましょう☆少し手を加えれば、愛着も湧き、気分を上げてくれるアイテムになること間違いなしです。

トイレを彩るアイテムに変わる

macaronさんは、トイレットペーパーカバーと消臭スプレーカバーを買い、そこにマスキングテープを貼っています。これなら、そのまま見えるように置いていても、トイレを彩るアイテムとして役に立ちます。いつも何気なく使っているものにも、このようにアレンジを加えれば、気分を上げてくれるアイテムに変わります。

スイッチカバーもオリジナルに

こちらは、chi-chi-さんがリメイクされたスイッチカバーです。スイッチカバーを交換したいけれど新しく買ったものが取り付けられるか心配……という方は、このようにリメイクすれば、そんな心配もいりません。スイッチを押すたび、お気に入りのスイッチカバーに、ニンマリしてしまいそうな仕上がりです。

調理中の気分も上がるラップケース

ラップケースとしてさまざまなものが売り出されていますが、なかなかお気に入りのものが見つからなかったというmapleさんは、そのままの箱に、白いマスキングテープを貼って、その上からミナペルホネンのマスキングテープを貼っています。さらに、ラベルシールも貼っているため、グッとおしゃれ感が増しています。

飾り棚やニッチを彩る

お気に入りの雑貨をディスプレイしている場所に、ミナペルホネンのマスキングテープでリメイクすれば、もっともっと好きな場所になるかもしれません。どのように取り入れれば、ディスプレイ空間を彩ることができるのでしょうか。

小物を引き立てるワンポイント使い

KotoRiさんのダイニングには、テーブルとキッチンの間にニッチがあります。そこにマスキングテープを貼ってリメイクされました。壁紙を貼るより、手軽で取り入れやすいですね。タンバリンの柄がピッタリと納まっています。シンプルな柄で、置かれているやさしい色合いの小物も引き立ち、品よくまとまっています。

お部屋にアクセントを加えて

白い壁に黄色のマスキングテープが映えて、パッと目を引きつけてくれます。こちらは、necocoさんのディスプレイスペースです。壁に付けられる家具の中にマスキングテープを貼ってリメイクされました。黄色ベースのタンバリン柄は、愛きょうのある北欧雑貨にもピッタリです。見るたびに明るい気分にしてくれそうです。

リビングの壁に、無印の壁に付けられる家具を2つ設置して、背面には画用紙にミナペルホネンのタンバリンマステを貼ったものをはめ込んでます。 それだけでもお部屋のアクセントになってて気に入ってるけど、ここにお気に入りの雑貨たちを飾るのが好き! 気分によって、雑貨を変えてます(*´꒳`*)

トイレの収納棚もイメージチェンジ

hizumさんは、トイレの収納棚にマスキングテープを貼ってリメイクされました。マスキングテープの濃いブルーは、ゴールドの額との相性がよく、古さと新しさを心地よく兼ねそなえたような、魅力的な印象です。ホワイトのフラワーベースがくっきりと見えて、背景とのバランスの良いディスプレイ空間となっています。

マステだからできる壁面リメイク

壁面のリメイクには、大がかりな作業が必要になりそうで挑戦できない……という方も、これからご紹介する皆さんのお部屋をみれば、やる気スイッチが入るかも?!壁面をリメイクしてオリジナルのお気に入り空間を手にいれている方々のお部屋をご紹介します。

マステと百均ブロックで変化をつけて

yukimaruさんは、トイレの壁をリメイクされました。テープの終わりになる部分に、百均で購入したクッションブロックを貼っています。このようにすることで、見た目に変化もつきますし、壁の上部のみにマスキングテープを使っているので、お掃除もしやすいです。心地よく過ごせるトイレ空間になっています。

ホワイトインテリアにやさしくアクセント

こちらは、キッチンのカウンター部分の壁をリメイクされています。タンバリン柄が、ホワイトベースの清潔感あふれるキッチンにさりげなく溶け込んでいますね。空間に奥行きが出て、少ない色で立体感のある印象になっています。ナチュラルな木の色とも相性が良く、シンプルな中にこだわりの詰まったキッチンとなっています。

扉の片面に貼ってインテリアに変化をつける

黄色い壁が目を引く北欧風のお部屋です。naoさんは、その壁の横にあるクローゼットの扉をリメイクされました。片方にグレーのカッティングシートを貼り、もう片方にマスキングテープを貼っています。青や黄色の原色にも馴染みやすいグレーと、タンバリン柄で、個性を出しながらも、まとまりの良いコーディネートです。

北欧風だけじゃない

壁をリメイクしてフレームを飾り、ドライフラワーやシャンデリアと共に、フレンチナチュラルなインテリアを作りだしているのは、Rさんのお部屋です。北欧の家具や雑貨と組み合わせるだけでなく、Rさんのようなお部屋にもよく合います。北欧風のインテリアではないけれど……という方でも、取り入れてみたいデザインです。


ミナペルホネンのマスキングテープで、オリジナルのものや空間を作っている方々のお部屋をご紹介しました。テープ一つでガラッと雰囲気が変わりますね。気分を一新したいという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ミナペルホネン マスキングテープ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ