「団地リノベで手に入れた、真っ白モダンな心地よい暮らし」 by opantiさん

「団地リノベで手に入れた、真っ白モダンな心地よい暮らし」 by opantiさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、印象に残る、白くモダンに洗練されたインテリアで住まいをコーディネートされているopantiさんと、団地リノベーションならではの魅力の詰まったご自宅にフォーカスします。

今回ご紹介するのはこの方です!

2018年春から、築35年の団地をフルリノベーションして、家族3人で暮らしています。 まだ引っ越してから日が浅いので、RoomClipで勉強しながら、素敵な家づくりをしていきたいです。

白く、潔く、心地よく

シンプル×白で導き出された、澄み渡る空気感

大阪府在住のopantiさんご家族のお住まいは、公団住宅をフルリノベーションした3LDKです。ほぼ白で統一されたモダンなスタイリングの室内からは、昭和に作られた公団住宅の面影がまるで感じられません。空間をより広く伸びやかに見せる、光を反射する真っ白なタイルの床は特に印象的です。タイルの床は、ほどよくひんやりとしていて、ゴロゴロ床に転がって過ごすことも少なくはないとopantiさんは話してくれました。

公団住宅に多く採用されたI型の壁つけキッチンも、opantiさん宅の中にあるとモダンです。ダイニングテーブルを囲むように、キッチンとカップボードがL字配置になっているため、生活動線もスムーズそう。なにより、シンクから作業面、収納扉のすべてが潔いまでに真っ白に統一されているのが素敵です。徹底して白にこだわったスタイリングの醸し出す清潔感と、充実した収納により生活感がスッキリとオフされた空間は、漂う空気まで澄み渡って見えるほどに美しく感じます。

こだわりと団地リノベならではの魅力

無駄のないシンプルなレイアウトと白基調のモダンスタイリングと聞くと、無機質な淡白さや冷たさを想像してしまいます。でも、opantiさん宅からは、そんな印象を受けることはありません。その理由は、白いスタイリングを柔らかく中和してくれるライトグレーづかいのバランスと、瑞々しい躍動感と生命力でアクセントを添える観葉植物たちの存在があるから。そして、観葉植物に関しては、『子供のころから大好きなグリーン!今更、植物のない部屋では生活できません』と語るopantiさんならではのこだわりでもあります。物を最小限に抑えたシンプルな白い空間は、光や風の通りも良さそうなせいでしょうか?opantiさんのつくる空間の中で、植物たちもひと際、生き生きとしているような気もします。

また、リビングソファの手前には、細く縦に伸びる空間があるのも、opantiさん宅の特徴のひとつです。この空間は、リノベーション前は押入れだったそう。リノベーションによって、押入れの開口部だった部分を壁にし、片側の側面に開口を設けたことで、秘密基地的な書斎が誕生しています。この、おこもり感たっぷりの場所は、opantiさんご家族皆さんお気に入りで、時には3人揃ってこもられることもあると言います。狭さと薄暗さ、集中するにはうってつけで、ついつい時を忘れて過ごせてしまうのではないでしょうか。

少女の心を虜にする子供部屋

opantiさん宅は、白にこだわってスタイリングされていますが、LDKや洗面、トイレなど、あらゆる場所において「どんな時、どんな人たちが使うのか」を考えたうえで、誰もが気持ちよく過ごせるように工夫されているのも魅力的な点です。中でも目を惹くのは、リビングソファ脇に置かれたヘゴの木のアーチをくぐった先にある子供部屋。白い空間の奥に、パッと浮かび上がる、空のようなミントグリーンのアクセントウォールに、一気に視線を奪われます。

そのまま導かれるように室内に入ると、ファンタジックな華やかさと、ホワイトインテリアで心地よく整頓された、少女の心を虜にして放さないであろう子供部屋が広がります。お子さんの好みを尊重して、ひとつひとつの家具やアイテムを選ばれているそうですが、それをコーディネートしてこれだけの世界観にされたのは、opantiさんならではのセンス。

その場所で長く過ごす人にとって最高の環境、多くの人が使う場所なら誰もが心地よいと思える工夫、opantiさんの空間づくりは、自らのこだわりもさることながら、いつだって誰かを思う気持ちが込められています。シンプルに清潔感たっぷりに、でも優しく温かな雰囲気の空間をこれからもきっとopantiさんは見せてくれます。ぜひ、今後も注目してみてください。

opantiさん邸の間取り図

opantiさん宅は、公団住宅をスケルトンフルリノベーションされた3LDKです。タイル張りの床や設備の刷新、間取り割り振り、押入れスペースの新しい可能性……団地リノベーションならではの工夫や斬新な発想という魅力がギュギュっと詰まっています。

opantiさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

opantiさん

シンプルで清潔感のある空間を意識しています。 好きなホワイトとライトグレーでまとめつつ、ものは必要以上に持たないようにしています。リビング、ダイニング、トイレは、お客様も過ごす空間なので、心地よさと清潔感に特にこだわった場所です。 また、ホワイトの冷たさは植物で緩和させたり、子供部屋は子供の好みを尊重して商品選びをしたりといった工夫をしています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

opantiさん

IKEAさんですね。 大物から小物まで、まずIKEAさんでチェックします。シンプルな真っ白やグレーの商品が多いので、我が家にはなくてはならないブランドです。 IKEAさんで見つからない時は、楽天さんをチェックします。 収納用品や日用品は、IKEAさん以外に無印良品さんの商品も愛用していますよ。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

opantiさん

IKEAさんの子供用家具『STUVA ストゥヴァ』の、クローゼットと引き出し収納が良かったです。 ハンガーレールを2cmピッチくらいで好きな位置に設置でき、子供でも自分で服を選ぶことができます。 引き出しも軽く、子供の力で簡単に開け閉めができるため、下着から服、ハンカチまで自分で用意をしてくれるようになり、助かっています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

opantiさん

ファッションです。 インテリアと同じで、ホワイトとライトグレーの服、小物が多いですが……(笑) いつまでも素敵な女性でいたいと思います。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

opantiさん

自分では思い付かなかったような配色、デザインの商品選びなど、RoomClipの全てが勉強になります。 素敵なユーザーさんや運営スタッフさんのおかげですね。 だからこそ、そんな素敵な皆様に会ってみたい気持ちもあるんです。直接、情報交換ができたり、インテリアの勉強会みたいなイベントがあるといいな……と密かに思っています。できれば関東だけでなく、関西や地方でも開催してほしい(涙) 今回、素敵な企画に参加させていただき、良い経験ができました。本当にありがとうございました。

opantiさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


opantiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ