みんなどう置いてる?テレビとソファーのベストレイアウト

みんなどう置いてる?テレビとソファーのベストレイアウト

ニュースやバラエティ、ドラマなど、テレビを長時間見るときには、ソファーでくつろぎながらという方は多いですね。今回は、そのテレビとソファーを、RoomClipユーザーさんたちがどのように配置しているのかについて、注目してみました。お部屋のレイアウトの参考にしてみてくださいね。

テレビが見やすくなる基本を知ろう

テレビとソファーの配置を考えるときに、一番大切なのはテレビが見やすいかどうかということです。最初に、基本として押さえておきたい、テレビとの距離などについて見ていきましょう。

テレビとソファーの距離は画面の高さ×3

テレビとソファーの距離は、テレビの画面の高さ×約3倍が良いとされています。こちらの実例のように十分な距離を取る、もしくは部屋の広さの関係で近くなってしまうときには、テレビを小さめにするといった工夫をしましょう。シンプルで温かみのあるソファーは、テレビを見る時間をほっとしたものにしてくれそうですね。

後姿がステキなソファですね〜❤︎ カッコいい‼︎
chapi
リビングとダイニングを区切りたかったので、背面がキレイなソファを探していたところこのソファ発見しました(*^^*) そう言っていただくと嬉しいです♡
momoran

4Kテレビの場合は画面の高さ×1.5

こちらのテレビは4Kです。画像のきれいな4Kのテレビの場合は、一般的なテレビの半分である、画面の高さ×約1.5倍の距離でもOKと言われていますよ。より近くで見ることで、迫力ある映像を味わえるのがいいですね。落ち着いたトーンでまとまっている空間は、テレビを集中して楽しめそうです。

テレビの中心が目線より下になるように

テレビの見やすさには、その高さも関係します。普段、ソファーに座りながら見るのであれば、テレビ画面の中心が、ソファーに座った自分の目線より下に来るように設置すると良いでしょう。こちらの実例では、低めのソファーに対し、低めのテレビ台を取り入れているため、見やすさも◎。お部屋もより広々と感じます。

テレビとソファーの配置実例

次に、テレビとソファーの一般的な配置の仕方には、どのようなものがあるのか、またそれぞれどんなことに留意すべきかについて、ご紹介していきます。ソファーの形や、その数によっても、テレビを置く位置は変わってきますよ。

対面する配置では窓にも気を配る

対面式のソファーでは、光の反射や逆光が起こりにくいよう、窓との位置関係に気を配ったり、対策をとったりしましょう。こちらの実例のように、調光しやすいブラインドを使ってあげれば、日光が入る時間でも快適にテレビを見ることができますね。広いお部屋の中央でのびのびと過ごせるテレビタイム、うらやましいです!

L字ソファーは置き方に一工夫

L字のソファーは、幅の長い方と短い方のどちらをテレビに対面させるかを、お部屋の構造などからまずは考えたいものです。こちらのソファーの配置は、部屋をすっきりと広く見せ、ダイニングからもテレビが見えやすくなっているのがポイント。どの位置に座っても、テレビをほぼ正面から見れるのもGOODです。

ゲストにもやさしいコの字型の配置

3台のソファーがある場合には、テレビから少し離して、このようにコの字型に置くのがおすすめです。みんなで顔を見ながら談笑しつつ、テレビも問題なく見れるため、ゲストがいらしたときには最適の配置ですよ。カリモクを用いた味のあるリビングルームは、さまざまなテイストがミックスアップされ魅力的ですね。

斜めにすればみんなから見えやすい

テレビをソファーの正面ではなく、斜めの位置に置くというのも一つの手です。特に、デッドスペースであるコーナーを利用すると、壁際の空間をより有効的に使うことができるのがうれしいですね。L字ソファーのときも、コーナーが正面になるように斜めにテレビを置くと、より見やすくなりますよ。

自分に適したテレビとソファーの配置を作る

最後に、自分にとって最適なテレビとソファーの配置を作っている実例をご紹介していきましょう。テレビを見やすくする基本は抑えつつ、それをアレンジするテクニックは勉強になります。

リクライニングソファーならテレビを高めに

ゆったりとしたリクライニングソファーは、見るからに居心地が良さそうですね。そこから見るテレビは、リクライニングに合わせて、少し上の方へつけられています。自分がくつろげる背もたれの位置と、そこから見えやすいテレビの位置を、取り付けるときには意識しましょう。

可動式のテレビはソファーの位置を選ばない

こちらのユーザーさんがお使いのテレビは、左右に動かすことができ、さらに画面の角度も上下に変えられるアームに取り付けてあるとのこと。これであれば、見やすい位置にテレビを動かすことができるので、ソファーを置く位置も選びませんね。壁掛け金具には、他にもさまざまなタイプがあり、希望にに合ったものが選べますよ

可動式なので画面の向きをリビング、庭側と変えることが出来てとても重宝しております。
mirei

サラウンドスピーカーの置き場所に合わせる

サラウンドスピーカーをリビングに設置しているユーザーさん。ベストなサウンドシステムを作るには、そのスピーカーと座る位置の角度も重要です。テレビを見るだけでなく、その音を楽しむことにも重点を置いたソファーの配置は、部屋に対して斜めに置かれていることもあり、こなれ感が出ていてかっこいいです。

ほんとカッコいい部屋ですね 男性の一人暮らしとは思えない綺麗さ❤ 配置とかも上手で もう奥サン要らないですね(笑)
ai.xoxo-j2AKI

テレビとソファーの位置は、部屋の構造などによって制限されることもありますが、その中でもできるだけ自分が見やすいような配置を考えてみましょう。また、テレビとソファーの距離や高さも、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「テレビ ソファー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

記事内の写真で使われているアイテム

【ポイント最大38倍&最大10%OFFクーポン】テレビ壁掛け金具 壁掛けテレビ 46-65インチ対応 自由アーム式 TVセッターフリースタイル WL126L(テレビ 壁掛け 金具 TV金具 液晶テレビ TV壁掛け モニター ブラケット)

壁掛けショップ ショールームアイコン

【ポイント最大38倍&最大10%...

¥9,800

RoomClipの関連リンク