「大切な時間を丁寧に。北国につくった温かな地元」 by fuu_to_whitehomeさん

「大切な時間を丁寧に。北国につくった温かな地元」 by fuu_to_whitehomeさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、日々を慈しむような暮らし振りがインテリアからも伝わってくる、fuu_to_whitehomeさんがつくり出すほっこり癒し系のお住まいをご紹介していきます。ほのかに暮らしを照らす、こだわりの愛らしい照明もお見逃しなく……。

今回ご紹介するのはこの方です!

夫婦と子ども1人の3人家族です。夫も私も地元は本州ですが、北国の風土と文化に魅了され、この地での永住を決意しました。そして、子どもにとっての地元をつくりたいという気持ちから、この度、持ち家を購入しました。

北の地に根を張る、日々を慈しむ暮らし

心地よく他所と繋がるゆったり空間

永住先を北国に決めたfuu_to_whitehomeさんご一家のお住まいは、2階建て4LDKの塗り壁と木の家です。玄関を入るとすぐ迎えてくれるのは、家族が団らんするLDKへとつながる室内窓とR壁。その先には、白と無垢材に包まれた明るい空間が広がっています。

くつろいだり、遊んだりができるリビング部分に比重をおいたコーディネートのLDKは、シンプルだからこそ、あるものひとつひとつの個性が際立っているのが印象的です。特に、縦の空間を飾る、照明やヒンメリ(フィンランドの伝統的な装飾品)がインテリアをセンスアップしているように感じます。

ちなみに、ゆったりとスペースをとられたリビングの一部には、カーテンレールがあります。透け感のある白いカーテンを閉めれば、ほんのりとおこもり感のあるキッズスペースに早変わり。こうしたエフォートレスに暮らしを愉しむギミックも、fuu_to_whitehomeさん宅の魅力のひとつです。カーテンで切り取れる空間は、ちょうど2階へ吹き抜けになっている部分でもあるので、開放感はそのまま残ります。おこもり中でも、なんとなくどこかに他と繋がる抜け目があると、安心して遊びに夢中になれそうですね♪

大好きなものと一緒に、家族を見守れる場所

fuu_to_whitehomeさんは、『日々の暮らしの中でも多くの時間を過ごす場所という思いから、キッチンと2階の主寝室には力を入れています』と話してくれました。中でもキッチンは、幼いころから憧れていたタイル張りをはじめ、fuu_to_whitehomeさんの好きなものだけを集めたとっておきの場所。爽やかなネイビーとホワイトのコントラストも、並ぶこだわりの道具たちも、どれもが洗練されていて思わず見惚れてしまいます。そして、その素敵な眺めの先に目を向ければ、LDK全体だけでなく、室内窓越しの玄関や吹き抜けの先の2階までが見渡せます。

キッチンの背面カウンターには、さらにお気に入りの道具たちがズラリと並んでいました。ナチュラルでシンプルなアイテムたちは、どれも表情に温もりがあって、見ているだけで気持ちがほっこりしてきます。fuu_to_whitehomeさんのキッチンは、大好きなものたちに囲まれながら、大好きな家族を見守れる優しい場所でした。

今しかない時を大切にしたい、寝室図書館

もうひとつの『力を入れている場所』である主寝室は、どんな場所なのでしょうか。ドアの前には、可愛らしい絵本がたくさん並ぶ本棚があります。fuu_to_whitehomeさんいわく、ここは『寝室図書館』。夜、お子さんにこの本棚から1・2冊好きな本を選んでもらい、眠る前の親子のひと時を楽しむのが習慣なのだそうです。仕事をもつfuu_to_whitehomeさんにとって、お子さんとのかけがえのない日々の思い出をつくれる寝室は、それだけでも特別な場所なのかもしれません。

寝室の中は、シンプルにロースタイルのベッドが置かれていました。実は、こちらのベッド、シングルベッドを2つ繋げてキングサイズ風に使われているんです。今は、親子3人が川の字で眠っていますが、いずれお子さんが自立した時は、ご夫婦の寝室へとシフトしていけます。

そして、この部屋のアイコンともいえるのがfuu_to_whitehomeさんこだわりのライト。福岡のアンティーク家具店『krank』の、壁に設置した木製の歯車で、コードライトを吊り下げる個性的なアイテムです。オシャレだけれど、どこかひょうきんなライトから、優しく広がる明かりのもとで、寝室図書館の読み聞かせがはじまるんですね。

fuu_to_whitehomeさん邸の間取り図

fuu_to_whitehomeさんのお宅は、2階建て4LDKの間取りです。ゆったりと全体がつながる1階、そして将来の子供部屋や主寝室、ウォークインクローゼットのある2階、どの場所もほっこりと心を落ち着けてくれる空間に仕上げられています。ナチュラル、カフェ風、北欧……心地よく暮らしに浸透するテイストのミックスで、朗らかにインテリアを整えているのが印象的でした。そして、ほんのりとスパイスを効かせるレトロがあるのも、fuu_to_whitehomeさんのつくる空間の魅力であり面白み。ぜひ、今後もチェックしてみてください。

fuu_to_whitehomeさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

fuu_to_whitehomeさん

白を基調にした、どこかレトロな雰囲気がある空間を目指しています。古いものと新しいものを共存させながら、カフェ風を目指して、好きなものだけを取り入れました。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

fuu_to_whitehomeさん

家を建てる時、工務店さんと繋がりのある『ノースファクトリー』を教えていただき、それ以来好きなお店となっています。札幌にある、アンティークのライトや家具を取り扱うお店です。 また、岐阜県にある『暮らしと道具 ユーカリ』も好きなお店。こちらの『ちょこっとライト』は、私の中で一番好きなインテリアでもあります。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

fuu_to_whitehomeさん

好きなブランドやショップでも名前を出させていただいた、岐阜県にある『暮らしと道具 ユーカリ』のちょこっとライトです。豆電球が灯る、小さなライトですが、ガラスの漏斗から漏れる光がとても優しくて気に入っています。 キッチンと趣味のスペースの2箇所に設置しています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

fuu_to_whitehomeさん

コーヒーが好きで、休日になると好きな器にコーヒーを淹れて、おうちカフェを楽しんでいます。ほかにも、家でも四季を楽しめるように、季節に合わせた植物を取り入れたり、毎年恒例で自家製味噌や梅・果実シロップづくりをしたりといったことにもこだわっていますね。簡単にでも、少し手を加えながら楽しめる手づくりのものが好きです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

fuu_to_whitehomeさん

まだRoomClipを始めたばかりで、やってみたいことがぱっと思い浮かばずすみません……。新人ユーザーの私に、こういった機会を設けていただけたことに感謝しております。これからもRoomClipを通じて素敵なユーザー様のおうちやインテリアを参考にしながら、いろいろ取り入れていきたいので、検索方法がもっと簡単になるといいなーなんて思っています。機械音痴なもので、まだまだ使いこなせていないのが現状です。

fuu_to_whitehomeさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


fuu_to_whitehomeさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ