「ひらめきで環境を活かす。トキメキたっぷりのカフェ風空間」 by ARIさん

「ひらめきで環境を活かす。トキメキたっぷりのカフェ風空間」 by ARIさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、明るいホワイトベースのナチュラルカフェ風のインテリアで、暮らしをコーディネートされているARIさん宅の、目移りするほど素敵なワクワク感が詰まったキッチンをご紹介します。

私たち夫婦と小学生の息子、娘、実父の5人家族です。6年前、父の病気を機に、実家であるこの家に戻り一緒に住むことになりました。 戻る前までは、落ち着いたグレーの飾り気のないキッチンでしたが、私好みにDIY! これからもRoomClipと共にお部屋づくりを楽しみたいです。

ほっこり×遊び心で、カフェ気分

ARIさん宅は、白木調やレンガ調を使いこなした、爽やかな明るさが魅力的な空間です。特に、可愛らしい小物がバランスよく散りばめられたキッチンは、道で見つけた雑貨屋さんに迷い込んだようなトキメキを覚えさせてくれます。毎日使う作業場、当然、生活感や使い勝手と素敵な見た目の間で、試行錯誤があったのではないでしょうか?まずは、ARIさんならではのキッチンづくりへのこだわりや、工夫している点についてお伺いしてみましょう。

ARIさん

「雑貨屋のような、カフェのような、ほっこりとした温もりの中にも遊び心が感じられるキッチンをテーマにしています。収納面は、よく使うものは見せて、隠したいものはカゴなどの自然素材を使ってナチュラル仕様にして、自分なりに使いやすくバランスのとれたディスプレイになるように心がけています」

ディスプレイでLDKの主役になる、オープンキッチン

L字型の対面カウンターになったARIさん宅のキッチンは、見通し抜群のフルオープンです。背面の壁だけでなく、カウンタートップや天井など、キッチンのあらゆる部分でディスプレイを楽しみ、LDKのカフェ風インテリアを盛り上げていました。ここからは、キッチンとは切っても切れない生活感やツールの収納と、素敵なディスプレイが心地よく共存する、ARIさん流のバランスのとれたキッチンコーディネートのメソッドにフォーカスしていきます。カフェや雑貨屋さんのような、楽し気な空間づくりをしてみたいという方も、生活感を無理なくカモフラージュする方法が知りたい!という方も必見です。

キーワード1 黒を活かした、甘すぎないナチュラルカフェ感

ARIさん

「もともと、わが家の家電は黒系が多く、ナチュラルな空間にどう馴染ませるかで悩んでいました。 でも、ある時『その黒を活かせばいいんだ!』とひらめいたんです。そこで、雑貨やDIY小物にも黒をチョイスすることに。すると、生活感を漂わせる家電たちが黒雑貨にカモフラージュされ、ナチュラルな空間に馴染むようになりました。」

キーワード2 冷蔵庫はサインボードに見立てて、生活感をオフ

ARIさん

「キッチンの真ん中に陣取っているのは、生活感まる出しの冷蔵庫。少しでも、ナチュラルな空間に馴染ませたくて、インテリアシートを貼り、さらに文字や絵も自分好みに切り抜いて加えて、カフェのサインボード風にアレンジしました。」

キーワード3 マグネット対応パネルを利用した、可動性の良い飾り棚

ARIさん

「どうしても、壁面に飾り棚が欲しくてDIYしました。実は、マグネット対応のホーローキッチンパネルなので、飾り棚は諦めていたんです。でも、マグネット対応を逆手に取り、ビスで留めではなく強力マグネットを使用して取り付けることにしてみました。やってみると、壁に穴を開けずぜっちができた上、移動もできるので、かなり気に入っています。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

ARIさん

「私など、アドバイスをするような立場ではないと思うので、恐縮ですが……。 『これいいなぁ』 『こんな感じ好きだなぁ』そんな自分自身の『好き』にテーマをつけてカタチにしていくのが良いと思います。好きから始まれば、最初は誰かの真似でも、だんだん自分のものになっていくのではないでしょうか。 『好き』という、その原動力が一番大切だと思います。 私も、RoomClipに出会い、たくさんの方のインテリアに刺激を受けながら、私らしいキッチンづくりを日々楽しませてもらっています。 たくさんの方に、そんな楽しい気分をを味わってもらいたいです。」

まとめ: 不満や悩みがあるから、ひらめきが生まれる

ARIさんのつくり出す、カフェ風キッチンには、既存を活かした工夫が詰まっていました。そして、もともと持っていた黒系家電を活かす工夫、大きな生活感「冷蔵庫」をディスプレイに変える工夫、ビス留めに不向きな場所に飾り棚をつける工夫、どれも、それぞれ小さな不満や悩みから生まれたものであるのが注目すべきところです。

キッチンに限らず、インテリアや収納を見直そうとするとき、そこには少なからず何かしらの「不満・悩み」が潜んでいるのではないでしょうか。もしかすると、その不満や悩みがきっかけで、見直しそのものに挫折してしまっている方もいるかもしれません。でも、ARIさんのお話を聞いてわかるように、その不満も悩みも、見方を変えるとチャンスになります。チャンスをどう見出すか、環境をどう活かすか、それはきっと、人それぞれのセンスで異なります。だから、仮にスタートが人真似だったとしても、だんだんと唯一無二のとっておきに仕上がっていくはず。ぜひ、ARIさんのひらめき力と素敵なキッチンコーディネート、参考にしてみてください。


ARIさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ