ファッション感覚でアレンジ☆デニムのリメイク術をご紹介

ファッション感覚でアレンジ☆デニムのリメイク術をご紹介

ファッションでは定番のデニムは、使うたびに肌触りがよくなる風合いや色落ち感のある生地で経年を楽しめる素材です。インテリア素材としても取り入れやすく、抜け感のあるヴィンテージな雰囲気のお部屋作りに大活躍します。今回はデニムを使ったリメイクで、お部屋作りを楽しんでいるユーザーさんの実例をご紹介します。

パッチワーク使いでこなれ感のあるリメイク

デニムの端切れや四角い生地を縫い合わせて作るパッチワークデザインは、生地の組み合わせが楽しめるおすすめのリメイク方法です。色落ち感や風合いの異なるデニムを組み合わせたり、異素材をプラスするとヴィンテージな大人っぽい雰囲気のアイテムを作ることができますよ。

ソファーカバーで西海岸スタイルに

異なるデニムを組み合わせたリメイクでソファーカバーを作られていて、西海岸スタイルのインテリアになじんでいます。色合いの違うデニムの素材がアクセントになっていて、こなれ感のある雰囲気ですね。グラデーションになったデニムの色と白い壁とのコントラストで、素朴さと大人っぽさを融合した空間になっています。

デニムを活かしてヴィンテージ感を演出

デニムのパッチワーク使いに、エイジング加工を加えてリメイクされています。色落ちして風合いのあるデニムに白いペンキでアクセントをプラスしたアイディアは、ヴィンテージ感のあるスツールになっています。インテリアを男前な空間に変身させてくれますね。

デニムスツールを作りました。パッチワークは布用ボンドで。ライトもエイジング加工しました。
AZUWORKS

レザー×デニムで大人カジュアルな雰囲気に

デニムの端切れを組み合わせて、パッチワークのクッションカバーに変身。デニム素材のほかにも、合皮レザーを入れて大人っぽいカジュアルさをプラスしています。異素材を組み合わせた抜け感のあるカバーリングで、お部屋をワンランクアップしてくれるアイテムが完成しています。

手軽にリメイクできるアイディア

デニムは丈夫で扱いやすく、色落ち部分や切りっぱなしをそのまま活用できる素材です。お手持ちの家具や雑貨に切って貼るだけで、オリジナルのアイテムを作ることができます。普段リメイクをしない方でも、手軽に取り入れられるアイディアをご紹介します。

端切れを貼ってティッシュボックスに

木製のティッシュボックスに、デニムの端切れを貼ってアレンジされています。切りっぱなしの生地と、程よい色落ち感がそのまま出ていて、ヴィンテージな雰囲気のある雑貨に変身していますね。ポケットの部分が小物入れのようにも使える便利なアイディアです。

セリアのティッシュBOX(木材のやつ)に デニムの端切れ貼りつけたら満足♡
Rans_andy.

質感のあるオリジナルチェストにリメイク

こちらのユーザーさんは、お手持ちのチェストにデニムをカットしたものを貼ってリメイクされています。古着風のデニムの質感が表現されていて、男前なオリジナルチェストにイメージチェンジ。手軽に雰囲気を変えることができるので、ぜひ参考にしたいですね。

ファッション感覚でディスプレイに

デニムヤーンを流木に巻いて、タペストリーに変身させています。ランダムに巻いたデニムの糸がほつれていく感じも、素朴なアクセントになっていますね。ネイティブ感のある毛糸と組み合わせていて、ファッションのようにお部屋へディスプレイして楽しめるアイテムです。

デザインを活かしてインテリア雑貨に変身

RoomClipでは、洋服のデザインを取り入れたリメイクもたくさん紹介されています。ポケットやブランドタグはアクセントになるので、ぜひその形状を活かしてアレンジしてみましょう。お部屋のディスプレイや、収納としても便利なファッション感覚の雑貨に変身している実例を見てみましょう。

ポケットを活用して壁面ディスプレイに

デニムのボトムスをそのまま収納に活用したような、楽しいデザインですね。ちょっとした小物が入るポケット部分や、ブランドタグのデザインがアクセントになっています。流木に吊るして壁面のディスプレイとしてアレンジされていて、ユーザーさんのセンスを感じるリメイクになっています。

小さめポケットでさりげないアクセント

こちらはカッティングボードにデニムを貼ってスマホスタンドにリメイクされています。小さなポケットやベルトループの部分を組み合わせていて、可愛らしいアクセントになっています。このまま壁にかけたり、棚にディスプレイしたりと、いろいろな場所で幅広く使えるアイテムですね。

ウォールポケットで見せる収納スペースに

デニムで作られたウォールポケットで見せる収納に工夫されています。それぞれ違うポケットがデザインのポイントになっていて、見た目にも楽しいアイテムですね。煩雑になりがちな工具や雑貨がすっきりと収納されていて、デニムのカジュアル感と工具類の雰囲気がとてもよく合っています。

男前なマガジンラックに変身

ジーンズのデザインを活かして、マガジンラックを作られたユーザーさん。デニムの素材感に、ポケットやラベルタグがアクセントになって男前な雰囲気を作り出しています。ポケットにも小物収納ができるので、インテリアで便利に使えるカッコいいリメイクですね。

ジーンズで次は大きなマガジンラック作ってみた。
masaki

色落ち感や素朴な風合いを楽しめるデニムは、アイディアしだいでさまざまなアイテムに活用できますね。デニムは、幅広いインテリアスタイルと合わせることができるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「デニム リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ